tanto tempo 4匹の猫との暮らし

 日々の猫、ときどき旅とご飯の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイスーイタリア旅行13 島めぐり

2009年2月22日 8日目(ヴェネツィア)

チーズ三昧の日々も終わりと言うことで、最終日のこの日も
ホテルの朝ご飯はパスして、前日の夜スーパーマーケットで買った
クレッシェンツァ(Crescenza)と言うチーズで朝ご飯。(€1.04=約120円)
ヨーグルトのような酸味のある、フレッシュなクリームチーズ。
IMG_5152_convert_20100311013008.jpg
ずっとストラッキーノ(Stracchino)だと思っていたのですが、
よく見るとパッケージの名前が違う・・・調べてみるとやはり同じ物でした。
ストラッキーノはとても古くからある、
ロンバルディア州産のチーズのグループの総称で、
クレッシェンツァはその中のフレッシュなタイプをこう呼ぶようです。
ただ、メーカーによっては、あえてクレッシェンツァとは呼ばず、
総称のストラッキーノと呼んでいるところもあり、
ストラッキーノ=フレッシュチーズだと思っていました。
ちなみに、ストラッキーノの仲間にはウォッシュのタレッジョ、
青カビのゴルゴンゾーラなどイタリアの有名チーズが。美味しいはずです♡
日本ではまだ入手困難なので、イタリアに来る度楽しみにしているチーズ

朝食後、ヴァポレットの一日券(€18=約2160円)を購入。
ヴァポレットは来るたびにどんどん値段が上がっていて、
ずいぶんと高くなってしまったので、ヴェネツィア本島を移動するには、
あまり利用しなくなりましたが、島に行くには必要なので
一日は島めぐりの日と決めて、ヴァポレットでの移動を楽しみました。
チケットは利用する時間によって値段が細かく分かれるので、
参考までに今の値段を。

  60分 ー€ 6,5
  12時間ー€16
  24時間ー€18
  36時間ー€23
  48時間ー€28
  72時間ー€33
    7日間ー€50

IMG_5157_convert_20100313012701.jpg
まずはホテルの近くのザッテレの乗り場から、番のヴァポレットに乗り、
ジュデッカ運河を渡ってサンジョルジョ・マッジョーレ島に。

KIF_2143_convert_20100311004156.jpg
こちらは2005年9月に社長のAさんと一緒に行った時に撮った、
サンジョルジョ・マッジョーレ島。島にはヨットハーバーがあり、ヨットがずらり。
マストのないゴンドラやボートの並ぶ本島とはひと味違う雰囲気。
そう言えば、先日会ったのフランコもここにヨットを停泊させているとのこと。
ヴェネツィアに行ったら乗せてくれる約束、覚えててくれるかしら・・・

IMG_5164_convert_20100309010312.jpg
サンジョルジョ・マッジョーレ教会は10世紀よりあった
ヴェネディクト会修道院を、16世紀の半ばにパドヴァ生まれの建築家
アンドレア・パッラーディオが大食堂、教会、回廊の一部を設計、改築したもの。
教会の中は古代ローマの公衆浴場からヒントを得たと言う大窓から
ふりそそいだ日差しが白い壁に反射し、明るく解放感に満ちています。
鐘楼に上ると正面にあるサンマルコ広場や、ジュデッカ運河やラグーナなどが
一望できおススメの展望スポットですが、この日は時間になっても
エレベーターの前の入り口にいるはずの係員は来ず、閉まったままでした。
イタリア人のご夫人にペルケ?(どうして?)と聞かれましたが、
それはこちらが聞きたいセリフ。ま、私は何回か上ってるからいいんですけど・・・。
ちなみにジュデッカ島にあるレデンドーレ教会もパッラーディオの建築。

IMG_5162_convert_20100309010147.jpg
ヴァポレットから見えたサンマルコ広場はびっしりと人で埋まっていました。

IMG_5198_convert_20100310010227.jpg
ザッテレで41番に乗り換えてガラス工芸の島、ムラーノ島まで約20分。

IMG_5178_convert_20100311004349.jpg
オブジェやグラスなどの高価な製品以外にも、ガラスペン、アクセサリーなど、
比較的安価なガラス製品のお店もたくさんあり、気軽に覗けて楽しめました。

IMG_5197_convert_20100309010436.jpg
お昼ご飯はフルッティディマーレ(海の幸のフライ、ナスやカボチャなどの野菜入り)を
運河沿いのトラットリアで食べた記憶はあるのですが、何故かここだけレシートが
ないので、店も値段もわからず。結構美味しかっただけに残念

IMG_5193_convert_20100309010607.jpg
見つけるとどうしてもカメラを向けてしまう・・・お店のワンコもパチリ。

IMG_5219_convert_20100309010818.jpg
ムラーノ島から更にヴァポレットで40分ほど。久しぶりに来たブラーノ島は、
観光客も増えヴァポレットの乗り場も新しくなっていました。
レース編みと漁業の島であるこの島の特徴は、なんと言ってもこのカラフルな家の色。
霧の深い冬の時期でも、漁から帰ってきた町人が自分の家を見分けやすいように、
華やかな色で塗り分けられています。
景色を見て歩いているだけでも十分テンションの上がるテーマパークのような町並み♪

IMG_5227_convert_20100310005709.jpg
以前はお土産もの屋と言えば、この島の有名なヴェネツィアンレースの
お店ばかりだったのですが、マスケラや、ムラーノのガラス製品を一緒に扱う
多様でおしゃれなお店が増えていました。
IMG_5223_convert_20100310005501.jpgIMG_5225_convert_20100310005541.jpg
ムラーノガラスと、フェルトのボールで作ったアクセサリーなど、
店の中も町の色に負けず、カラフル♡ 可愛い小物がたくさんありました。

IMG_5230_convert_20100310003105.jpg
リストランテもこんなにおしゃれだったかしら? 今度入ってみたい店発見♪

IMG_5234_convert_20100309010720.jpg
日も暮れてきたところで、ヴァポレットに乗ってヴェネツィア本島へ。

IMG_5244_convert_20100313005108.jpg
すっかり日も沈み、青く染まるヴェネツィア。キレイだなぁ~
スポンサーサイト

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://tantotempo.blog11.fc2.com/tb.php/75-460f310d

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

ニャンズ

P7093328_convert_20101106185233.jpg

Puko プーコ ♀
1996年9月10日生まれ(推定)
生後2ヶ月頃、傷だらけで知人宅の庭先に現れたため保護され、
その日のうちに何故か我が家に。
人見知りだったが、今では
抱っこ大好きの甘えん坊さん。


P8314735_convert_20101106185035.jpg

Ginga ギンガ ♂
1998年6月10日生まれ(推定)
2011年4月10日
(12歳10ヵ月)空に還る。
初めてミルクから育て
私の腕の中で旅立った
我が家の初代王子。


IMG_9603_convert_20101107003551.jpg

Perla ペルラ ♀
2008年7月16日生まれ(推定)
生後2週間程度で、
人も入れないビルの隙間で
鳴いている所を近所の方が発見。 たまたまそこに通りかかり、
一緒にレスキュー隊を呼んだ事が縁で我が家の一員に。
まだまだ遊び盛りの、
マイペースなお嬢猫。


PB109091_convert_20101113232634.jpg

Monaca モナカ ♀
2010年8月20日生まれ(推定)
生後2ヶ月くらいで
近所の駐車場にて発見し保護。
3ニャンと
仲良くなれそうなので、
そのまま我が家のコに。
野良ちゃんだったせいで、
未だに怖がりさん。
早く馴れてくれないかなぁ~。

Cumin クミン ♂
2013年3月26日生まれ
麻布十番の譲度会で出逢う。
埼玉のWell Cat Home
タンタンよりやって来た
ギンガ以来の我が家の王子。
ただいまスクスク成長中♪

プロフィール

cona

Author:cona
necomamma改めました。
よろしくおねがいします。

最新記事

Flashカレンダー

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。