tanto tempo 4匹の猫との暮らし

 日々の猫、ときどき旅とご飯の記録。

初輸液


日曜日、自宅での初輸液が無事に終わりました。

先生に指示された通り、まず輸液のパックをレンジで温め・・・
が、家のレンジが古いせいか、おっしゃっていた10〜15秒程度では
温まらず、更に10秒、もう10秒・・・う〜ん、もうちょっと?
と、結局何秒になったかは記憶になく、次回は冷静に計ってみます(汗)


P3085383_convert_20150309133609.jpg


出だしでつまづいたのと、Cさんの出勤時間が迫っていたので慌ててしまい、
ドキドキドキドキ・・・・・
緊張しながら輸液をシリンジに3本、計180ml用意し
プーコをテーブルに乗せ、彼に保体してもらって
プーコの肩甲骨のあたりの皮を引っ張り
慎重に針の向きを確認してプツリと刺し、しばらく輸液を注入したところで
あまりの力のなさ加減に、Cさんが「僕がやるよ」と変わってくれました。ホッ。

3本目のシリンジに付け替えるところで針が抜けてしまったので
病院に電話したところ、今日は2本で止めてもいいし
もう一度同じ針で続けても構わないと言われたので、
消毒液のついたコットンで針を拭いてから、再度チャレンジ。
プーコは少し動くことはあったけれど
自宅にいる安心感からか、リラックスしていたし
彼が手伝ってくれたおかげで、以外と早く終わりました。


P1185277_convert_20150309133511.jpg 


動物病院によっては自宅での投与をさせないところもあるそうですが
出かける手間も時間も、待合室で知らない人や犬に吠えられることもないので
プーコに余計なストレスを与えなくて済むし
これなら慣れれば私一人でも出来そうだし、無事に終わってひと安心。

投与した輸液は、直後こそプワンと膨れて重たげでしたが
ほんの3時間ほどですっかり吸収されてしまいましたよ。


P3085381_convert_20150309133551.jpg


プーコの輸液セット。
使用前に写真に残しておこうと思っていたのに、慌てて忘れていました。
体に直接刺す針はその都度新しいモノを使用しますが
他のシリンジ等はひと月程度なら、交換の必要はないとのこと。
汚れないように、ジップロックにまとめました。

病院でやってもらうと、再診料に処置料金で一回あたり2,300円のところ
自宅なら370円程度で済んだのも、
長くつき合って行かないといけない病気だから
経済的で本当に助かりました。

プーコもとっても良いコで、協力的だったし
母ちゃんももっと手際よく上手になるから、これからも一緒に頑張ろうね。



スポンサーサイト

Comment

2015.03.09 Mon 23:57  お疲れ様でした。

良かった 心配していました。
うまくいって 本当に良かったですね。
プーコちゃんも これをすると気持ちよくなるって思ってくれたかな。
大変だけど 協力してもらって
頑張ってくださいね。
ところで 妹弟達は ドキドキで見てたのかなぁ!?

2015.03.10 Tue 02:01  

うまくいってよかった~!!
私は自宅ではした事は無いんですよ…
プーコちゃんも大人しくしてくれてよかったです♪
確かに通院するストレスを考えると自宅で出来た方が良いですよね☆
医療費も助かりますし…(^^ゞ

プーコちゃん、お母さんは強いねぇ(^^)
そしてプーコちゃんの1番の先生でもあるんだネ!
これから暖かくなって過ごし易くなるし、がんばろうね~☆

2015.03.10 Tue 22:26  

良かった〜

気になってました。

プーコちゃん、良い子♪

長く一緒にいる分、気持ちが伝わるんでしょうね。

自宅で出来るのが一番良いと思います。

頑張ってね。

(慣れてきても針先は気をつけてね。)





2015.03.11 Wed 23:41  

プーコちゃん 自宅で輸液なのですね
私もミルクの時に
病院がお正月休みの間 2回だけ 自宅でしましたが
慣れないので大変だった記憶が…

でも 自宅でする方が いいですよね
プーコちゃん いい子ね 頑張ってね


ソファーで みんな 一緒で 仲良しですね
いいですね 羨ましいです
今の我が家のニャンコ達は それぞれ 1匹でいる方がいいみたいなの

ミルクとハナの時は いつも 一緒にソファーにいたのに…

そして やはりミルクとハナは 
ソファーで 爪を研ぐ事はなかったのですが

今の子達は やってくれますね~(笑)
最近は だいぶん 落ち着きましたが…

2015.03.16 Mon 00:09  

ご自宅で輸液ですか。
大変だ思いますが、その方がプーコちゃんの
負担も減りますものね。

conaさん、大変だ思いますが
頑張ってくださいね。
それにしても、プーコちゃん
なんていい子なんでしょう。
偉いね☆
  • #-
  • ちゃめちゃめママ
  • URL
  • Edit

2015.03.22 Sun 18:43  ありがとうございます

ふ~ままさん

いつもありがとうございます。
輸液の時は私がかなり緊張しているので
その空気が伝わるのか
他のニャンズは静かに息を潜めてますよ。
本当、動物って賢いですね。


柚子さん

コメントありがとうございます。
そうなんですね、自宅でやってなかったんですね。
先生によっても考え方は違うようで
意見が分かれる所みたいですが
経済的に助かるのはもちろん
何よりプーコにストレスがかからないので
自宅輸液を勧めて下さった先生に感謝です。
これからもっと上手になって
逞しく、頑張りますよ(笑)


風人さん

いつもありがとう。
そうなの、プーコはビックリするくらい協力的で
とっても良いコ。
二人ともまだ不慣れで
ケンカになったりしながらだけど
プーコが大人しくジッとしてくれてるから
大助かりです。
うん、針はね初日にちょっと刺して
痛かったから気を付けてます。
ありがとう。


milk☆さん

コメントありがとうございます。
milk☆さんは経験者なんですね。
緊張しますよね。
もう4回やりましたが、
まだ針を刺す瞬間は胃が痛いです。

本当に猫はそれぞれ違いますね。
ウチもギンガがいた頃は4匹まとまることが
良くありましたが
今はペルだけ孤立してしまって・・・
ちょっと可哀想に見えるけど
本人は一人の方が良いんだろうなぁ。
その分人には甘えるので
たくさん良いコ良いコしてあげるようにしています。

我が家も爪研ぎ防止は永遠の課題ですね・・・(笑)


ちゃめちゃめママさん

コメントありがとうございます。
本当に、プーコが一番頑張ってて
とっても良いコです。
きっと病気のことも身体で感じて分かっているんじゃないかな。
輸液の翌日は足取りも軽くなってますから。
プーコに負けないように頑張らないとです(笑)







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://tantotempo.blog11.fc2.com/tb.php/632-e558dfe5

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

ニャンズ

P7093328_convert_20101106185233.jpg

Puko プーコ ♀
1996年9月10日生まれ(推定)
生後2ヶ月頃、傷だらけで知人宅の庭先に現れたため保護され、
その日のうちに何故か我が家に。
人見知りだったが、今では
抱っこ大好きの甘えん坊さん。


P8314735_convert_20101106185035.jpg

Ginga ギンガ ♂
1998年6月10日生まれ(推定)
2011年4月10日
(12歳10ヵ月)空に還る。
初めてミルクから育て
私の腕の中で旅立った
我が家の初代王子。


IMG_9603_convert_20101107003551.jpg

Perla ペルラ ♀
2008年7月16日生まれ(推定)
生後2週間程度で、
人も入れないビルの隙間で
鳴いている所を近所の方が発見。 たまたまそこに通りかかり、
一緒にレスキュー隊を呼んだ事が縁で我が家の一員に。
まだまだ遊び盛りの、
マイペースなお嬢猫。


PB109091_convert_20101113232634.jpg

Monaca モナカ ♀
2010年8月20日生まれ(推定)
生後2ヶ月くらいで
近所の駐車場にて発見し保護。
3ニャンと
仲良くなれそうなので、
そのまま我が家のコに。
野良ちゃんだったせいで、
未だに怖がりさん。
早く馴れてくれないかなぁ~。

Cumin クミン ♂
2013年3月26日生まれ
麻布十番の譲度会で出逢う。
埼玉のWell Cat Home
タンタンよりやって来た
ギンガ以来の我が家の王子。
ただいまスクスク成長中♪

プロフィール

cona

Author:cona
necomamma改めました。
よろしくおねがいします。

最新記事

Flashカレンダー

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Top