tanto tempo 4匹の猫との暮らし

 日々の猫、ときどき旅とご飯の記録。

3回忌


P9246429_convert_20170925012402.jpg



2年前の今頃は、プーコは既に深く苦しそうな呼吸で
一時も目を離すことが出来ず
眠ってしまったら、もうプーコに会えないんじゃないかと
切なくてたまらなかった夜でした。



P9258448_convert_20170925002613.jpg



そして朝を迎え、隣で静かに眠るプーコに安心したのもつかの間
午前11時10分、私の元を旅立ってしまいました。



P9258449_convert_20170925002659.jpg



プーちゃん、久しぶりにお花買って来たよ。
プーコの好きだった鰹節もあるから
ちらりとでも良いから戻っておいでね。







21年前、出会った頃のプーコは傷だらけで痩せっぽちで
目やにと鼻水まみれだったから
元気になるまでの間のつもりで、何の覚悟もなく預かった猫で
まさかその後19年も一緒に暮らし
人生のパートナーと呼ぶほど大切な存在になるとは夢にも思ってませんでした。



IMG_7716_convert_20170925002811.jpg



プーちゃん、家に来てくれてありがとうね。

私の猫バカの始まりは、間違いなくプーコだから
プーコがいたから
ギンガ、ペルラ、モナカ、クミンに繋がったんだよ。



KIF_0705_convert_20170925011113.jpg



ギンガとは年が近かったのもあって
本当の姉弟みたいに仲良しだったね。
毎日毎日、本当に楽しかったね。



IMG_2211_convert_20170925002847.jpg



プーコがいるのが当たり前だった日々。



P5292073_convert_20170925003924.jpg



膝の上にはいつもプーコがいたね。



IMG_4132_convert_20170925011033.jpg



年の離れたペルとの相性はイマイチだったけれど



P2112709_convert_20170925011208.jpg


そんなペルと遊んでプーコとの距離を離すのに
一役買ったモナにはめっぽう甘くて、親子みたいに仲良くなったね。
特にギンガの居なくなった後は寂しさをふたりで埋めてるみたいに
いつもぴったりくっついてたね。



P6183547_convert_20170925022018.jpg 



クミンを迎える時には、ハンストして抗議したけど
結局いつものように受け入れて許してくれたね。



P6293094_convert_20170925003956.jpg 



プーちゃんの凛々しい顔が大好きだよ。
「ウェェェェ〜」って不思議な鳴き声もいつも耳に残っているよ。
気が強くてわがままだけど
本当はおおらかで優しくて
そしてとびきりの甘えん坊の可愛い可愛いプーちゃん。



P7093328_convert_20170925004031.jpg



まだまだ哀しくて涙が止まらない日もあるけれど
プーコと暮らせた日々の思い出は全てが宝物。


いつか私がおばあちゃんになる頃には
毎日色々なことを忘れてしまうのだろうけれど
一番最後まで残るのは
きっとプーコ達と過ごした日々に繰り返されていた
ささやかな日常の出来事だと思う。


プーちゃん、ありがとうね。
ずっとず〜〜〜っと大好きだよ。

スポンサーサイト

Comment

2017.09.25 Mon 20:54  

二年前…
プーコちゃんの最期の様子が思い出されます。
最期まで好きな物を食べられたら良いな、
そう思えたのもプーコちゃんが食べていた姿を思うから、
最期までconaさんもプーコちゃんも頑張りましたもの…
最期の日の記憶は辛いけれど
出会えて暮らした記憶には感謝しかないですよね。

プーコちゃんの最期をなぞるように
わが家の萩乃も夏の終わりに逝きました。
19歳で腎不全、数値はひどかったけれど、
最期まで食べていられました。
後悔は無いんだけど居ない事が寂しい…

忘れられない日、
忘れられない季節、
忘れられない記憶。

2017.09.30 Sat 20:50  遅くなってごめんなさい

お別れまでの日々が・・・
conaさんの 寂しさ悲しさ よくわかります
プーちゃん、ありがとうね。
おばちゃんも
ずっとず〜〜〜っとだ~~い好きだよ。

虹の橋でも きっと みんなのお世話してくれてますね。
よろしくね

2017.10.02 Mon 12:50  ありがとうございます

風人さん

いつもありがとう。
プーコを見送った日の記憶はまだ鮮やかすぎて
未だに泣いてしまうのだけれど
確かにもう充分ってプーコが気の済むまで
食べたいものを与えることが出来たし
2年間一緒に病気と闘って
やれることはお互い全部やって
プーコは全ての力を出し切って逝ったから
ギンガの時と違って後悔は殆どない。
ただ、風人さんと同じように
居ないことが淋しくて
ただただ、あの温もりが恋しいねぇ。

萩乃ちゃんは本当に
プーコと同じように逝ったね
プーコと同じように最初のコで
きっと私達に残した思い出も
痛みも近いものなのでしょうね・・・。


ふ〜ままさん

いつもありがとう。
本当に、この小さな命は
なんて愛おしい存在なんでしょうね。
人間の一番可愛い子供時代のような無邪気さのままで、
永遠の2歳児のような猫は、常にそばにくっついて
時にわがままに私達を振り回しながら
天使のような寝顔で癒してくれる・・・。
可愛いプーコはもうここには居ないけれど
心の中で走り回ったり
気持ちよさそうに丸くなって眠ったり
今までと同じように色々な姿を見せてくれます。
いつかまた会えると信じて
あんまりメソメソしないようにしましょうね。







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://tantotempo.blog11.fc2.com/tb.php/686-3b0b9543

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

ニャンズ

P7093328_convert_20101106185233.jpg

Puko プーコ ♀
1996年9月10日生まれ(推定)
生後2ヶ月頃、傷だらけで知人宅の庭先に現れたため保護され、
その日のうちに何故か我が家に。
人見知りだったが、今では
抱っこ大好きの甘えん坊さん。


P8314735_convert_20101106185035.jpg

Ginga ギンガ ♂
1998年6月10日生まれ(推定)
2011年4月10日
(12歳10ヵ月)空に還る。
初めてミルクから育て
私の腕の中で旅立った
我が家の初代王子。


IMG_9603_convert_20101107003551.jpg

Perla ペルラ ♀
2008年7月16日生まれ(推定)
生後2週間程度で、
人も入れないビルの隙間で
鳴いている所を近所の方が発見。 たまたまそこに通りかかり、
一緒にレスキュー隊を呼んだ事が縁で我が家の一員に。
まだまだ遊び盛りの、
マイペースなお嬢猫。


PB109091_convert_20101113232634.jpg

Monaca モナカ ♀
2010年8月20日生まれ(推定)
生後2ヶ月くらいで
近所の駐車場にて発見し保護。
3ニャンと
仲良くなれそうなので、
そのまま我が家のコに。
野良ちゃんだったせいで、
未だに怖がりさん。
早く馴れてくれないかなぁ~。

Cumin クミン ♂
2013年3月26日生まれ
麻布十番の譲度会で出逢う。
埼玉のWell Cat Home
タンタンよりやって来た
ギンガ以来の我が家の王子。
ただいまスクスク成長中♪

プロフィール

cona

Author:cona
necomamma改めました。
よろしくおねがいします。

最新記事

Flashカレンダー

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Top