tanto tempo 4匹の猫との暮らし

 日々の猫、ときどき旅とご飯の記録。

モロッコ旅行04 星の雨と砂の海

先日のモロッコのニャンコの記事を書きながら
書きかけの旅行紀が頭をよぎっていました。
いい加減続きを書かないとまた年を越してしまう(汗)
と言う訳で、すっかりまた間が空いてしまいましたがモロッコ旅行紀の続きです。



2010年12月28日 3日目〜4日目(メルズーガ)


PC292548_convert_20130518020157.jpg


朝早く、ワルザザードを出発して寄り道しながら8時間ほど。
待ちに待った砂漠の入り口に到着♪
4WDの車を降りると、待っていたのは砂漠の大切なパートナーの駱駝たちでした。


PC292549_convert_20130518020225.jpg 


ここから先、ガイドは駱駝引きとバトンタッチ。
砂漠で一泊するテント用に1リットルほどのペットボトルの水をガイドさんにもらうと
自分の荷物を持って駱駝の背中に。

しかし、実際に乗ってみると駱駝の乗り心地の悪いこと。
砂漠って高低差が激しく、ものすごく揺れるんです。
上りはまだ良いんだけど、下りはあまりにも前のめりになるから
思い切りしがみついていないと、でんぐり返りそうで怖いくらい。
脚も大きく開かないと股がれないから股関節の痛いことと言ったら(涙)


IMG_9985_convert_20130518025900.jpg 


その上荷物と手綱を握るのが精一杯で、駱駝の上からの素敵な眺めは
ほぼ写真に収めることが出来ず・・・残念。
そして、道無き道を進むこと1時間半。
お尻は悲鳴を上げ・・・日はすっかり暮れ・・・
心細くなった頃に駱駝が停止。
真っ暗で何も見えず、気が付かなかったけれどキャンプ場に到着したらしい。

その後案内された大きなテントの中に入ると、
そこにはカップルや家族で来ている日本人の方達の姿も。
美味しいモロッコ料理(何を食べたかは憶えてないけど)の後は
テントの外に出て、たき火を囲んで現地の方が太鼓を叩いたり
歌を歌ってくれたり・・・アッと言う間に夜が更けて行きました。


深夜、宿泊用のテントに入ると灯りはなく、暗いし寒いし、
相部屋で布団を自分たちで並べて寝ると言う、
合宿のようなスタイルだったから、決して快適ではなかったけれど
テントの外に出るとそこは別世界。

目の前まで迫る暗闇とは対照的に、
見上げた空に瞬く満点の星は、自分の居場所を忘れさせ
まるで宇宙の中に投げ出されたような不思議な感覚。
寒さを忘れ、空いっぱいに広がる降るような星に見とれてしまいました。


PC292558_convert_20130518024736.jpg
PC292564_convert_20130518020359.jpg
PC292583_convert_20130518020445.jpg 


そして翌朝。
砂漠から昇る朝日を見るために早起きしてテントの外へ。
刻々と変わる空の色と砂の色。
月はいつも見る月より高く、ずっと遥か遠く。


PC292585_convert_20130518030227.jpg 


明るくなって、やっと自分のいたキャンプを確認。
こんな砂漠の真ん中・・・しかも日が暮れてからだったと言うのに
何を頼りにここに辿り着けるのでしょうね。


PC292577_convert_20130519232049.jpg


静かな砂漠の朝。
何世紀も前から、ずっとここで繰り返される日常。
夜明けとともに出発する駱駝の一行がゆっくりと目の前を過ぎて行きました。


PC292616_convert_20130518025941.jpg 


キャンプ場の裏手は大きな砂丘になっていて、
朝日を見る絶好のスポットらしく、頂上には豆粒大の人達。
私も、と目指してはみたものの
砂に脚を取られ7合目あたりで断念しましたとも(苦笑)


朝焼けに染まっていた空が青さを取り戻すと
砂の色から赤みが抜け、全く違う色が現れました。


PC292596_convert_20130518020646.jpg


迷子にならないように注意しながら
少しだけキャンプ場から離れてみると
目の前は一面の砂、砂、砂・・・砂の海。


PC292597_convert_20130519232016.jpg


ホントに住んでいるのかな?
現地の人の家らしきテントも見つけましたよ。


PC292602_convert_20130518020711.jpg


近くには可愛いロバも。
繋がれてはいませんが、逃走防止に前脚は縛られていました。
そう言えば、前日の夕食時にはいい匂いを嗅ぎ付けて、
どこかのお家のコなのかな? ニャンコも遊びに来ていました。


PC292634_convert_20130518020855.jpg 


一回りして散歩から戻って来ると
朝食のために、砂の上には絨毯をひいた素敵なレストランが出現。


PC292635_convert_20130518020925.jpg 


テーブルの上にはカゴいっぱいのホブスと、
バター、チーズ、ハチミツ、ジャムにオレンジジュース。


PC292638_convert_20130518020952.jpg 


温かいカフェオレは砂漠の民族衣装を着たお兄さんが
目の前で注いでくれました。
豪華ではないけれど、素朴で美味しい朝ご飯。


PC292651_convert_20130518021022.jpg


食後はゆっくり寛ぐ間もなく、荷物をまとめるとすぐに出発の時間。
出来ることならもう一泊して
ただ砂が静かに風に吹かれる音を聴いていたかったな。


IMG_9989_convert_20130518021114.jpg 


後ろ髪を引かれつつ駱駝に股がり、
現実離れした砂漠の世界を後にしました。


IMG_0006_convert_20130518021056.jpg


ひたすら続く砂の海。
同じような景色の稜線から稜線を渡り歩くこと約1時間。


PC292660_convert_20130519233319.jpg 


唐突に見覚えのある砂漠の終わりが現れました。
迎えに来てくれたガイドさんと合流し、ワルザザードへ。
旅はまだまだ続きます。

スポンサーサイト

Comment

2013.05.21 Tue 08:15  

美しい空
大いなる自然の中の人間の小ささ、
本当に必要なものは何なのか
考えさせられそう…。
《喜怒哀楽》
小さいことのように思えますね。
(だから人間なのでしょうけれど)

美しい写真
気持ちが旅に行ったかのように
嬉しがっています。
(楽しんで見せてもらっています)

2013.05.21 Tue 18:32  

素敵!
私の悩みなんか ほんのちっぽけなもの・・・
心が ゆったりしてきました!

でも conaさ~ん
ギンちゃん達が待っていなかったら 
きっと帰ってくる気にならなかったでしょうね。

2013.06.08 Sat 20:35  コメントありがとうございます♪

風人さん

ありがとうございます。
自然の美しさ、雄大さに圧倒されました。
刻々と変わる砂の色。
暗闇の中、見上げた空に瞬く一面の星。
一生忘れられない素晴らしい体験になりました。
私のつたない写真では伝えきれませんが
少しでも楽しんで頂ければ嬉しいです。


ふ〜ままさん

いつもありがとうございます。
ホントに素敵でしたよ〜。
確かに、ギンガ達がいなかったら
帰りたくなくなるくらい、幸せな体験でした。
大自然の前では、ちっぽけな自分の
ちっぽけな悩みなんて、無いも同然。
時間の流れもゆったりしていて
心が元気になりました。
いつか、機会があったらぜひ!
お勧めですよ。







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://tantotempo.blog11.fc2.com/tb.php/540-30886bb5

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

ニャンズ

P7093328_convert_20101106185233.jpg

Puko プーコ ♀
1996年9月10日生まれ(推定)
生後2ヶ月頃、傷だらけで知人宅の庭先に現れたため保護され、
その日のうちに何故か我が家に。
人見知りだったが、今では
抱っこ大好きの甘えん坊さん。


P8314735_convert_20101106185035.jpg

Ginga ギンガ ♂
1998年6月10日生まれ(推定)
2011年4月10日
(12歳10ヵ月)空に還る。
初めてミルクから育て
私の腕の中で旅立った
我が家の初代王子。


IMG_9603_convert_20101107003551.jpg

Perla ペルラ ♀
2008年7月16日生まれ(推定)
生後2週間程度で、
人も入れないビルの隙間で
鳴いている所を近所の方が発見。 たまたまそこに通りかかり、
一緒にレスキュー隊を呼んだ事が縁で我が家の一員に。
まだまだ遊び盛りの、
マイペースなお嬢猫。


PB109091_convert_20101113232634.jpg

Monaca モナカ ♀
2010年8月20日生まれ(推定)
生後2ヶ月くらいで
近所の駐車場にて発見し保護。
3ニャンと
仲良くなれそうなので、
そのまま我が家のコに。
野良ちゃんだったせいで、
未だに怖がりさん。
早く馴れてくれないかなぁ~。

Cumin クミン ♂
2013年3月26日生まれ
麻布十番の譲度会で出逢う。
埼玉のWell Cat Home
タンタンよりやって来た
ギンガ以来の我が家の王子。
ただいまスクスク成長中♪

プロフィール

cona

Author:cona
necomamma改めました。
よろしくおねがいします。

最新記事

Flashカレンダー

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Top