tanto tempo 4匹の猫との暮らし

Category : 猫との日常

8歳になりました


8年前のあの日、思いがけず我が家にやって来た
手乗りサイズの小さな小さなニャンコは
この土曜日に無事、8歳になりました。


2008年7月30日
IMG_3354_convert_20160717005720.jpg


ネットの調子が悪くて、1日遅れちゃったけれど
ペルラちゃん、お誕生日おめでとう〜♪♪♪

ドキドキしながら子育てしていた思い出も今では宝物。
頼りないほど小さかったペルを、
まるで昨日のことのように良く覚えています。


2008年8月2日
IMG_3382_convert_20160717005817.jpgIMG_3384_convert_20160717005656.jpg
IMG_3388_convert_20160717005624.jpg


身体を起こすのもひと苦労。
歩き始めたばかりのおちびちゃんは
ミルクも催促しないし、ウンチは刺激しても刺激しても出してくれず・・・
ただでさえ母乳を飲んでいないコは弱いと言うから
無事に育てられるか、とっても不安だったけれど
これまで病気をすることもなく元気に育ってくれました♪


2016年7月16日
P7167062_convert_20160717005526.jpg


もはやシニアと呼ばれるお年頃だけど
まだまだ元気いっぱい走り回っています。
ペルちゃん、元気でいてくれてありがとう。
これからも、ずっとずーーーっと元気で長生きしてね。
ちょっと気難しいところはあるけれど
私にとっては可愛くて、美しいお姫様。
全部、まるごと大好きよ♡



実は今日も近くで里親会があり覗きに行って来たのだけれど
たくさんの可愛い仔猫ちゃんの中から
1匹を選ぶことが出来ずに帰って来ました。


ペルと同じ、真っ白の仔猫ちゃんもいて当時を思い出したり
プーコに良く似た仔猫ちゃんを見て悩んだり・・・

本当はずっとプーコやギンガにソックリなコが欲しかったのだけれど
見た目が似すぎていると、中身まで同じものを求めてしまいそうで
クミンのように、
ちょっと雰囲気が似てるくらいの方が良いのかなぁと思ったりして。
クミンの時は、会う前の写真でほぼ決めていたことを思えば
運命のコは他にいるのでしょうね。


みんなそれぞれに可愛いニャンコ。
素敵なお家が見つかりますように。

13年前の謎解き


 
まだ梅雨明け前だというのに、毎日暑いですね。
特にクミンは毛がみっしりとつまっているので
暑そうで、こうやってよく全開のヘソ天で眠っています(笑)。


P7037047_convert_20160709163747.jpg


先日、ちょっと毛をすいてあげようとブラッシングをしていた時のこと。
背中まわりを終えて、
お腹から下半身に向かってブラシを動かした途端
プーンと急にこれまで嗅いだことのない強〜い獣臭が。
その後、ふだんしないのに、私の足をペロペロと舐めるから
見てみると、何やら薄茶色い液体が付いていました。
どうやら強烈な臭いの元はこの液体。


P7037048_convert_20160709163642.jpg


調べてみると、肛門嚢からの分泌液で
猫の肛門の両脇あたりには、その昔、あの異臭を放つので有名な
スカンクと同じ臭いを溜める袋があり、
現在は退化して、その名残りが肛門嚢とのこと。
それは臭いはずですよね。

確かに肛門腺を時々絞ってあげないと
膿が溜まる猫がいるというのは、以前聞いたことがありましたが
こんなに強烈な臭いのものとは思ってもいませんでした。
これまで一度もそんなことはなかったので
ふだんはトイレの時にちゃんと出ていたのでしょう。
クミンちゃん、急な刺激にびっくりしちゃったかな。ごめんねぇ。



2005年7月8日  8歳  
KIF_1998_convert_20160709182927.jpg


そうそう、今回肛門嚢の存在を知って、思い出したことがあり
我が家のニャンズの通院記録を見ると
今から13年前の7月18日、プーコは6歳の時に
皮下嚢瘍という診断で手術をしています。

ある日プーコが座りにくそうにお尻のあたりを気にしていたので
慌てて病院に行くと、
「今のところは何とも言えないから様子をみましょう」とのことでした。
それが数日のうちに見て分かるほどお尻が腫れて来たので
もう一度連れて行くと、膿が溜まっているとのことですぐに手術。
しかも大量だったので、
皮膚を数センチも切らなければならない手術になりました。
あの時、なぜ突然傷も何もないお尻に膿が?と疑問に思っていたのだけれど
たぶん、肛門嚢の炎症だったのでしょう。
知っていれば、大事にならずに済んだのにね・・・。
プーちゃん、ごめんね、痛い思いさせちゃったね。


忘れそうになっていた遠い昔の、
13年前の謎がクミンのおかげでやっと解けました。
強烈な臭いだったけれど、クミン、教えてくれてありがとう。




愛しの君



「ミヤウ ミヤウ ミヤウ ミヤウ ミヤウ ミヤウ・・・」
数日前、家に帰る途中で耳にした仔猫の鳴き声。
近寄って声のする生け垣のあたりを探したものの真っ暗で何も見えず
一旦家に帰って懐中電灯とキャリーバッグにタオルを入れ
仔猫の鳴き声のした場所に戻りましたが
すでになんの声も聞こえず、見つけることは出来ませんでした。
翌朝もう一度探しに出かけたけれど、痕跡もなかったので
多分母猫が戻って来てどこか安全なところに連れ帰ったのでしょう。
少しホッとした反面、野良猫の環境を思えば
親と引き裂くことになったとしても
見つけてあげたかったなぁ・・・。


1998年6月28日
IMG_7620_convert_20160610123726.jpg


仔猫の鳴き声は
遠い昔・・・ギンガの仔猫時代の頃の声と良く似ていて
まだほんの仔猫のようだったから
あれこれと幼きの日の彼をまた思い出しておりました。


1999年7月7日 1歳
g990910_convert_20160610124553.jpg


キッチン、トイレにお風呂まで
どこに行くにも必ずついて来た甘えん坊のギンちゃん。
いつも「ワンワ〜ン、ワンワ〜ン」と
うるさいくらいおしゃべりしているか
「グルグルグルグル・・・」とご機嫌で喉を鳴らしているか。
いつもどこにいるか、すぐにわかる存在感のある猫でした。


2010年12月24日
PC241961_convert_20160511180101.jpg


どのコとも仲良くて、いつもみんなの中心。
優しいギンガの周りには競うようにペルやモナが集まって
幸せな時間を記録するたくさんの写真が残っています。
ほらね、モナちゃんもなんとも嬉しそうな表情。




P4107004_convert_20160511171514.jpg


先日の4月10日の命日には、4軒の花屋を回って
ダリア、ラナンキュラス、クリスマスローズ、
トルコキキョウにユーカリ・・・
なんとか自分のイメージに近いお花をお供えすることが出来ました。


P4107002_convert_20160410204018.jpg


ギンちゃん、お誕生日おめでとう。
今日もお花を買って帰るね。

もし生きていたら18歳。
今日は君のいない6回目の誕生日だよ。
母ちゃんは以前よりまたちょっぴり泣き虫になったけれど
ギンガの母ちゃんになれて良かったなぁと、
君の存在につくづく感謝しています。


P4107007_convert_20160511171536.jpg 


そうそう、写真に撮るだけ撮って
すっかりここでお礼を言うのを忘れていたけれど
いつも仲良くして頂いているながいしっぽのふ〜ままさんより
ギンガの命日に合わせて、美味しいみかんや可愛い猫タオルの詰まった
小包も頂いておりました。

一度も会ったことがない猫の命日まで
ずっと覚えて下さって本当にありがとうございます。
ふ〜ままさんをはじめ、たくさんの素敵な方々との出会いのきっかけを
与えてくれたのも愛するギンちゃんでした。

いつも見守ってくれているお空の君に
「いつもありがとう。
これからも、ずっとず〜〜〜っと大好きだよ」

お揃い



IMG_3769_convert_20160511181359.jpg


気持ちよさげに眠るクミンちゃん。


IMG_8167_convert_20160511181501.jpg



肉球の色合いがギンガとお揃い♡



IMG_8172_convert_20160511181444.jpg 


それだけでちょっと嬉しい♪




先月の熊本地震で兄の一家が被災しました。
幸い怪我もなく、みんな無事でしたが
ヒビが入った家で寝るのが怖くて、しばらくは車で寝ていたそうです。
いつ、何が起こるか分からない・・・
どこにいても不安はあるのだから
愛するモノのそばにいるのが一番安心で幸せなこと。
被災された方々が少しでも早く
日常を取り戻すことを祈りつつ
愛するモノ達と過ごせる奇跡のような素晴らしい時間に感謝します。



ペルの番

 

気難しくて、他のニャンコとも
なかなか上手くやれなかったりするペルちゃんだけど
本当はとっても甘えん坊さん。


IMG_3322_convert_20160403215139.jpg


プーコが生きていた頃は
私にべったりくっ付いていた
くっつき虫のプーコに遠慮していたのでしょう
ひとりで寝ていたけれど
最近は以前のプーコのようにペルちゃんが枕元。


IMG_3495_convert_20160403214317.jpg


今朝は先に起きて隣りで毛繕いしているペルに顔を寄せたら
ペロリペロリと頬を舐めてくれました。
これまで他のニャンコに毛繕いしたことあったかなぁ?
毛繕いは信頼の証。
ペルちゃん、もっともっと仲良くなろうね。


IMG_3680_convert_20160403220438.jpg


リビングでも膝や胸の上に座ってくれることが多くなり
これまではささやかすぎて、ほとんど聞こえなかった喉を鳴らす音も
グルグルとハッキリ聞こえる大きさで
鳴らしてくれるようになりました。


IMG_3474_convert_20160403215107.jpg


クミンを受け入れられないのは
最後までプーコに受け入れてもらえなかったから?
これまであまり甘えられなかったのは
きっとプーコの目を気にしてもいたのでしょう。

でもこれからはペルの番
誰にも遠慮はいらないからね。
これまでの分までたくさんたくさん甘えてね。
だから、ちょっとだけクミンちゃんにも優しくしてあげようね。



ニャンズ

P7093328_convert_20101106185233.jpg

Puko プーコ ♀
1996年9月10日生まれ(推定)
生後2ヶ月頃、傷だらけで知人宅の庭先に現れたため保護され、
その日のうちに何故か我が家に。
人見知りだったが、今では
抱っこ大好きの甘えん坊さん。


P8314735_convert_20101106185035.jpg

Ginga ギンガ ♂
1998年6月10日生まれ(推定)
2011年4月10日
(12歳10ヵ月)空に還る。
初めてミルクから育て
私の腕の中で旅立った
我が家の初代王子。


IMG_9603_convert_20101107003551.jpg

Perla ペルラ ♀
2008年7月16日生まれ(推定)
生後2週間程度で、
人も入れないビルの隙間で
鳴いている所を近所の方が発見。 たまたまそこに通りかかり、
一緒にレスキュー隊を呼んだ事が縁で我が家の一員に。
まだまだ遊び盛りの、
マイペースなお嬢猫。


PB109091_convert_20101113232634.jpg

Monaca モナカ ♀
2010年8月20日生まれ(推定)
生後2ヶ月くらいで
近所の駐車場にて発見し保護。
3ニャンと
仲良くなれそうなので、
そのまま我が家のコに。
野良ちゃんだったせいで、
未だに怖がりさん。
早く馴れてくれないかなぁ~。

Cumin クミン ♂
2013年3月26日生まれ
麻布十番の譲度会で出逢う。
埼玉のWell Cat Home
タンタンよりやって来た
ギンガ以来の我が家の王子。
ただいまスクスク成長中♪

プロフィール

cona

Author:cona
necomamma改めました。
よろしくおねがいします。

最新記事

Flashカレンダー

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Top