tanto tempo 4匹の猫との暮らし

 日々の猫、ときどき旅とご飯の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天国への扉


今年の桜はほとんど散ってしまったけれど
4年前の今日、4月10日はちょうど満開でした。
それまであまり気にしたことがなかったから
毎年そんなものかと思っていたら
どうやら、たまたまあの年の開花が遅かっただけのようで
あれ以来、桜はいつも10日ほど前に見頃を迎えています。


IMG_2710_convert_20150410095156.jpg


4年前のあの日、目に焼き付いた満開の桜は
本当は来日したばかりのChaさんと一緒に見るつもりでした。

でも、実際はギンガを弔うため、
斎場に向かう車の中から見た見事な桜並木と
お骨になるまでの間、その場にいるのが辛く
抜け出した斎場の隣りの丘に咲き誇っていたたくさんの桜。
長い間、桜と青空のコントラストを見上げながら
こんなに辛い時でも、美しいと感じるんだなぁ・・・と
ぼんやりした頭で思っていました。


IMG_7618_convert_20150410095531.jpg
Puko+e+Ginga_1366_convert_20150410100353.jpg
IMG_9527_convert_20150410100732.jpg
PICT0293_convert_20150410100320.jpg


あまりにも強烈な想いが染み付いて
しばらくは桜を見ることさえ辛かったけれど
ほんの一週間ほどで見頃を終え、風に花びらを散らし
何事もなかったように、アッと言う間にその姿を変える様は
儚く、夢のように美しく・・・
なんだか桜が咲いているあの期間は
天国への扉が開かれているような
そんな気がして来たのです。


IMG_2860_convert_20150410095454.jpgPICT0333_convert_20150410115500.jpgP1243594_convert_20150410095426.jpgP9255583_convert_20150410100431.jpg


風に舞う花びらは、
ギンガのいる世界まで連れて行ってくれそうで
今では、桜を見ていると気持ちが軽くなり
ギンガと暮らした
夢のように幸せだった日々を思い出します。


P8244576_convert_20150410100133.jpgP5241840_convert_20150410100204.jpgP5041109_convert_20150410120926.jpg
IMG_2967_convert_20150410100701.jpg


甘えん坊で怖がりなのに、でも人が大好きで
初めてのお客さんの膝にもよく抱っこしてもらったね。
犬みたいに「ワンワーン」って鳴いてビックリさせて・・・
いつも私の後ろにくっついて離れなかったね。

みんなに優しくて、
初めての猫にも、子供にも一度も怒らなかったね。
みんなギンガのこと大好きだったよ。

食いしん坊で、おしゃべりで
いたずら好きで、とっても賢かったギンガ。
ギンガと暮らした日々は毎日笑いで溢れていました。


IMG_2797_convert_20150410100504.jpg
PC231834_convert_20150410100819.jpgP7163541_convert_20150410100538.jpg
P9155250_convert_20150410100233.jpg


今朝は泣いたよ。
久しぶりに号泣したよ「ギンガのバカ」って叫びながら。
だって君の命日だから。

でも、心配しないでね。
明日からはまた元気に笑うから。


ギンガがくれた優し時間はいつも私を支えてくれます。
今も耳に残る独特の鳴き声はどんな時も私を笑顔にしてくれます。
ありがとう、ギンちゃん。
あなたの魂はずっと私の中で生き続けています。
大好きなギンちゃん。
いつまでも一緒だよ。



スポンサーサイト

Comment

2015.04.11 Sat 07:12  

桜の咲く頃が優しい時間に思えるようになって良かった。

花はその姿で人を慰めてくれているのかも知れませんね…

花とともにある思い出は

哀しみをも含めて

優し時間で包んでくれます。


ギンガ君との幸せな時間

偲ぶ日ですね…

2015.04.12 Sun 00:42  

ギンガくん、いつ見ても
なんて優しくて良い子なんでしょう。
どのお写真からも、ギンガくんの優しさが
溢れていますよね。

桜の時期に旅立ったギンガくん
conaさんの桜に感じる心が軽くなってきたこと
喜んでいるじゃないかしら。
きっとね、conaさんと一緒に
満開の桜やヒラヒラ舞散る花びらを
見上げてるんじゃないかなと思います。
桜の中、虹の橋を渡って降りてきてるって。

私もギンガくんに会いたかったなぁ。
ギンガくん、レオと遊んでくれてるかな?
いつかおばちゃんがレオと虹の橋で会えたら
「ぼくの友達だよ」ってギンガくんを紹介して
くれたらいいな☆

  • #-
  • ちゃめちゃめママ
  • URL
  • Edit

2015.04.13 Mon 08:19  

可愛い ギンちゃんに会いたくて 毎朝見に来るのですが
途中で 涙が止まらなくなって
コメントが書けませんでした。
conaさん 寂しいね
桜の日の悲しい知らせを思い出して・・・
あれから いろいろな事があって
クミン君を迎えて・・・
みんなで ガンバロウ 
優しいギンちゃんが お空から見てくれてるね。
でも やっぱり 泣いちゃう!お空の子達に 笑われるね。

2015.04.13 Mon 13:22  

ギンガ君、優しいネコさんなんですね
その優しさは虹の橋に行っても変わりませんネ(*^_^*)
なんだか泣けちゃう…
でも悲しいばかりの涙じゃないかも…
ギンガ君のやさしさかな♪

conaさんが「ギンガのバカ!」って叫ぶ気持ち、何となくわかります
私も時々呟いてます
ふ~ままさんのおっしゃる通り、お空の仔達に笑われないように
みんなで ガンバロウ

2015.04.20 Mon 22:20  

桜を見上げて、その先のギンちゃんを思い出して。
そんなconaさんの顔を嬉しそうに見ている銀ちゃんが
いるような、そんな気がします。

桜の花っていう天国への扉の鍵。
思い出は寂しくなる時があるから、
心を癒すものがある時に思い出して欲しいって、
ギンちゃんからのプレゼントなんでしょうか。

2015.04.29 Wed 23:59  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015.05.02 Sat 01:21  

conaさん おひさしぶりです

ちょっと前から ブログを見ていたのですが
なかなかコメントを残せなくてごめんなさいね
ギンちゃんも 4年ですね
ミルクと1カ月ちょっと違いで 旅立ったのですよね
もう4年も経ってしまいましたね
でも こうして 写真を見てると ギンちゃん まだ ちゃんといるような気がします

性格もボス的存在も ミルクとギンちゃんは、よく似ていて
ブログを読んでると 胸がいっぱいになります

優しい優しいギンちゃん
天国からconaさんと桜を見ていたでしょうね

2015.05.03 Sun 23:45  

大丈夫、どんなに泣いたって ギンちゃんは許してくれる!

だって、あのギンちゃんだもの。

本当に、conaさんとギンちゃんは
ずっと一緒なんだなあ・・・
これからも、ね!

2015.05.08 Fri 11:28  コメントありがとうございます

風人さん

いつもありがとう。
本当に花は癒しですね。
毎年同じ時期に、同じ姿を見せてくれる花は
思い出に刷り込まれ、
寄り添ってくれるんですね。
ギンガを思い出させてくれる桜は
昔以上に大切な花になりました。


ちゃめちゃめママさん

コメントありがとうございます。
そうなんです、ギンガは本当に優しい猫でした。
いつも誰よりも側にいて
私の顔を見上げてくれてたギンちゃんだから
きっと桜も見上げる私の気持ちの変化にも
気が付いてくれていると思います。
レオくんとも、きっと仲良しですよ。
まだまだ先ですが
いつか虹の橋で会えるのが楽しみですね。


ふ~ままさん

いつもありがとうございます。
本当にあれから色んなことがありました。
ギンガがいない寂しさにはだいぶ慣れたけれど
やっぱり会いたくて寂しい気持ちはいつもあります。
だからこの命日だけは
思い切り泣いてもいい日と決めています。
辛いこともいっぱいあるけれど
ギンガのくれた楽しかった日々はかけがえのない宝物。
素敵な思い出を抱きしめて
今そばにいるコ達との日々を
また宝物に変えたいと思います。


柚子さん

コメントありがとうございます。
辛いですよね、愛する存在を失うことは。
私も一時は泣いてばかりだったけれど
今はやっと落ち着いた穏やかな気持ちで
ギンガのことを思い出せるようになりました。
本当にギンガは特別な猫でした。
そんなコと出会え、一緒に暮らせただけで幸せだったから
見守ってくれているギンガに恥ずかしくないように
私も頑張ります。


ねこぺんさん

素敵なコメントありがとうございます。
そうか、そうだったんですね。
きっとそうだと思います。
桜は春になればどこにいても目にする花。
そんな桜が私を癒してくれるように
満開の日を選んで旅立ったのでしょう。
ギンガは本当に賢いコ。
最期まで一生の形見になる
素敵な贈り物を用意してくれていました。
大切なことに気付かせてくれてありがとうございます。


milk☆さん

コメントありがとうございます。
本当にそうなんですよね。
ミルクちゃんとギンガ。
旅立った時期もひと月しか違わないし
年齢も顔つきも性格まで良く似ていて
パソコンの画面でしか知らないミルクちゃんだけど
よく知っている猫のような気持ちで見ています。

きっとギンガもミルクちゃんも
残したものが大き過ぎて
部屋中にまだ何かが残っているんでしょうね。


Bacoちゃん

コメントありがとう。
そうだね、心の広いギンガはきっと受け止めてくれますね。
Bacoちゃんにも会わせたかったなぁ。
きっと玄関までお迎えして
ちゃっかりBacoちゃんの膝の上に座って
下から見上げてましたよ。
その姿が見えるようです。
それはきっと、ギンガは心の中で生きているからなんでしょうね。
ええ、ギンガはずっと一緒です。







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://tantotempo.blog11.fc2.com/tb.php/635-d8de43ba

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

ニャンズ

P7093328_convert_20101106185233.jpg

Puko プーコ ♀
1996年9月10日生まれ(推定)
生後2ヶ月頃、傷だらけで知人宅の庭先に現れたため保護され、
その日のうちに何故か我が家に。
人見知りだったが、今では
抱っこ大好きの甘えん坊さん。


P8314735_convert_20101106185035.jpg

Ginga ギンガ ♂
1998年6月10日生まれ(推定)
2011年4月10日
(12歳10ヵ月)空に還る。
初めてミルクから育て
私の腕の中で旅立った
我が家の初代王子。


IMG_9603_convert_20101107003551.jpg

Perla ペルラ ♀
2008年7月16日生まれ(推定)
生後2週間程度で、
人も入れないビルの隙間で
鳴いている所を近所の方が発見。 たまたまそこに通りかかり、
一緒にレスキュー隊を呼んだ事が縁で我が家の一員に。
まだまだ遊び盛りの、
マイペースなお嬢猫。


PB109091_convert_20101113232634.jpg

Monaca モナカ ♀
2010年8月20日生まれ(推定)
生後2ヶ月くらいで
近所の駐車場にて発見し保護。
3ニャンと
仲良くなれそうなので、
そのまま我が家のコに。
野良ちゃんだったせいで、
未だに怖がりさん。
早く馴れてくれないかなぁ~。

Cumin クミン ♂
2013年3月26日生まれ
麻布十番の譲度会で出逢う。
埼玉のWell Cat Home
タンタンよりやって来た
ギンガ以来の我が家の王子。
ただいまスクスク成長中♪

プロフィール

cona

Author:cona
necomamma改めました。
よろしくおねがいします。

最新記事

Flashカレンダー

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。