tanto tempo 4匹の猫との暮らし

 日々の猫、ときどき旅とご飯の記録。

ギンガの長い二日間 一日目

今日ギンちゃんは病院に行っていました。奥歯を抜いて、歯石の除去もしてスッキリ。
ちょっと疲れた顔だけど、元気になってくれて良かったぁ
P6032111_convert_20100603211724.jpg

実は昨日の昼間、甘えてきたギンガを抱っこし、口の中のチェックをしていた時、
ほんの少し触れただけの奥歯をとても嫌がって、逃げてしまいました。
その後も鳴き叫びながら部屋中を駆け回るギンガ。
そして通った後には血の跡が。慌てて抱き上げると前足も口のまわりも血だらけ。
とっさのことに訳がわからず、とにかく病院に行かなきゃと電話をかけましたが、
診察時間は過ぎているとのアナウンス。
時計を見ると12時15分前。え、12時までのはずなのに!
病院までは徒歩10分の距離。急げば間に合うかもしれないと、
キャリーにギンガを入れると、部屋着のままウチを飛び出していました。

タクシーに乗るつもりで遠回りして大通りを歩いたのに、
そんな時に限ってタクシーは来ず。仕方なくギンガを抱えたまま
ようやく病院に着いたと思ったら扉は閉まっていて、まさかの定休日
鳴き叫ぶギンガの声に不安は募るばかり。
もう少し先にも病院があったはず・・・と思い出して、次の病院に。
やっとたどり着いたそこも休み。落ち着いて、落ち着いて。
自分に言い聞かせながら、携帯のメモリーで世田谷に住んでいた頃に
かかっていた病院を探して電話しましたが繋がらず! またも休み?
震える指先で今度は杉並に住んでいた時に通っていた荻窪の病院に。

やっと繋がった電話は、時間外だけど受け入れて下さるとこと、
運良くやって来たタクシーに乗って荻窪の病院へ。
車に弱いギンガはタクシーの中、気分が悪そうでハアハアと荒い呼吸でした。
ごめんね、ごめんね。もっと早く病院に連れて行っていれば、
苦しい思いをさせなくて済んだのに。本当に大失敗です。
歯石があり、そろそろ歯石除去に行こうと思いながら、
ギンガがいつも元気なので、つい先送りしてしまいました。

ぐったりしたまま病院に着き、すぐに診察して頂くと、
やはり原因は奥歯。グラグラだから、すぐに抜いた方がいいけれど、
その為には全身麻酔が必要で、またその麻酔の為には血液検査が必要とのこと。
そして検査の結果が出るのに数日かかるため、
今日の段階ではこれ以上触らないようにカラーをつけるくらいしかないとのお話。
いつもの病院なら先日の健康診断の際、血液検査をしていると告げると、
それなら1日待って、いつもの病院で相談した方がいいでしょうとのことでした。
せっかくここまで来たのに1日待つしか手がないとは・・・。
でも、命に関わる病気じゃないので安心して下さいと言われ、
やっと落ち着きました。どうやら、かなりパニクっていたみたいです。

P6032113_convert_20100603211756.jpg
昨日は食事も出来なかったのに、今夜は食欲も復活しだいぶ落ち着いたよう。

仕方なく気休めのカラーだけ買って、ギンガが酔わないように帰りは電車で。
ワォーンとあんまり鳴くものだから猫がいることがバレバレで
電車の中、少しでも中の猫を見ようと腰をかがめる人が多くてビックリ。
猫好きの人って多いんですね。何人かは直接声をかけて下さり、
大丈夫、後10年は生きるわよ、と慰めて下さった方や、
ギンガを運ぶのを手伝いましょうと、声をかけてくれた方までいて、
やさしさが胸に沁みました。

家に着くとギンガの様子がいつもと違うせいか、逆毛を立てて唸り威嚇するペル。
ひどい。大好きな兄ちゃんが分からないの?
プーちゃんにとってもやはり何か違うらしく、ギンガがそばを通るとシャーと一発。
血の匂いがいけないのかと、血だらけの前足や口元を洗ってみたけれど、関係なし。
歯が痛くて口が閉じられなかったらしく、半開きの口元に舌を出し、
よだれを垂らし、眠ることも出来ず、
うつろな表情のギンガはペルにまで嫌がられ、しょんぼりとベッドにいました。
あんまり切なくて写真も撮れず。ギンガに添い寝して謝りながら慰めるだけで、
何もしてあげられず・・・恐ろしく長い夜でした(涙)

これまで一度も病気にかかったこともなく、元気いっぱいだったけれど、
もういい歳なんですよね。もっと私が気をつけてあげなければ。

でも、本当に今夜は昨日とは別人のように復活! 良かった~~!!
今日はゆっくり休もうね。おやすみ、ギンちゃん。
スポンサーサイト

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://tantotempo.blog11.fc2.com/tb.php/159-cd6a5290

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

ニャンズ

P7093328_convert_20101106185233.jpg

Puko プーコ ♀
1996年9月10日生まれ(推定)
生後2ヶ月頃、傷だらけで知人宅の庭先に現れたため保護され、
その日のうちに何故か我が家に。
人見知りだったが、今では
抱っこ大好きの甘えん坊さん。


P8314735_convert_20101106185035.jpg

Ginga ギンガ ♂
1998年6月10日生まれ(推定)
2011年4月10日
(12歳10ヵ月)空に還る。
初めてミルクから育て
私の腕の中で旅立った
我が家の初代王子。


IMG_9603_convert_20101107003551.jpg

Perla ペルラ ♀
2008年7月16日生まれ(推定)
生後2週間程度で、
人も入れないビルの隙間で
鳴いている所を近所の方が発見。 たまたまそこに通りかかり、
一緒にレスキュー隊を呼んだ事が縁で我が家の一員に。
まだまだ遊び盛りの、
マイペースなお嬢猫。


PB109091_convert_20101113232634.jpg

Monaca モナカ ♀
2010年8月20日生まれ(推定)
生後2ヶ月くらいで
近所の駐車場にて発見し保護。
3ニャンと
仲良くなれそうなので、
そのまま我が家のコに。
野良ちゃんだったせいで、
未だに怖がりさん。
早く馴れてくれないかなぁ~。

Cumin クミン ♂
2013年3月26日生まれ
麻布十番の譲度会で出逢う。
埼玉のWell Cat Home
タンタンよりやって来た
ギンガ以来の我が家の王子。
ただいまスクスク成長中♪

プロフィール

cona

Author:cona
necomamma改めました。
よろしくおねがいします。

最新記事

Flashカレンダー

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Top