tanto tempo 4匹の猫との暮らし

 日々の猫、ときどき旅とご飯の記録。

プーコとギンガの間には

昨日、4月3日は私のもう一匹の猫、ハチのお誕生日でした。
と言うことで、ハチのお話を。

プーコと暮らし始めて半年が過ぎた頃、今から13年近く前のことです。
当時住んでいた杉並のアパートのそばによく行くペットショップがありました。
ある日いつものように買い物に行くと、入り口に里親募集の貼り紙が。
近所の家で生まれたと言う写真の仔猫は可愛くて、
遊び盛りのプーコのいい遊び相手になるかも、と早速電話をし会いに行く約束を。

hachi01_convert_20100404010733.jpg
97年4月28日の家族写真。仔猫がみんなカメラ目線で可愛い~。
一番右の仔猫がハッちゃん♡

約束の日に会いに行くと柄違いの仔猫はすでにもらわれていて、
白ベースの3匹が私を迎えてくれました。その時は女の子が欲しくて訊いたところ、
ハチは女の子と言われ、迷わず一番好みだったハチを頂いて家に帰りました。

出会った頃のハチとプーコ。
puko09_convert_20100404023831.jpg
puko10_convert_20100404023903.jpg
puko11_convert_20100404023926.jpg
逆光で表情は良く分かりませんが、偶然撮れた不思議な一枚。

家に着いてよく見ると、プーコには付いていないものが
ハチは男の子だったんですね~~。どうしたものかと、思っている私をよそに、
あっという間に打ち解け遊び始めた二匹を見て、プーコが気に入ったなら、
男の子でもいいかなぁとウチのコとして正式にき取る決心をしました。

hachi06_convert_20100404010642.jpg
ハチがウチに来たのは7月か8月頭。生まれて4ヶ月くらいのかわいい盛りでした。
Sさん宅にいついた野良猫がそのまま出産したとのこと。
野良猫のコとは言え、一度も外に出た事がなく、かなりの人見知りでしたが、
すでに家猫として躾が出来ている手間のかからないニャンコでした。

ハチは勘のするどい猫で、私がSさん宅でハチを選ぶのを知っていたかのように、
もらわれる前日、Sさん夫妻にとっても甘えたそうです。

当時住んでいたアパートはプーコと暮らすために探した家だったのですが、
実はペット不可。13年前は今ほどペット可の住宅はなく、条件を言う前に、
ペットがいると言っただけて、門前払いのアパート探しでした。
そのうち一軒の不動産屋でペット可ではないけれど、大家さんは長野の方で来ないし、
上下4戸しかないアパートの下が空いていて、隣の家とも
お風呂とトイレしか接してないから、ここなら大丈夫と紹介されました。
不安はあったものの、やっと見つけた物件だったので現地を見て納得すると、
引っ越しを決め、プーコとトラブルもなく静かに暮らしていました。

が・・・遊び盛りのハチを迎えてしまった事で、走り回ったりする音が
大きくなったのでしょう、上の方からのクレームが。
夜中に窓を開けるなとか、ドアを開け閉めする音がうるさい・・・など色々。
友人が来た翌日などは、管理会社を通して必ずクレームが入りました。
直接猫に対するクレームでも無かったし、攻められるほどの騒音は出していないという
思いもありましたが、ルールを破っているのは確か。
今度こそペット可の物件を探そうと引っ越しを決意し、折よく上京して来た姉に、
二匹いると走り回るから、どっちか一匹をしばらく預かって欲しいとお願いを。
姉は最初プーコを気に入ってましたが、
プーコはちょうど膀胱炎で治療中だったこともあり、ハチが実家に行く事に。

知らない人の前には絶対に出て来ようとしなかったハチが、
その時は初めて会う、姉の足元にすり寄って挨拶を。
カゴに入れられる時も大人しくて、自分の運命を知っていたかのようでした。
絶対にすぐ新しい家を見つけて迎えに行くね!と姉にハチを託しました。

新しいマンションを決め、ハチを迎えに行く事が出来たのはその2ヶ月後。
けれど、実家でみんなに愛され、ハチはのびのびと暮らしていました。
連れて帰って、東京の小さいマンションに押し込めるのは、
自分のエゴのような気もしたり・・・でも一緒に暮らしたい、
でも実家ならいつでも会える、と振り子のような思いの中、
最終日、いよいよ決断の日。姉がもともとあなたの猫だから、
連れて帰りなさいと、背中を押してくれハチをカゴの中に。
飛行機の時間もあるし、出発しようとしたその時、たまたま遊びに来ていた
当時まだ小学生のいとこが、ハチはここのコ!って、カゴのフタを。
あっと言う間に天井裏に駆け上ったハチを見て、あきらめるしかありませんでした。
ハチが選んだのですから。

結局ハチと一緒に暮らしたのはわずか3ヶ月程。
でも、思いは今も変わりません。離れていても我が子は我が子。
里子に出したのではなく、婿に出したと思っています。

IMG_7064_convert_20100404010412.jpg
去年の末に実家に帰った時にあったハチ。
やっぱり、メスっぽい?? 
私の事を覚えているような、いないような・・・
逃げるわけではないけれど、不審な表情。寂しいのぅ。
いや、元気ならそれでいいんです

IMG_7061_convert_20100404010349.jpg
はっちゃん誕生日、おめでとう~~~♪♪♪
これからも、元気で長生きしてね。
スポンサーサイト

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://tantotempo.blog11.fc2.com/tb.php/95-32129801

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

ニャンズ

P7093328_convert_20101106185233.jpg

Puko プーコ ♀
1996年9月10日生まれ(推定)
生後2ヶ月頃、傷だらけで知人宅の庭先に現れたため保護され、
その日のうちに何故か我が家に。
人見知りだったが、今では
抱っこ大好きの甘えん坊さん。


P8314735_convert_20101106185035.jpg

Ginga ギンガ ♂
1998年6月10日生まれ(推定)
2011年4月10日
(12歳10ヵ月)空に還る。
初めてミルクから育て
私の腕の中で旅立った
我が家の初代王子。


IMG_9603_convert_20101107003551.jpg

Perla ペルラ ♀
2008年7月16日生まれ(推定)
生後2週間程度で、
人も入れないビルの隙間で
鳴いている所を近所の方が発見。 たまたまそこに通りかかり、
一緒にレスキュー隊を呼んだ事が縁で我が家の一員に。
まだまだ遊び盛りの、
マイペースなお嬢猫。


PB109091_convert_20101113232634.jpg

Monaca モナカ ♀
2010年8月20日生まれ(推定)
生後2ヶ月くらいで
近所の駐車場にて発見し保護。
3ニャンと
仲良くなれそうなので、
そのまま我が家のコに。
野良ちゃんだったせいで、
未だに怖がりさん。
早く馴れてくれないかなぁ~。

Cumin クミン ♂
2013年3月26日生まれ
麻布十番の譲度会で出逢う。
埼玉のWell Cat Home
タンタンよりやって来た
ギンガ以来の我が家の王子。
ただいまスクスク成長中♪

プロフィール

cona

Author:cona
necomamma改めました。
よろしくおねがいします。

最新記事

Flashカレンダー

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Top