tanto tempo 4匹の猫との暮らし

 日々の猫、ときどき旅とご飯の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイスーイタリア旅行08 懐かしい顔に出会える街

2009年2月19日 5日目夜(ヴェネツィア)

パルマ発14:48の列車(€13.15=約1580円)に乗ってボローニャで乗り換え、
イタリア本土から約4kmの海に架かるリベルタ橋を通って
18:03に陸の玄関であるヴェネツィア・サンタ・ルチア駅に4年半ぶりに到着♪ 
11年前に初めて訪れた時以来、今回で9回目。
友達もいるし馴染みのお店もあり、私にとっては旅行の緊張感から解放されて、
帰って来たような気持ちになれる安心出来る街
記憶の中にある道を、確かめながらゆっくりと歩きたくて、
街の足であるヴァポレット(vaporetto)には乗らずに、ホテルを目指しました。

IMG_4964_convert_20100211000210.jpg
サンタ・ルチア駅前は観光客でいつも賑わっています。
写真中央に見えるのが、カナル・グランデ(大運河)に架かるスカルツィ橋。

カナルグランデには他に2008年秋に開通したばかりのコスティトゥツィオーネ橋、
街の中心にあり、いつも人でいっぱいのリアルト橋、
アカデミア美術館前にある木で出来たアカデミア橋があります。

IMG_4963_convert_20100211000058.jpg
駅を出るとまず目につくのが正面の緑色のドームのある
サン・シメオン・ピッコロ教会(Chiesa di San Simeon Piccolo)。

IMG_4966_convert_20100211000245.jpg
スカルツィ橋に上ると、夕暮れのバラ色がまだ西の空に残っていました。
空の色が変わるこの時間帯は、水面に映り込む街の灯りに引き立てられて、
ヴェネツィアが一層美しく見えます。

IMG_4968_convert_20100211000354.jpg
夜の長い冬の街歩きの楽しみは、観光地ヴェネツィアならではの、
街の至る所に飾り付けられているイルミネーション

IMG_4974_convert_20100214224549.jpg
今回はあまり馴染みのなかったドルソドゥーロ(Dorsoduro)地区の
ホテルだったので少し迷いましたが、一時間後無事に
アカデミア美術館の裏手にあるホテル ベッレ アルティ(Hotel belle Arti)に到着。
探していた地区ではなかったもののカーニバルのシーズン中にヴェネツィア本島で
4連泊出来るホテルを見つけられたのは、本当にラッキーでした
部屋は狭いけれど、壁もベッドもヴェネツィアンレッド、さし色にはゴールド。
ここでしかあり得ない強烈な色合いで印象に残るヴェネツィアらしい部屋。
チェックインした後は、お腹も空いたので再び夜の街に。

IMG_4978_convert_20100221011339.jpg
アカデミア橋からサンマルコ広場までは人通りの多い比較的大きな道ばかり。

IMG_4979_convert_20100211000446.jpg
迷うことなく20分足らずでサンマルコ広場のアーケードに到着。

IMG_4980_convert_20100220231150.jpg
いつ行っても人だかりのサンマルコ広場を突っ切ってリアルト橋のたもとにある
友達のレストランに向かいましたが、彼らはその夜はお休みとのこと。
近くにもう一軒有る馴染みのオステリアに向かいました。

IMG_4982_convert_20100211000531.jpg
オステリア アッラ ボッテ(osteria alla botte)は、
10年くらい前カッレ(calle=細い小径のこと)を散歩していた時に偶然見つけたお店。
店の外まで常連客で賑わっていて、イタリア語も分からなかった最初の頃は、
入れませんでしたが、翌年地元の方で埋まる前の空いている時間帯に入ってみると、
安くて、美味しく、大きなショーケースを見ながら料理が選べたので、
すっかり気に入って、以来ヴェネツィアに来る度に通っています。
この日オーダーしたのはヴェネツィアでよく飲まれているプロセッコとエビのグリル。
付け合わせには北イタリアの郷土料理のとうもろこしの粉で作ったポレンタ
ポレンタはボソボソしててあまり好きではないんですが、
ヴェネツィアでは人気があるのか、付け合わせによく出る料理。

IMG_4983_convert_20100211000602.jpg
もう一皿は、イカスミのパスタ♡ 生臭さの全くないクリーミーなソースと
柔らかなイカの身、アルデンテのパスタの食感、バランスのいい一皿。美味いっ
この店はコペルトが無いのも有り難いところ。
プロセッコと合わせても€22(約2600円)と随分安く済みました。

その後やはり近くにあるバーカロジャズ(bacaro jazz)で、
ヴェネツィアで最も良く飲まれているカクテル、スプリッツを。
スプリッツはふつうカンパリかアペロルに白ワインを入れて作りますが、
私は苦みの少ないアペロル派。他ではまずメニューにないカクテルなので、
これを飲むとヴェネツィアに来たな~とテンションが上がる一杯♪
店のオーナーであるアルフレードとおしゃべりしてたら、
写真を撮る事などすっかり忘れていました。
この店は10年前に来た時に、私と同世代くらいの日本人男性が働いていて、
店の前で声をかけられたのがきっかけで入ったお店。
彼が辞めてからはあまり入らなくなっていましたが、
アルフレードは私を覚えていてスプリッツをごちそうしてくれた上に、
今では音信不通になっていた、彼のメールアドレスも教えてくれました。

IMG_4984_convert_20100211000648.jpg
中世の街並が色濃く残るヴェネツィアですが、
この10年あまりの間にも少しづづ変化し、友達も随分街を出てしまいました。
それでも変わらずに好きな店が残っていて、懐かしい顔に出会える街。
迷路のような街では、一本道を間違えるとなかなか目的地にたどり着けませんが、
観光客になれている街の人はとても親切なので、みんな丁寧に教えてくれます。
久しぶりのヴェネツィアの空気をいっぱい吸って、ホテルに戻りました。
スポンサーサイト

Comment

2010.02.22 Mon 09:32  

あ~、ヴェネツィアきれいすぎ・・・朝からうっとりです。私も3回か4回?くらいしか行ってないけど(しかもnecomammaさんほど濃厚じゃない旅:))、胸の中の小さな記憶に浸っちゃいました。あそこは同じイタリアから遊びに行っても別の宇宙みたいにきれいなとこだったなぁ。。。特に夜。また行きたいですね~☆
  • #NkOZRVVI
  • nobcoro
  • URL
  • Edit

2010.02.23 Tue 12:00  

一緒に歩いたよね~。何度行っても飽きる事がなくて、現実離れした本当にキレイな街。私も書きながら旅を思い出してまた行きたくなっちゃった。大好きなヴェネツィアの良さが少しでも伝わったら嬉しいです。ありがとう~♡
  • #-
  • necomamma
  • URL
  • Edit







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://tantotempo.blog11.fc2.com/tb.php/55-b8077996

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

ニャンズ

P7093328_convert_20101106185233.jpg

Puko プーコ ♀
1996年9月10日生まれ(推定)
生後2ヶ月頃、傷だらけで知人宅の庭先に現れたため保護され、
その日のうちに何故か我が家に。
人見知りだったが、今では
抱っこ大好きの甘えん坊さん。


P8314735_convert_20101106185035.jpg

Ginga ギンガ ♂
1998年6月10日生まれ(推定)
2011年4月10日
(12歳10ヵ月)空に還る。
初めてミルクから育て
私の腕の中で旅立った
我が家の初代王子。


IMG_9603_convert_20101107003551.jpg

Perla ペルラ ♀
2008年7月16日生まれ(推定)
生後2週間程度で、
人も入れないビルの隙間で
鳴いている所を近所の方が発見。 たまたまそこに通りかかり、
一緒にレスキュー隊を呼んだ事が縁で我が家の一員に。
まだまだ遊び盛りの、
マイペースなお嬢猫。


PB109091_convert_20101113232634.jpg

Monaca モナカ ♀
2010年8月20日生まれ(推定)
生後2ヶ月くらいで
近所の駐車場にて発見し保護。
3ニャンと
仲良くなれそうなので、
そのまま我が家のコに。
野良ちゃんだったせいで、
未だに怖がりさん。
早く馴れてくれないかなぁ~。

Cumin クミン ♂
2013年3月26日生まれ
麻布十番の譲度会で出逢う。
埼玉のWell Cat Home
タンタンよりやって来た
ギンガ以来の我が家の王子。
ただいまスクスク成長中♪

プロフィール

cona

Author:cona
necomamma改めました。
よろしくおねがいします。

最新記事

Flashカレンダー

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。