tanto tempo 4匹の猫との暮らし

 日々の猫、ときどき旅とご飯の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

淋しい秋


温かい日が続いてますが、今日は早くも立冬。
朝晩はずいぶんと肌寒くなって来ましたね。
このところ暗い話題ばかりで申し訳ありませんが
大切な人の不幸があったので
彼女との思い出を少し書き残しておこうと思います。


10月29日の朝、妙に響いたメールの受信音。
胸騒ぎがして開くとそれは
ALSと闘っていた友人の旦那さんから
彼女が旅立ったことを知らせる短いメールでした。


P5193089_convert_20151108125543.jpg


5月の連休に会った時、
彼女が手を握ってくれと言うので手をそっと重ねたら
重いと言われ、慌てて彼女の手の下に差し入れると
「人差し指だけ、まだ動くよ」と。
見るだけでは分からなかったけれど、触れると確かに
左手の人差し指がわずかに持ち上がるのを感じられました。

その時、彼女はすでに筋力のほとんどを失っていて
動かせるのはまぶただけと聞いていました。
会話は全てアクリル板に書いた文字を、旦那さんに指でなぞってもらい
まばたきの合図で言葉にしていました。
その彼女が、渾身の力を振り絞って動かしてくれた人差し指を
私はこの先、忘れることはないでしょう。


2011324
P3245303_convert_20151108112839.jpg


ギンガが病気になって、流動食を与えなければならなくなった時
大きな身体を支えながら飲ませられるか不安で・・・
声をかけたら、二つ返事で会いに来てくれたのが彼女、チカちゃんでした。
4年半前、2011年の2月のことです。

その時、階段を上りながら言っていたこと。
「最近ね、脚がちょっと変な感じで歩きにくくて、よくつまづくの」
これが正しく、ALSの兆候だったのですが
当時はそんな病気の存在さえ知らず、まさかこんなに早く
別れが来るとは思ってもいませんでした。
「病院にも行ってるけど、原因が分からないから、また新しい病院に行ってみる」
確か、そんな話でした。

それから数ヶ月後、入院したとの連絡があったのでお見舞いに行くと
子宮が腫れているようなので、もしかしたらそれが神経を圧迫しているのかも?と
医者に言われたからと、子宮の摘出の手術を受けていました。
新宿の大きな病院・・・でもこの時もまだ
ALSと言う病気だとはもちろん分かっていませんでした。


1996年11月
puko06_convert_20151108114010.jpg


そう言えば・・・19年前、プーコと暮らし始めたばかりの頃
私の仕事が少し忙しくなって
結婚したばかりで仕事を持っていなかった彼女に
しばらくアルバイトに来てもらったことがあります。
当時はまだ小さなプーコと一緒に出勤していたから
チカちゃんにもたくさん遊んでもらいました。
「プーちゃん、プーちゃん」と猫じゃらしを振って
弾けるように大きな声で笑っていたチカちゃん・・・。


P5193101_convert_20151108130343.jpg 


お酒と歌うことが大好きでおしゃべりで
いつも大きな声で笑っていたチカちゃん。
一つしか年上じゃないのに、いつもお姉さん気取りで
何をやっても「可愛い、大好き」って私の頭を撫でてくれたよね。
結婚式のブーケも投げないで
つぎは私の番だよと、直接手渡してくれたっけ。

亡くなる9日前の10月20日はチカちゃんの50歳の誕生日でした。
プーコやモナの件があってしばらくお見舞いに行けてなかったから
そろそろ会いに行こうと思っていたところだったのに・・・。
間に合わなくてごめんね。
「また来るね」って言ったくせに
本当は元気な姿を見せるのも、寝たきりの彼女を見るのも
怖くて先送りにしてしまった。


発病して5年。ALSと分かって4年。
徐々に身体の自由を失う、不安と恐怖と絶望の日々は
どれほど長く、苦しい闘いだったかと思うと
彼女の魂は今、束縛された肉体から解放されたことに
ホッとしているような気がします。
痛みも、苦しみも、後悔も、全てこの世に置いて
静かに安らかに眠ってください。
そして、いつか天国で会えたら、
昔のように大きな声を出して一緒に笑おうね。


それまではチカちゃんの分まで
笑って、泣いて、時に喜び、時に怒りながら・・・
ささやかな日常が続く幸せに感謝して命を紡ぎます。
大好きなチカちゃん、ありがとう。

スポンサーサイト

Comment

2015.11.08 Sun 19:58  

大きな声で笑っていた顔を思い出してあげられることが
きっと彼女への供養だと思います。
彼女にとってもconaさんは大事な妹だったのでしょう…
おおらかで陽気だった彼女の姿を想う時、
きっと身体の束縛から離れられた彼女の魂は
自由になって会いに来ているのだと思いますよ。

本当に寂しい秋になってしまいましたね…
ご冥福を祈ります。

2015.11.08 Sun 20:16  

きっと今頃は、自由な魂で、conaさんを見守ってくれていると思います。
でも、寂しいですね。
いっぱい楽しかったこと、素敵な笑顔を思い出してください。
きっと素敵な思い出が彼女への供養になると思います。
残された私たちにできるのは、故人の一番見てほしかったであろう姿を心にとどめること、そして、その人の分まで精いっぱい生きることだと思います。
ご冥福をお祈りいたします。
  • #o/PXu/q6
  • betipa
  • URL
  • Edit

2015.11.09 Mon 00:12  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015.11.11 Wed 11:47  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015.11.11 Wed 22:35  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015.11.12 Thu 12:00  

この世界にずっといられるひとなんていないのだけど・・・
別れはいつだってつらいですよね。

conaさんの悲しみが、一日も早く癒されますように。
チカさんもきっと、それを願っておられると思います。

2015.11.16 Mon 22:33  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015.11.26 Thu 18:15  コメントありがとうございます

風人さん

いつもありがとう。
本当に淋しいけれど、
チカちゃんはこれからも変わらず
私にとって大切な友人です。
会うことはもう叶わないけれど
思い出の中のチカちゃんとはいつでも会えるから
彼女の分まで生きないとね。
ありがとうね。


betipaさん

コメントありがとうございます。
そうですね、きっと自由になって
これまで行きたかったところに飛び回ってますね。
いつも笑顔の人だったから
若い頃の元気な彼女の姿を胸に
彼女の分まで元気に頑張りたいと思います。
ありがとうございました。


鍵コメのみなさん

コメントありがとうございます。
本当に淋しいことばかりが続いて
辛い秋になりましたが
生きることは辛いばかりじゃなくて
彼女たちとの楽しい、素晴らしい思い出も
たくさんありましたからね
いつまでもメソメソしていたら、
チカちゃんやプーコに笑われちゃいますね。
強い心で、哀しみを乗り越えて
今の幸せを大切にしたいと思います。
ありがとうございました。


Bacoちゃん

ありがとう。
本当にね。
分かってはいるんだけど、淋しいですね。
でも、別れが辛いのは
それだけ楽しい、良い時期を共有していたから。
とても幸せなことですよね。
今はその、幸せだった記憶を
この哀しみを乗り越える力に変えたいと思います。
ありがとう。







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://tantotempo.blog11.fc2.com/tb.php/657-c1740820

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

ニャンズ

P7093328_convert_20101106185233.jpg

Puko プーコ ♀
1996年9月10日生まれ(推定)
生後2ヶ月頃、傷だらけで知人宅の庭先に現れたため保護され、
その日のうちに何故か我が家に。
人見知りだったが、今では
抱っこ大好きの甘えん坊さん。


P8314735_convert_20101106185035.jpg

Ginga ギンガ ♂
1998年6月10日生まれ(推定)
2011年4月10日
(12歳10ヵ月)空に還る。
初めてミルクから育て
私の腕の中で旅立った
我が家の初代王子。


IMG_9603_convert_20101107003551.jpg

Perla ペルラ ♀
2008年7月16日生まれ(推定)
生後2週間程度で、
人も入れないビルの隙間で
鳴いている所を近所の方が発見。 たまたまそこに通りかかり、
一緒にレスキュー隊を呼んだ事が縁で我が家の一員に。
まだまだ遊び盛りの、
マイペースなお嬢猫。


PB109091_convert_20101113232634.jpg

Monaca モナカ ♀
2010年8月20日生まれ(推定)
生後2ヶ月くらいで
近所の駐車場にて発見し保護。
3ニャンと
仲良くなれそうなので、
そのまま我が家のコに。
野良ちゃんだったせいで、
未だに怖がりさん。
早く馴れてくれないかなぁ~。

Cumin クミン ♂
2013年3月26日生まれ
麻布十番の譲度会で出逢う。
埼玉のWell Cat Home
タンタンよりやって来た
ギンガ以来の我が家の王子。
ただいまスクスク成長中♪

プロフィール

cona

Author:cona
necomamma改めました。
よろしくおねがいします。

最新記事

Flashカレンダー

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。