tanto tempo 4匹の猫との暮らし

 日々の猫、ときどき旅とご飯の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイスーイタリア旅行09 早足のヴェネツィア

2009年2月20日 6日目(ヴェネツィア)

IMG_4986_convert_20100220231729.jpg
いつものようにカプチーノにクロワッサン、ハム、チーズなどで朝食を済ませた後、
ホテルのエントランスが素敵だったので、少し寛いでから9時にはホテルを出発。

IMG_4994_convert_20100221214857.jpg
まずはザッテレからジュデッカ島を見ながら、街歩きスタート。
ヴェネツィアに来るとすごく元気が出るので、自然と歩くスピードも早くなるらしく、
バッグに入れた万歩計付き携帯によると、ほぼ毎日4万歩ほど歩いてました。

IMG_5011_convert_20100222002145.jpg
ヴェネツィアにもルミ姉が。(これは学生が留守の間に部屋を貸しますというチラシ)
日本のキャラクターが使われているのは、ヴェネツィア大学に日本語学科があるから。
日本に興味を持っている若者がヴェネツィアには多く集まっています。
私も一度バールで、若い女の子に声をかけられ友達になりました。
そこから友達の輪が広がったのも、ヴェネツィアに通うことになったきっかけの一つ。
彼女の誘いで授業に参加し、特別ゲスト扱いで教壇に立ったことも
学生たちはみんな勉強熱心で、日本の文化に憧れ、日本に行く事を夢見ていました。
海外に出ると日本人である事を意識させられる機会がありますが、
この街はとても好意的。
有り難いと同時に、彼らに恥ずかしくない日本人でいたいと思います。

IMG_5012_convert_20100220232006.jpg
雑誌などでも有名な老舗のバーカリ、カンティノーネ"ジャ スキアーヴィ"もこのエリア。
ここも時々利用するお店ですが、この時は朝ご飯の後だったのでパスしました。

バーカリ=ヴェネツィア独特の居酒屋の呼び名。
チケッティと呼ばれるおつまみがショーケースにならび、基本は立ち飲み。
奥にテーブル席を持つオステリアを兼ねている店もあります。

IMG_5015_convert_20100222153302.jpg
ドルソドーロ地区は観光客が少ないので、カーニバルとは無縁の静けさ。
途中お気に入りのジェラテリア(Gelateria Nico)で
この旅2回目のジェラート(€1.2=約140円)を。
大好きなピスタチオがすでに売り切れ何を食べたんだろう??

散歩のお供の水を求めて、ザッテレのスーパーマーケットビッラ(Billa)へ。
IMG_5017_convert_20100221220232.jpg
ナスとズッキーニの間にあるのは、イタリア野菜のラディッキオ
チコリの一種で、キャベツのように丸いものもありますが、
ヴェネツィアでは近くのトレヴィーゾ産のこの細長い花のような形のものが主流。
ほのかな苦みがパルミジャーノやオリーブオイルと相性が良くて美味しいんです。
ヴェネツィアで食べて以来好きな野菜ですが、日本ではまだまだ入手困難で残念

IMG_5018_convert_20100220232119.jpg
総菜コーナーには、エビ、イカ、タコ、イワシやタラなど、シーフードをよく食べる
海の街らしい品揃え。特に上段左のバッカラマンテカート(干しタラのペースト)は
生クリームか牛乳にオリーブオイルを加えて柔らかく戻された
タラの身はクリーミーで、上品な味。ヴェネツィアに行ったら是非お試しを。

IMG_5022_convert_20100223114816.jpg
アカデミア橋の上からの眺めはヴェネツィアの撮影スポットの一つ。
カナルグランデをはさんで、右に見えるサンタ マリア デッラ サルーテ教会
ドルソドーロのシンボル的な存在。

IMG_5025_convert_20100221214053.jpg
アカデミア橋を渡ったら、そこはもうサンマルコ地区。
橋からすぐのカンポ サン ステファノ(Campo S.Stefano)には大道芸人や
カーニバル用の貸衣装の出店、仮装用のメイクをする人達でお祭りらしい賑わい。
マスケラ(仮面)や衣装が無くても手軽にカーニバル気分が味わえるメイクは、
若いコに人気らしく、その後も街のあちらこちらで目にしました。

カンポ =広場のこと。イタリアの他の街ではピアッツァ(piazza)と呼びますが、
ヴェネツィアでピアッツァと呼ばれるのは、
サンマルコ広場(Piazza San Marco)だけ。

IMG_5029_convert_20100222153352.jpg
昼ご飯は何度か入った事のあるバーカロで簡単に。
メニューが変わり、お目当てのトラメッジーノ(サンドイッチ)がなかったので、
モッツァレッラのフリット、ポテトのリゾット、バッカラと水で€7.5(約900円)。
バーカロはコペルトがなく、軽いメニューがほとんどなので、
トイレが見つからない時や、足が疲れた時などにも重宝しています。

IMG_5042_convert_20100221214335.jpg
カンナレッジョ地区のストラダノーヴァ(strada nova)で。
毎回お手製の衣装を愛犬に着せて参加するというシニョーラ。

IMG_5039_convert_20100221221519.jpg
さすがに仮装した犬は見なかったので目立ってました。
新聞に取り上げられた事もあるとか。今年も新たな衣装で参加したかな。

IMG_5047_convert_20100221220105.jpg
こちらは本格派。街中をねり歩いている仮装した人たちは、
声をかけると気軽に撮影させてくれます。
と言うより撮られたいよね~、これだけ力入れてるんだから。

IMG_5050_convert_20100222190951.jpg
ストラダノーヴァからリアルトの魚市場まではカナルグランデに数カ所ある、
渡し船のトラゲット(tragetto)を利用。

IMG_5052_convert_20100221220320.jpg
トラゲットは運河を渡るのに橋まで行くと遠回りな時の、心強~い味方♡
2、3分くらいであっという間に対岸に着いてしまいますが、
ゴンドラと同じ乗り物なのに、この安さ€0.5(約60円)で乗れるのは
観光用ではなく住人の足だから。
立ち乗りが基本ですが、揺れるので空いている時は座っちゃいます。
フカフカの椅子もカンツォーネもないけれど、
住人気分が味わえるので、個人的には大好きな乗り物。おススメです
スポンサーサイト

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://tantotempo.blog11.fc2.com/tb.php/60-a4630f6a

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

ニャンズ

P7093328_convert_20101106185233.jpg

Puko プーコ ♀
1996年9月10日生まれ(推定)
生後2ヶ月頃、傷だらけで知人宅の庭先に現れたため保護され、
その日のうちに何故か我が家に。
人見知りだったが、今では
抱っこ大好きの甘えん坊さん。


P8314735_convert_20101106185035.jpg

Ginga ギンガ ♂
1998年6月10日生まれ(推定)
2011年4月10日
(12歳10ヵ月)空に還る。
初めてミルクから育て
私の腕の中で旅立った
我が家の初代王子。


IMG_9603_convert_20101107003551.jpg

Perla ペルラ ♀
2008年7月16日生まれ(推定)
生後2週間程度で、
人も入れないビルの隙間で
鳴いている所を近所の方が発見。 たまたまそこに通りかかり、
一緒にレスキュー隊を呼んだ事が縁で我が家の一員に。
まだまだ遊び盛りの、
マイペースなお嬢猫。


PB109091_convert_20101113232634.jpg

Monaca モナカ ♀
2010年8月20日生まれ(推定)
生後2ヶ月くらいで
近所の駐車場にて発見し保護。
3ニャンと
仲良くなれそうなので、
そのまま我が家のコに。
野良ちゃんだったせいで、
未だに怖がりさん。
早く馴れてくれないかなぁ~。

Cumin クミン ♂
2013年3月26日生まれ
麻布十番の譲度会で出逢う。
埼玉のWell Cat Home
タンタンよりやって来た
ギンガ以来の我が家の王子。
ただいまスクスク成長中♪

プロフィール

cona

Author:cona
necomamma改めました。
よろしくおねがいします。

最新記事

Flashカレンダー

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。