tanto tempo 4匹の猫との暮らし

 日々の猫、ときどき旅とご飯の記録。

時間よ止まれ

今朝もモナがギンちゃんに甘える幸せな写真を撮ることが出来ました。
このまま時間が止まればいいのに・・・と思わずにはいられない幸せなひととき。
今、ギンガが生きていることに感謝します。

2011年3月27日
P3275595_convert_20110327144816.jpg

この数日ブログをお休みしている間、ギンガはとても危ない状態にありました。

木曜の夜8時頃、帰宅するといつもは必ず玄関に迎えに来てくれる
ギンガがお迎えに出てくれませんでした。
ご飯だよ~と呼んでも反応がないので2階に上がると
ベッドの上で小さく丸まるギンちゃん。
嫌な予感を打ち消すように抱っこして1階に下し、ご飯を促すも全く興味を示さず。
歩くことも辛そうに、数歩歩くとすぐにしゃがみ込んでしまうような状態。
そして時々、アォ~~ンと、先日脾臓が破裂した際に聞いたのと同じような鳴き声。
ギンガの中で何かが起こっている・・・
慌てて救急病院に連絡すると、迎えの車を待って病院へ。

検査の結果、腹水が見られるとのこと。
かなり危険な状態・・・極度の貧血状態なのでまず輸血と点滴が必要とのお話でした。
翌朝詳しい検査結果を頂くことになり、ギンガを預けて帰宅。
副作用もなく抗がん剤治療が進んでいたので
しばらくは元気でいてくれるんだろうと安心していたのに・・・

2011年3月25日
P3255325_convert_20110326173632.jpg
退院したギンちゃんに真っ先に駆け寄り甘えるモナ。
今回のカラーは柔らかいタイプだったから、カラーを押しのけて顔をグイグイ。
半日離れただけなのに、寂しかったね。


翌朝9時半に病院に行くと、少し混んでいたので
待ち時間の間に先にギンガに会わせて頂きました。
ゲージの奥で横になっていたギンちゃんは私を見るとワンワーンと鳴きながら
外に出て来そうな程前まで来てくれ、ずいぶん元気になっていました。
初めての入院の時には緊張してオシ○コも我慢していたのに
今回は少し落ち着いていて、スタッフの皆さんの顔も憶えたのかな、
色々おしゃべりして仲良くしてもらったんだね。

その後先生に呼ばれて聞かされた検査結果は覚悟した通りのものでした。
ガンが肝臓に転移していて、
転移した腫瘍が破裂したことによる出血とその出血から起こる貧血。
そして、転移はもう手の施しようがないほど広がっていて手術は不可能とのこと。
今回の破裂した場所が自然に塞がらなければ、
出血し続けることになるのでその場合は2、3日しかもたないでしょう、と。

2011年3月25日
P3255329_convert_20110327150351.jpg

今出来ることは酸素療法くらいしかないとのことで、
酸素ボンベをつないで退院しました。

2011年3月25日
P3255363_convert_20110327144954.jpg

チューブが長く、家の中はどこでも自由に歩ける反面、
くねくねと動くチューブは遊び盛りのモナのいいオモチャ。
目を離すとすぐに、ギンガのチューブを押さえたり、カミカミしたり(><)

2011年3月26日
P3265475_convert_20110327144925.jpg

またもや鼻にチューブを挿され、くしゃみを連発して苦しそうだったギンちゃん。
もう数日しかないのなら、チューブを抜いて楽にしてあげたい・・・。
でも酸素があった方が苦しくないんだろうなぁ。
ぐるぐると色々な思いを巡らしているうちに、当の本人は安らかな寝顔(笑)
退院時にはもうダメなのかと思っていたけれど、
日に日に顔つきもしっかりとしてきて、
もしかしたら傷口は塞がっているのかもしれない、と希望が持てるように。

2011年3月27日
P3275524_convert_20110327144856.jpg

実は退院した当日から食欲は復活してモリモリといつも以上に食べてました。
こんなに食欲があるなら大丈夫じゃないかなぁ・・・と思いながら、
先生に言われた2、3日と言う言葉に怯えていました。

そんな今朝のこと、酸素のチューブが階段に引っかかってスッポリと外れたので
どうしようかと迷った挙げ句、以前からお世話になっている病院へ行って来ました。
本当はもう一度チューブを付けてもらうつもりだったのですが、
診察の結果、ギンちゃんは食欲もあるし呼吸も安定しているので
チューブはむしろストレスになるので外して大丈夫。
傷口も塞がってなければこの状態はありえないので、閉じていると。
腫瘍が破裂した際に内蔵に出血した血は、数日でもう一度吸収され血液に戻るから
出血さえ止まれば心配いらないと心強い言葉を頂きました。

2011年3月27日
P3275624_convert_20110327165959.jpg

鼻の横に縫い付けられていたブルーの糸だけ切ってもらって無事帰宅。
病院に連れて行く時はギンガがあんまり鳴くので行くのをためらっていましたが
行って良かったね、ギンちゃん。
チューブがないとカラーも外せて、ストレスフリー。
今はまたリラックスして良く眠っています。

ただ、血管肉腫と言うこのガンの腫瘍はひどくもろく破裂しやすいそうです。
この先も転移した腫瘍がいつ破裂するか分かりません。
ギンガを応援してくださっているみなさま、ごめんなさい。
残念ながら残された日のカウントダウンは予想以上に早く始まってしまいました。
でも危機を乗り越え、今ギンガは安定しています。
まだまだ頑張れると、力強い眼差しをしています。

ギンガに幸せな人生だったと思ってもらえるように、
残された日々を大切に楽しく過ごそうと思います。

スポンサーサイト

Comment

2011.03.27 Sun 23:31  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011.03.28 Mon 00:45  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011.03.28 Mon 15:49  ギンちゃん

可愛い可愛いギンちゃん・・・どうかどうか一日でも元気で生きて欲しいです。
また涙がとまりません・・・
conaさんは本当に本当に素晴らしいママです。ギンちゃんは本当に幸せだと思います。
時間よ止まれ
  • #AzdBagxM
  • ゆき
  • URL
  • Edit

2011.03.28 Mon 19:04  

ギンちゃん。
今は一杯ママに甘えて、一杯ご飯食べて、一杯モナちゃん達と過ごして。
あなたの中の時間が少しでも延びるよう、ずっとずっと祈っています。

conaさん
お辛い時にブログを更新してくれてありがとうございます。
是非、楽しい時間を紡いでください。

2011.03.28 Mon 20:50  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011.03.29 Tue 00:18  管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011.04.05 Tue 00:08  コメントありがとうございます

ゆきさま
ねこぺんさま

ギンガのことをいつも気にかけてくださって
可愛がってくださって本当にありがとうございます。
残念な結果になって申し訳ないですが、
ギンちゃんとの残された時間を大切に
できるだけここに記録として残そうと思っています。
これからも一緒にギンガを見守ってくださいね。
よろしくお願い致します。







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://tantotempo.blog11.fc2.com/tb.php/429-d1bbf5da

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

ニャンズ

P7093328_convert_20101106185233.jpg

Puko プーコ ♀
1996年9月10日生まれ(推定)
生後2ヶ月頃、傷だらけで知人宅の庭先に現れたため保護され、
その日のうちに何故か我が家に。
人見知りだったが、今では
抱っこ大好きの甘えん坊さん。


P8314735_convert_20101106185035.jpg

Ginga ギンガ ♂
1998年6月10日生まれ(推定)
2011年4月10日
(12歳10ヵ月)空に還る。
初めてミルクから育て
私の腕の中で旅立った
我が家の初代王子。


IMG_9603_convert_20101107003551.jpg

Perla ペルラ ♀
2008年7月16日生まれ(推定)
生後2週間程度で、
人も入れないビルの隙間で
鳴いている所を近所の方が発見。 たまたまそこに通りかかり、
一緒にレスキュー隊を呼んだ事が縁で我が家の一員に。
まだまだ遊び盛りの、
マイペースなお嬢猫。


PB109091_convert_20101113232634.jpg

Monaca モナカ ♀
2010年8月20日生まれ(推定)
生後2ヶ月くらいで
近所の駐車場にて発見し保護。
3ニャンと
仲良くなれそうなので、
そのまま我が家のコに。
野良ちゃんだったせいで、
未だに怖がりさん。
早く馴れてくれないかなぁ~。

Cumin クミン ♂
2013年3月26日生まれ
麻布十番の譲度会で出逢う。
埼玉のWell Cat Home
タンタンよりやって来た
ギンガ以来の我が家の王子。
ただいまスクスク成長中♪

プロフィール

cona

Author:cona
necomamma改めました。
よろしくおねがいします。

最新記事

Flashカレンダー

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Top