tanto tempo 4匹の猫との暮らし

Date : 2014年09月

モロッコ旅行05  思いがけない優しさ

 
プーコの誕生日へのコメントありがとうございました♪
忙しかったのでコメントの返信も遅れていますが、もう少しお待ち下さい。

今日はプーコのの定期検診日。体重が増えていてホッとしましたが、
クレアチニンなどの数値は逆に少し悪化してしまいました。
薬を飲ませようとご飯に混ぜると食べずに痩せてしまうし、
薬を控えると食べてくれる代わりに、数値が上がってしまう・・・。
なかなかバランスが難しいですが、様子を見ながら頑張ろうと思います。


忙しかったのは仕事もそうですが、Chaの帰国の準備があったから。
お土産を買いに行ったり、スーツケースに荷物を詰めたり、
何しろ3年ぶりの里帰りなので持って行きたい荷物も多く
詰めては出し、また詰め直し・・・大騒ぎして月曜日に無事旅立って行きました。

そこで思い出した、書きかけのモロッコ旅行記(汗)
今日は久しぶりの続きです。


2010年12月29〜30日 4〜5日目(メルズーガ〜ワルザザート〜シャフシャウエン)


PC292674_convert_20140928145023.jpg


砂漠から戻ってガイドさんを待つ間に見つけたニャンコ。
私は砂漠に入って、テントでの一泊を選びましたが
砂漠の入り口のこのホテルに泊まるという選択肢もありました。


PC292672_convert_20140928144954.jpg


こんな可愛いニャンコがいたのなら、ホテルでも良かったかも(笑)なんて。


PC292690_convert_20140928145103.jpg
PC292708_convert_20140928145155.jpg


メルズーガからワルザザートへの道の途中のお土産物屋。
所狭しとディスプレイされた商品にはもちろん値札はなし。
うっかり値段を聞くと、交渉が大変なので
本当に欲しい物でなければ気軽に声はかけられず。
よって短い時間では選び切れず、断念(><)


PC292738_convert_20140928145234.jpgPC292742_convert_20140928145321.jpg


ランチはホテル?でチキンと野菜のタジン。
(何しろ私の英語力ではあまり話が出来ないので、よく分からず)
よく煮込まれたチキンは柔らかくて美味しかったけれど、
Chaさんの方が料理上手♪


PC302757_convert_20140928145405.jpgPC302783_convert_20140928145442.jpg


再び山を越え、ワルザザートに戻るとすっかり日が暮れていました。
翌日は朝一の飛行機でカサブランカに戻る予定だったので
ホテルの近くで食事したら、早い時間に就寝。
翌朝はホテルでタクシーを呼んでもらい空港へ。


PC302806_convert_20140928145528.jpg
PC302807_convert_20140928145657.jpg


イタリア人の友人、モロッコで旅行会社を経営しているMちゃん、
そしてそこの砂漠ツアーのガイドさんと
ここまで色々な人の手を借りて順調に旅をしていましたが
空港と他の街を結ぶカサヴォヤージュ駅を出たところで試練が。
せっかく覚えたフランス語はほとんど通じず
マラケシュに行く時にも行ったバス乗り場は
遠くなかったはずなのに辿り着かない(><)
何人かに声をかけ、教えてもらってもバス乗り場は見つからず、
カサブランカから出られないんじゃないかと不安になったところで
一人のおじさんが無言で手で方向だけ指して教えてくれました。
心配だったのか、ずっと私の少し後ろを離れて歩いていて
分かれ道で振り向くと、必ず手のひらで示してくれ
バス乗り場まで導いてくれました。


PC302808_convert_20140928145616.jpg


シャフシャウエン行きのバスを予約しホッとしたところで、
バス乗り場近くのカフェで朝ご飯。
モロッコのオレンジジュースはどこで飲んでも絞りたて。
フレッシュで美味しいんですよ♡


PC312818_convert_20140928145858.jpg


カサブランカからシャフシャウエンまではバスで7時間ほど。
途中何度かのトイレ休憩がありますが、
一度食事休憩なのか長い停車時間があって、レストランで食事する人や
サンドイッチなどを買う人がいたのだけれど、
勝手が分からないので、バスの中でじっとお腹を空かせて待っていました。
そのうちに隣りの女性が戻って来ると、何か買ったらしく良い匂い。
真っ暗なバスの中、ガサガサと袋を開ける気配がしたと思ったら
サンドイッチを半分に割って私にくれました。
炭で焼かれた肉の、香ばしくて美味しかったこと。
思いがけない優しさに触れて、泣きそうに。
隣りに座った時、咳をしていたのでのど飴をあげたけれど
言葉が通じず、コミュニケーションはあまり取れなかったのに
ずっと気にかけてくれて、トイレにも一緒に行ってくれました。
心のよりどころの彼女がバスを降りたしばらく後で
着いたと言われバスを降りると、どうやらそこは町外れ。
真っ暗だし、メディナはどっち??
通路を挟んで隣りに座っていたイケメン兄さんを見つけ、声をかけると
教えてくれたのは良いけれど、町の灯りは遠く・・・さて、どうしよう?? 
タクシーも停まってないし、トボトボと歩きかけたところに
戻って来たイケメン兄さん、いきなり私のスーツケースを掴んで歩き出し
何か言うと一台の車のところまで連れて行ってくれました。


PC312813_convert_20140928145737.jpg


彼は感じの良い人だけど、信じていいのか?
ドキドキしながら車で待っていた女性と話をしているうちに、
彼女がイタリア語を話せることが判明。
この旅初めての、ちゃんと言葉が通じる相手。
さっきまでの不安はどこへやら。言葉が通じるって素晴らしい!
ホテルまで送ってくれると言う彼女に予約がないことを告げると
メディナに近い、空いてそうなホテルまで送ってくれました。
空いてそうと思われるだけあって、素っ気ない、古いホテルだったけれど
眠れるところを確保できたので、レストランを探しに町に出て
最初に見つけたレストランでケフタ(ミートボール)のタジンと
ミントティーで遅い夕食。
長い移動にぐったりしたけれど、現地の人達の優しさに触れた一日でした。


PC312814_convert_20140928145813.jpg


シャフシャウエンは最近旅行者が増えて、人気の町。
私も建物も道も青く塗られた幻想的なこの町を初めて写真で見た時から
何故か「行きたい」と胸が騒いだのだけれど
まさかここで出逢いがあるとは(笑)

今、Chaさんはこのシャフシャウエンにいます。
私も来月末には仕事の都合がつくので行って来ますね。
プーコのことはちょっと心配だけど
まだ安定している今のうちに行くことにしました。
お留守番はこの春にタイミングよく上京してきた、

プーコとも仲良しの従兄弟くん。
助かります。ありがとう。

出発前までにシャフシャウエンを紹介しますね。
猫好きにはたまらない、素敵な町ですよ〜♡


スポンサーサイト

今年もリボンの日

我が家では、9月10日はリボンの日
毎年、お誕生日のプーコにリボンを結んで記念撮影します♪

他のニャンコには嫌がられるから、プーコだけの特別行事。
今年も可愛い写真が撮れましたよ♡


P9104019_convert_20140910113444.jpg


今年は迷ったので紫とピンクの2色使い♪
朝一番で買って来ました。
リボンを結ばれるのは嫌じゃないけど
写真を撮られるのはちょっと・・・
うんざりした顔されちゃいましたが(苦笑)
これはこれで、可愛いよ。


P9104014_convert_20140910113415.jpg


初めて会った時のプーコは痩せて傷だらけで目やにと鼻水まみれ。
栄養状態も悪く弱っていたせいで、
小さい頃は病院のお世話になることも多く
こんなに長く一緒にいられるとは思っていなかったけれど
気が付けば、はや18年。
こんなにもはっきりと、あの日の幼いプーコを憶えているのに
プーコはもう、長寿の仲間入り。
私の年齢を越えてしまったんだね。


P9104007_convert_20140910113325.jpg


リボンを結び終わったところで、
今年も仲良しのモナがとんで来ましたよ。

「おめでとう、プーコおねえちゃん♡」
「ありがとう、モナ♪」

そう言えば、8年前の10歳の誕生日に友人を招いて
プーコの誕生日会をやったことがあります。
いつものようにリボンを結んであげ「今日はプーコが主役だよ」って教えたら
当時、お客さんの前にあまり出て来なかったプーコが
シッポを高々と上げ、みんなの足元を歩いてました(笑)
みんなに「おめでとう」って頭を撫でてもらったからかな?
プーコは以来、お客さんから隠れなくなったんですよ。


プーちゃん、いつもそばにいてくれてありがとう。
私を母にしてくれてありがとう。
おばあちゃんになっても
よぼよぼになったとしても
いつまでもあなたは、私の可愛い可愛い娘です。
大好きなプーちゃん、お誕生日おめでとう♪
これからもずっと、一緒にいようね。



☆おまけ

P9104025_convert_20140910113516.jpg


先日、偶然見つけたアプリ「レタ〜」
プーコのカレンダーを作ってみました♡
写真は3年前、15歳のお誕生日に撮ったもの。
ひと月に一枚、翌月分の写真しか選べないけれど
ハガキになっていて、直接送りたい住所に送ってくれます。
もちろん、メッセージも入れられますよ。
やっぱりプーコはリボンがよく似合うなぁ。

ニャンズ

P7093328_convert_20101106185233.jpg

Puko プーコ ♀
1996年9月10日生まれ(推定)
生後2ヶ月頃、傷だらけで知人宅の庭先に現れたため保護され、
その日のうちに何故か我が家に。
人見知りだったが、今では
抱っこ大好きの甘えん坊さん。


P8314735_convert_20101106185035.jpg

Ginga ギンガ ♂
1998年6月10日生まれ(推定)
2011年4月10日
(12歳10ヵ月)空に還る。
初めてミルクから育て
私の腕の中で旅立った
我が家の初代王子。


IMG_9603_convert_20101107003551.jpg

Perla ペルラ ♀
2008年7月16日生まれ(推定)
生後2週間程度で、
人も入れないビルの隙間で
鳴いている所を近所の方が発見。 たまたまそこに通りかかり、
一緒にレスキュー隊を呼んだ事が縁で我が家の一員に。
まだまだ遊び盛りの、
マイペースなお嬢猫。


PB109091_convert_20101113232634.jpg

Monaca モナカ ♀
2010年8月20日生まれ(推定)
生後2ヶ月くらいで
近所の駐車場にて発見し保護。
3ニャンと
仲良くなれそうなので、
そのまま我が家のコに。
野良ちゃんだったせいで、
未だに怖がりさん。
早く馴れてくれないかなぁ~。

Cumin クミン ♂
2013年3月26日生まれ
麻布十番の譲度会で出逢う。
埼玉のWell Cat Home
タンタンよりやって来た
ギンガ以来の我が家の王子。
ただいまスクスク成長中♪

プロフィール

cona

Author:cona
necomamma改めました。
よろしくおねがいします。

最新記事

Flashカレンダー

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Top