tanto tempo 4匹の猫との暮らし

 日々の猫、ときどき旅とご飯の記録。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瞳 猫の瞳の不思議

仔猫はみんな生まれた時には、
キトンブルーと呼ばれる深いブルーグレーの
瞳の色をしています。
その後、1ヶ月半くらいかけて、自分の本来持っている色に。
どんな瞳の色になるのかを想像するのも成長の楽しみのひとつ。

2008年8月4日(360g)
IMG_3431_2_convert_20100109202822.jpg
生後3週間程度で左右の瞳の色にわずかの差が。
もしかして、幸運のオッドアイ

2008年8月29日(750g)
IMG_3908_convert_20100109191845.jpg
生後1ヶ月半くらいで、はぼ変更完了。

IMG_7145_convert_20100109224701.jpg
ペルラは左目が金色、右目が薄~いアイスブルー。憧れのオッドアイに♡
瞳孔の開き具合が色によって違うことを発見!
それにしても、1歳半にしてこの貫禄。大きくなったねぇ。

1998年7月4日
IMG_7622_convert_20100110101323.jpg
生後1ヶ月くらいのギンガ。まだかなりキトンブルー。

1998年7月11日
IMG_7897_convert_20100109192016.jpg
その
一週間で随分と黄色味が増した。

IMG_7901_convert_20100109221335.jpg
写真によると、1999年頃はかなり濃い金色だった?ようなのに・・・

IMG_2232_convert_20100109195341.jpg
今のギンガの瞳はもっと薄い若草色。
歳で色が薄くなったのかカメラのせいか?

IMG_7677_convert_20100110172017.jpg   
プーコはずっ~と変わらず、ギンガよりさらに薄い明るい若葉色。
昔の写真を見ても、光の加減で濃く映っているものもあるが、ほぼ同じ。
やはり、ギンちゃんの瞳の色は薄くなったんだろうな~。
猫の瞳っておもしろい。
スポンサーサイト

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://tantotempo.blog11.fc2.com/tb.php/19-5cdf5fd8

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

ニャンズ

P7093328_convert_20101106185233.jpg

Puko プーコ ♀
1996年9月10日生まれ(推定)
生後2ヶ月頃、傷だらけで知人宅の庭先に現れたため保護され、
その日のうちに何故か我が家に。
人見知りだったが、今では
抱っこ大好きの甘えん坊さん。


P8314735_convert_20101106185035.jpg

Ginga ギンガ ♂
1998年6月10日生まれ(推定)
2011年4月10日
(12歳10ヵ月)空に還る。
初めてミルクから育て
私の腕の中で旅立った
我が家の初代王子。


IMG_9603_convert_20101107003551.jpg

Perla ペルラ ♀
2008年7月16日生まれ(推定)
生後2週間程度で、
人も入れないビルの隙間で
鳴いている所を近所の方が発見。 たまたまそこに通りかかり、
一緒にレスキュー隊を呼んだ事が縁で我が家の一員に。
まだまだ遊び盛りの、
マイペースなお嬢猫。


PB109091_convert_20101113232634.jpg

Monaca モナカ ♀
2010年8月20日生まれ(推定)
生後2ヶ月くらいで
近所の駐車場にて発見し保護。
3ニャンと
仲良くなれそうなので、
そのまま我が家のコに。
野良ちゃんだったせいで、
未だに怖がりさん。
早く馴れてくれないかなぁ~。

Cumin クミン ♂
2013年3月26日生まれ
麻布十番の譲度会で出逢う。
埼玉のWell Cat Home
タンタンよりやって来た
ギンガ以来の我が家の王子。
ただいまスクスク成長中♪

プロフィール

cona

Author:cona
necomamma改めました。
よろしくおねがいします。

最新記事

Flashカレンダー

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。