tanto tempo 4匹の猫との暮らし

Date : 2015年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただいま♪

 
ご心配をおかけしているプーコですが
3泊の入院生活を終え、
今日の夕方、無事退院いたしました〜〜♪


IMG_2132_convert_20150829220740.jpg


本当はもう少し数値が下がってから、と言うお話でしたが
病院だと緊張してしまって、なかなか横にならないようなので
今朝病院に行った時に、通院に切り替えられないかと相談したところ
夕方の点滴後の数値を見て決めましょうと言われていました。


P8296353_convert_20150829211842.jpg


水曜日の朝の入院時、150を超えていたBUNが118.7。
出来れば100を切りたかったのだけれど
全く下がらない可能性もあったそうなので
少しずつでも下がっていると言うことは
まだ腎臓が機能していると言うこと。
その後痙攣も起こしていないそうなので、
今夜のうちに急変することはないだろうと、退院の許可が出ました♪

腕に巻かれているピンクのテープは明日からの点滴に備えて
静脈の針をキープしているらしい。


P8296354_convert_20150829211727.jpg


と言うことで明日からしばらくは
朝いちでプーコを預け、夕方迎えに行くことになりました。

病院での表情と比べると、やはりリラックスした柔らかい表情。
プーコが帰ってまずしたこと。
ご飯置き場にまっしぐら(笑)
療養食じゃなく、美味しいご飯が食べたかったんだよね。


P8296346_convert_20150829212112.jpg


その後、久しぶりの家の匂いを確かめるかのように
何度も何度もねり歩き、
足元がふらつき始めたので抱っこしてあげたら
やっと安心したようで落ち着きました。

時々、思い出したように「ウワァ〜〜ン!」と甲高い声で私を見て鳴くのが
先日の痙攣時に、何度も鳴いて痛みを訴えていたのと重なって
怖くなるけれど、水が欲しかったり抱っこして欲しかったりと、
注目して欲しいだけのようなのでホッとしています。

まだまだ安心は出来ませんが
プーコと一緒にいられる時間を大切に
これまで以上に、プーコの様子に気を配って頑張りたいと思います。




スポンサーサイト

プーコの長い、長い夜

 
モナへのお祝いコメントありがとうございました。
みなさんへの返信がまだですが、プーコが入院し
ちょっと取り込んでしまったのでもう少しお待ち下さい。


昨日の夜のこと、9時過ぎに家に帰ると
いつもはカゴベッドで寝ているプーコが
お腹が空いていたのでしょう、
待ちくたびれてキッチンのご飯置き場の前で横になっていました。
好きなウェットフードをあげると、誰よりもたくさん食べ
今や日課となった輸液も協力的でとっても良いコ。
ご褒美のオヤツはいつもの半分しか食べられなかったけれど
満足したようで、ソファーに座ってTVを見る私の横で
スヤスヤと気持ち良さそうに眠っていました。


P8156301_convert_20150826172804.jpg


12時半を過ぎた頃、突然目の端にジタバタと動く姿が写ったので
ハッと向き直ると、どこにこんな力が残っていたのか
驚くほどの力強さで空を蹴り、シッポを膨らませ、唸り
何かに取り憑かれたかのような激しい痙攣が始まりました。

腎不全の末期は、腎臓で処理出来なかった毒が身体にまわり
尿毒症になり、痙攣も起こると聞いていたから
予期出来たことだったけれど
数値こそ悪いものの、プーコは食欲もあったので
まだ先のことだとばかり思っていました。


P8166308_convert_20150826172833.jpg


動かしていいものかも分からなかったので、
腎不全の猫を看取ったことのある姉や友人に話を聞いて
とりあえず朝まで見守ることに。
ただ事でない様子に、ペルもモナカもクミンも
心配そうに集まって覗いてました。

病院に行った時に治療の参考になるかも知れないので
痙攣中のビデオと、痙攣の起こった時間を記録すると
ほぼ40分おきに痙攣が起こっていました。
失禁に荒い呼吸。
正視できないほどの激しさだった痙攣もしだいにおさまり
祈るような気持ちで過ごした、長い夜が明け
8月と言うのが信じられないほどの冷たい雨が降る中、
朝いちで病院に連れて行きました。


本当は、昨日の夜中、もうダメかと。
プーコはこんなにも急に旅立ってしまうのかと
いっその事、ラクにしてあげたいとも思ったけれど・・・

プーコは一命をとりとめました。
まだ安心は出来ないけれど
お昼と夕方に面会に行くと、よろけて立てなかったプーコが
点滴の効果が出たようで、しっかりと立っていました。
家だとワガママになって全く食べなかった療養食も
お腹が空いていたらしく、お代わりまでしたらしい。
何が起こったか分からず、おびえたようだった瞳も輝きを増し
再び生きるエネルギーが湧いているようでした。

プーコはしばらく入院することになりましたが
毎日会いに行けるし、きっと落ち着いて帰って来ると思います。
そしたら、プーコの元気な姿をアップします。
元気なプーコの姿を見に来てやってくださいね。


5回目のおめでとう♪


2010年10月21日
PA216775_convert_20150819185430.jpg


5年前の秋のこと。

駐車場の隅で、か細い声で鳴いていた小さなニャンコ。
近づくと逃げるけれど、離れると行かないでと鳴いて引き止める。
どのくらいの間ひとりぼっちだったのか、
保護した時には痩せっぽちのガッリガリでした。


2010年10月24日
PA247257_convert_20150819185449.jpg


捕まえるまでが大変で、
保護してからも小さな身体でシャーシャーと怒っていたから
触らせてくれるまでに時間がかかると覚悟していたのに
意外や意外、本当は甘えたかったんだよね。
まだママが恋しいおチビさんだったもの。
3日後には気持ち良さそうに、すやすやと膝の上で眠ってくれました。
(でもこれは隔離している間のほんのひととき。
ギンちゃん達に会うまでのこと、残念!)


2010年10月25日
PA257478_convert_20150819185536.jpg


好奇心いっぱいで、遊ぶの大〜好き♡
一緒に遊んでいるうちに、
他のニャンコとも仲良くなって、
ここは安心出来る場所って思ってくれたみたい。


2010年10月29日
PA298091_convert_20150819233054.jpg


4匹も面倒見られるか不安はあったのだけれど
すんなりと他のニャンズに馴染んでくれたので
2週間後、モナカと命名し正式に我が家の末っ子としました。


2010年11月3日
PB038611_convert_20150819185559.jpg


真っ先に仲良くなったギンガの真似をして
一緒にご飯を待つ姿が、何とも微笑ましく幸せな光景だった。


2010年11月6日
PB061609_convert_20150819185621.jpg


ペルも怒っていたのは最初だけ、すぐに良いお姉ちゃんになってくれました。


2010年11月13日
PB139353_convert_20150819185644.jpg


プーコに甘え


2010年11月19日
PB190061_convert_20150819185738.jpg


ペルにも甘え


2010年11月24日
PB240419_convert_20150819185805.jpg


ベッドの上で、リラックスして毛繕いする様は
出会った頃の警戒心がうそのよう。
まるでこの家で生まれた仔猫みたい(笑)
みんなに愛され可愛がられて、末っ子ライフを満喫したね。


2010年11月28日
IMG_9847_convert_20150819185402.jpg


特にギンガのことは大好きで常にベッタリ。
ギンガもいつも毛繕いしてあげて、2匹はとっても仲良しに。


2011年2月24日
P2244297_convert_20150819200400.jpg


ギンガが病気になった時、大きなエリザベスカラーを付けた姿に
プーコもペルも怖がって近づかなかったのに
モナだけはそれまでと少しも変わらず、
大好きな兄ちゃんを独り占め♡


2011年3月6日
P3064814_convert_20150819200421.jpg


見つめ合ったり、手足を絡めたり・・・まるで恋人同士みたいな姿に
見ているこちら側が照れちゃうことも(笑)


2011年4月9日
P4096570_convert_20150819200454.jpg


生前撮ったギンガの最期の写真も、モナとのこのツーショット。
今回写真を見返すと、2匹の並んだ写真が本当に多くて
モナがどれだけギンガを慕っていたか、改めて胸に沁みました。
ギンガがいなくなって淋しかったね。


2011年8月28日
P8288537_convert_20150819212127.jpg


小さかったモナちゃんも1歳。
あっという間にみんなと同じ大きさに。
ギンガとバトンタッチするような形で一緒に暮らすようになった
Chaさんにちょっと戸惑っていた頃。


2012年7月8日
P7081485_convert_20150819230405.jpg


1歳と11ヵ月。
大人の顔になったね。
この頃すでに、我が家では一番大きな猫になりました。
ずっと4キロ台後半だったけど、
プーコの残したご飯を食べたりしてるから、
もっと大きくなっているかも(汗)


2013年6月4日
P6043292_convert_20150819231804.jpg


そして2年前、クミンを迎えた時。
初めて迎える新しい猫にかなり怒っていたけれど


2013年10月13日
PA131020_convert_20150819200703.jpg


クミンにとっては、一番年の近いお姉ちゃん。
気が付けば、すっかり良い遊び相手。
毎日飽きもせず、取っ組み合いして遊んでいます。


2014年4月29日
P4293308_convert_20150819200612.jpg


ペルが苦手なプーコにクミンが苦手なペル。
猫同士の関係も複雑なようだけど
その中で唯一、モナだけはみんなと仲良し。
人に対しては怖がりさんだけど、猫に対してはおおらかなよう。
モナちゃん、ペルとクミンが仲良くなれるようにお手伝いしてあげてね。


2015年2月1日
P2015331_convert_20150819200324.jpg

ギンガがいなくなってからはひとり寝が多くなったモナちゃんだけれど
甘えたい時は、大好きなプーちゃんに寄り添います。
いつまで一緒にいられるかなぁ。
プーコの負担にならない程度に、今のうちに甘えておいてね。


2015年8月20日
P8206317_convert_20150820105740.jpg


こんな感じで我が家で過ごしてもうすぐ5年。
今日で5歳になりました♪
可愛い可愛いモナちゃん、お誕生日おめでとう♪♪

そろそろ母ちゃんにも心を開いてくれないかな。
もう一度、モナが甘えてくれる日をずっとずっと待ってるからね。


一喜一憂



P8156303_convert_20150815153232.jpg


今日も先ほど、ウワーン、ウワーンと鳴くプーコを連れて
一ヶ月の定期検診に行って来ました。
たくさん鳴いて疲れちゃったかな、
帰ってからはずっと寝ています。


P8156305_convert_20150815152855.jpg


このひと月は、とにかくもう一度3キロを越えることを目標に
プーコが目を覚ましてさえいれば、
何度もご飯を口元までせっせと運んでいたから

先月より100g増え、3.04キロと3キロをまた上回りました〜♪


P8156294_convert_20150815153348.jpg


体重を量って、身体をチェックし採血したら
結果が出るまでの間、プーコを待たせるのはストレスになるので
いつも一足先に連れて帰ります。
その後もう一度病院に戻ると、モナに良く似た茶トラの猫を連れた女性が。
話しかけると、最初の飼い主の方がお亡くなりになって
里子に出されていたのを引き取ったのが1週間前とのこと。
5〜7歳くらいで、歯石が気になったので来院したら
プーコと同じく腎臓が弱っているとのことでした。
引き取ったばかりのコだったとしても、実家にも猫がいて
成猫を受け入れた彼女は、きっと最期まで責任を持ってくれるでしょう。
頑張ってね、茶トラちゃん。


P8156306_convert_20150815175714.jpg
2週間分の輸液セット。これだけの量がプーコの身体に吸収されます。


そしてプーコの検査結果・・・数値は全て悪化(涙)。
たくさん食べた分、腎臓に負担がかかったのでしょう。
またしても輸液の量が増えて、60ml×4/週5回に。
次回の検査は2週間後になりました。


IMG_2004_convert_20150815154202.jpg


残念な結果ではあるけれど、体重が増えたのは喜ぶべきこと。
先日も好きなウエットフードを出したとたん、
ペル以外の食いしん坊の3ニャンが集まって来ました。
食欲はまだみんなと同じくらいあるんですよ。

痩せると体力が落ちるので、食べない療養食よりも
たくさん食べられる好きなモノをあげて良いと言われたので
プーちゃん、これからも頑張って食べようね。



残暑お見舞い申し上げます


毎日暑いですね(><)
我が家でも留守中のニャンズのために、エアコンは必須。
いつもはベランダに出たがるクミン達も
私について外に出ても、
あまりの暑さに慌てて部屋の中に戻って来ます(笑)


IMG_1934_convert_20150807183329.jpg


ご心配をおかけしているプーちゃんですが
先日、ちょっと嬉しいことが♪
昼間キッチンに立っていたらソファのあたりから、
コツンコツンと小さな音がしたので振り返って見てみたら、
私のバッグから出ていたイヤホンが
ウンベラータの鉢に当たっていました。
なんと、それを手でたぐり寄せて遊んでいたのはプーちゃん!


IMG_1943_convert_20150807183352.jpg


以前からリボンや紐には目がなかったけれど
この数年は目で追うことはあっても
さすがに手を出すことはなかったのに・・・。
ほんの少しの間だったけれど、遊ぶ姿を見たのは本当に何年かぶり。
すっかり痩せて、前回の検査で数値が悪化していたから
心配していたんだけれど
遊ぶ気持ちになったってことは、
きっと気分も良かったんでしょうね♪


IMG_1978_convert_20150807183411.jpg


私が留守の間、Chaさんにあまりたくさんのことをお願いすると
大事なことを忘れちゃうかもしれないから、
彼にはお願いしてなかったけれど
プーちゃん、普段はセミントラの他にも
ネフガードと、カリナール1と2を混ぜたものを
毎日交互に飲んでいます。

このところ食欲も旺盛で
とっても良く食べているから、体調も良いのかな。
もしかしたら体重も増えているかも♪


2013年7月14日
P7140472_convert_20150807183511.jpg


昔の写真を見ていたら、ちょうど2年くらい前に
似たようなアングルで撮ってある写真を見つけました。
確かにずいぶん痩せちゃったけど、
この食欲なら、きっと大丈夫。
次回の検診が楽しみになって来ましたよ(笑)
一緒に頑張ろうね。



ニャンズ

P7093328_convert_20101106185233.jpg

Puko プーコ ♀
1996年9月10日生まれ(推定)
生後2ヶ月頃、傷だらけで知人宅の庭先に現れたため保護され、
その日のうちに何故か我が家に。
人見知りだったが、今では
抱っこ大好きの甘えん坊さん。


P8314735_convert_20101106185035.jpg

Ginga ギンガ ♂
1998年6月10日生まれ(推定)
2011年4月10日
(12歳10ヵ月)空に還る。
初めてミルクから育て
私の腕の中で旅立った
我が家の初代王子。


IMG_9603_convert_20101107003551.jpg

Perla ペルラ ♀
2008年7月16日生まれ(推定)
生後2週間程度で、
人も入れないビルの隙間で
鳴いている所を近所の方が発見。 たまたまそこに通りかかり、
一緒にレスキュー隊を呼んだ事が縁で我が家の一員に。
まだまだ遊び盛りの、
マイペースなお嬢猫。


PB109091_convert_20101113232634.jpg

Monaca モナカ ♀
2010年8月20日生まれ(推定)
生後2ヶ月くらいで
近所の駐車場にて発見し保護。
3ニャンと
仲良くなれそうなので、
そのまま我が家のコに。
野良ちゃんだったせいで、
未だに怖がりさん。
早く馴れてくれないかなぁ~。

Cumin クミン ♂
2013年3月26日生まれ
麻布十番の譲度会で出逢う。
埼玉のWell Cat Home
タンタンよりやって来た
ギンガ以来の我が家の王子。
ただいまスクスク成長中♪

プロフィール

cona

Author:cona
necomamma改めました。
よろしくおねがいします。

最新記事

Flashカレンダー

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。