tanto tempo 4匹の猫との暮らし

Date : 2013年10月

待つ猫

先日までの暑さもやっと落ち着いて、
だいぶ涼しくなりましたね。

この土、日、月の3日間、社長のAさんが旅行に出かけると言うので
すけさんのお世話をしていました。

まず木曜日、彼女のいる内に打ち合わせのために仕事帰りに彼女の家に。
約一年ぶりのすけさんは、私のことなど全く憶えていないようで
ちょっと警戒モード。淋しいなぁ。
しかし、6キロくらいとは聞いていたけど・・・大きくなったね。
久しぶりに見るモナより大きいニャンコ♡
6キロでこの迫力って・・・最盛期は8.5キロあったギンガ。
いつも一緒だったからそんなに思わなかったけれど
本当に大きな猫だったんだなぁと、しみじみと思い出してしまいました。


IMG_0989_convert_20131023011505.jpg


1日目(土曜日)
夕方、お借りした鍵でマンションに入ると、
トイレに繋がる廊下のドアが閉まっていました。
後で訊くと開けて行ったとの話だったから、何かの拍子に閉まったらしい。
ウ○チをする場所に困ったのでしょうね、
部屋の隅に、キレイに寄せ集めてました。えらかったね。

お留守番時間わずか半日しか経ってなかったのに
いつもの留守とはちょっと違うことが解っていたよう。
とっても淋しがって、ウ○チを片付け掃除する間もそばを離れません。
ウワァ〜〜ンウワ〜〜〜ン、と鳴き続け
ご飯をあげても、食べるより甘えることの方が大事だったらしく
ず〜〜〜っと、不満を訴えてました。
2時間ほど遊んで、随分落ち着いたのでこの日は終了。
「また明日ね」と声をかけると
淋しそうにしながらも玄関まで見送ってくれました。


PA201290_convert_20131023011633.jpg


2日目(日曜日)
何度も遊びに来ているAさんのマンションですが
住人のいない家に入るのは初めてのこと。
前日に飲み物を買って行かなかったのをちょっと後悔したので
この日はスタバで、秋メニューのローストアーモンドラテを買ってみました♪
コーヒーは自分で淹れる派なので、滅多に買わないから楽しみにしてたのに
カップを持ち上げる度に、かまって欲しいすけさんの頭突き攻撃!
手元を狙って、ゴッチン、ゴッチン。
あーん、いっぱいこぼしちゃったじゃない(苦笑)


IMG_1001_convert_20131023011532.jpg


この日はすけさんともっと仲良くなろうと、
家にストックしてある新しい猫じゃらしを持って遊びに行くと、
この通り釘付けに(笑)。まん丸お目目で、興味津々♪
淋しかったことも忘れて?元気いっぱい走り回ってましたよ。

1時間半遊んで、「そろそろ帰るね」と玄関を出ると
すけさんも一緒に外に。
廊下でゴロゴロしているところを
「お家に入ろう」と抱き上げ、下ろそうとすると
部屋の中に入れられるのが嫌だったのか、
私が帰るのが気に入らなかったのか、
顔を猫パンチでパンパンと叩かれ(でも、爪は出てませんよ)
最後にはシャーと威嚇されました。グッスン。
え〜、いっぱい遊んで仲良くなったんじゃないの? 残念!


IMG_1004_convert_20131023011552.jpg


3日目(月曜日)
この日は夜にAさんが帰って来るとのことだったので
仕事に行く前にすけさんに会いに行って来ました。
前日に怒らしちゃったから、ちょっと心配だったんだけど
玄関のドアを開けると駆け寄って迎えに来てくれ
歩けないほど、足元に絡み付いて来たすけさん。

毎日、ほんの数時間しか一緒にいないのに
行く度にすけさんの態度が明らかに変わっていて
最終日には遊んでもらおうと、私を待ち構えていたようでした。
仕事に行かなくちゃいけなかったから、
この日の滞在時間はちょっと短め。
空になった容器にカリカリを入れ、水を換え、トイレ掃除をして
窓を開け空気の入れ替え。
その間、すけさん、ご飯も食べず、私の後ばかり付いて歩いてました。

そしてやはり別れ際には、前日同様玄関の外へ。
抱きかかえたすけさんを下ろそうとすると
しっかりとしがみついて離してくれません。
「ごめんね、もう行かなくちゃ。もうすぐママもパパも帰って来るから」
ゆっくりとすけさんの手を剥がして床に下ろすと、怒りのシャー。
ここで、前日の疑問は確信に変わりました。
やっぱり、置いて行かれるのが嫌だったんだね。

我が家は留守番になってもひとりじゃないけど、すけさんはひとりぼっち。
普段はここまで甘えないって言うから
誰もいない部屋の中で過ごす時間は長く感じ、淋しかったんでしょうね。
先日のクミンもそうだったけれど、
クールに見えても、本当はみんな甘えん坊。
優しい手を待っているんですよね。

すけさん、また今度ゆっくり遊ぼうね♪

スポンサーサイト

窮猫、ドアを開ける

今日のモナカはご立腹。

実は先日の膀胱炎、良くなっていると思ったのは、
薬が効いていたからで治ったわけではなかったらしく
昨日あたりから、またトイレに籠るように。
ザッ、ザッと砂をかく音がすると、毎回モナがのっそりと出て来ます。


PA131038_convert_20131013195858.jpg
痛いの、イヤ! 病院なんて大嫌いっ。
あと、お風呂も絶対ヤダからね。



注射の効き目は2週間って言っていたから、
どうやら効き目が切れたらしい。

可哀想だけどこのままには出来ないので
今朝また動物病院に行って来ました。
いつものように番号札だけ先にもらって自宅待機。
ネットで現在の診察番号が分かるので、近くなってから家を出るのですが
今回は1時間半経っても、ほとんど進んでない・・・
システムエラーかもしれないので、1時にモナを連れて病院に。

結局、待合室で1時間半ほど待たされてしまいました。
待ち時間が長くて怖かったみたいで、
診察時にキャリーバッグを開けたら、中でちょこっとお漏らし。(>_<)


PA131041_convert_20131013203316.jpg


そして、診察時間は5分ほど。
病原菌も減っているはずなので、あと2週間あれば大丈夫でしょうと
もう一度同じ注射を打って頂きました。

家に帰ったのが分かると、それまで怖くて声も出なかったのに
いきなり大声で、抗議の叫び。
出せ出せと、大暴れのモナでしたが
お漏らしで濡れてるであろうお尻周りを拭きたくてバスルームに直行。
バスルームでキャリーバッグを開けたら、
モナちゃん、外に出たくてバスルームのドアをカリカリ、カリカリ・・・
開かないと分かると、なんとまぁ賢いこと。
ジャンプしてドアバーを下げると薄く開いた隙間から
あっという間に消えて行きましたよ。

仕方なくバッグだけ洗って、落ち着きを取り戻した頃を見計らって
モナの身体を濡れタオルで拭きました。
膀胱炎でたいした量は出てなかったから、まぁいいか。

思えば保護した時から怖がりで、お漏らしはいつものこと。
結局シャンプーしたことも一度もありません。
自分でドアを開けて出て行くくらい嫌なモノは止められないですよね。

あ〜、今度こそちゃんと治りますように。


フォルム違い

先週末あたりから、風に乗ってフワリと
キンモクセイが香り、秋も本番。
やっと涼しくなったと思っていたのに
関東地方はこの数日、台風の影響で
まるで夏に逆戻りしたような暑さでした。


PA100959_convert_20131010223855.jpg


ふと横を見ると、我が家の王子も
毛皮が暑いようでヘソ天スタイルでお休み中♪


PA100965_convert_20131010223936.jpg


脚の先までピンと伸ばして、お腹のファスナーもバッチリ。
気持ち良さそう(笑)
それにしても、同じヘソ天でも
ほんの4ヵ月前とは別猫のようなフォルムです。
大きくなったねぇ。


PA100971_convert_20131010224005.jpg


あれ? 
よく見ると寝てるのかと思ったら、目は開いていました。


PA100970_convert_20131010224208.jpg


クミンちゃん、まるで魂が抜けた、
抜け殻みたいなお顔になってますよ〜(笑)


PA100956_convert_20131010234610.jpg


フォルムが違うと言えば、モナちゃん。
先日病院に行った時には、横綱級と言われてしまいました。グッスン。
でも、意外にも5キロはないんですよ。

ご心配をおかけしましたが、膀胱炎も良くなっているようです。
このまま治ると良いね♪


3ニャン、動物病院に行く


3月26日生まれのクミンちゃん、先日無事に6ヵ月を迎えました。
そして、6ヵ月と言えばそろそろ去勢手術の時期。
クミンは雑種ですが、毛色の特徴からラグドールの血が混じっている可能性も。
完全に成長するまでに4年もかかると言う大きい猫種のラグドール。
もし、その血が入っているのなら、半年での去勢は早すぎる?
そんな心配もあって、前回のワクチン接種の時に先生に相談したところ
タマタマの成長を見て決めましょうとのお話でした。


P8250188_convert_20131005192952.jpg


で、最近のクミンはこんな感じ。
プックリ立派に成長した可愛いタマちゃん(笑)。
ちょうど半年だし、もう良い頃かも?
そろそろ病院に連れて行かなくちゃ、と思っていた先週の土曜日のこと。


P9240393_convert_20131005193013.jpg


朝から何だかモナカの様子がおかしい。
急に寒くなったせいでお腹が冷えたのか、トイレが長い。
そして出て来たと思ってもまたすぐトイレへ。
どうやら膀胱炎になってしまった様子。

ところがネットで調べるとかかりつけの病院は臨時休業。
さて、どうしよう?
月曜日まで待つか、新しい病院を探すか?
他の猫ならともかく、極度の怖がりのモナカ。
診察室を逃げ回り、毎回お漏らししてしまうモナを
初めての知らない先生に託すのは、それもまた心配だし。
食欲もあり、走り回ってもいたので、
仕方なく月曜日まで待つことにしました。


P6183612_convert_20131005193109.jpg


我が家のトイレは二階に2つと一階に1つの計3つ。
モナは上に行ったり、下に行ったり
トイレを替えればオシ○コが出るとでも思ったようで
何度もトイレを替えて頑張っていました。

そして、夜。
一階のトイレに篭城中のモナを見て
プーコ、Chaのスニーカーの上に座り込みオシ○コの構え。
慌ててプーコを抱きかかえ、二階のトイレへ。
でも、このところ一階のトイレしか使っていないプーコは
気に入らなかったようで、
鳴きながら一階に下りるとまだトイレは塞がったまま。
そして、またしてもChaのスニーカーの上へ(汗)

プーコ、そこはダメ〜!!

珍しく強い口調の私に驚いたのか、プーちゃん渋々トイレへ。
無理矢理モナの隣りに座り込んで、狭い中、並んでオシ○コしてくれました。


PA010569_convert_20131005193033.jpg


それ以来、プーコもやや頻尿ぎみ。
唯一ひとりっコの経験のあるプーちゃん、トイレに関して非常にきれい好き。
ペルが来る頃までは、誰かが使った後のトイレは使用しませんでした。
トイレ掃除はこまめにしていたものの、猫は我慢強い生き物。
特にプーコはストレスがあるとすぐにオシ○コが出なくなるようで
以前は年に一度は膀胱炎を患っていたんです。
そのプーコがこの10年、この病気から解放されていたのは
最後に行った病院で勧められたロイヤルカナンの療養食を食べるようになってから。
それから我が家ではこのカリカリを他のフードに混ぜて与えいました。
そのおかげなのか、以来、膀胱炎とはすっかり無縁に。
無縁になって気が緩んでいたのと
最近の忙しさで、このひと月ほどは療養食を混ぜるのを忘れていました。

季節の変わり目、急に冷えて来たのと重なったのがいけなかった・・・。
ごめんね、モナ、プーちゃん。
やっぱり、療養食は偉大でした。
これからは忘れず混ぜるからね。ちゃんと食べようね。




そして、待ちに待った月曜日の朝。
大きなキャリーにモナとクミン、小さなキャリーにプーコを入れて、3匹一緒に病院へ。


クミンは去勢できる十分な大きさと言うことで
今月末に手術の予約を入れて来ました。

モナは相変わらず怖がって、診察台からジャンプ。
機材の下に隠れていたのを捕まえ、
診察台に乗せるとブルブル震え可哀想なくらい。
診察の結果、やはり膀胱炎と言うことで、一度投与すると二週間は効く
コンベニアと言う抗生物質を注射してもらいました。

念のため連れて行ったプーコは取り越し苦労だったようで、問題なし。
体重も安定しているので、特に変化がないようであれば、
年に一回の検診で大丈夫でしょうとおっしゃって頂きました。

その後モナも注射が効いているようで
トイレの回数も減り、落ち着いたようです。ふぅ、良かった。


しかし、病院の臨時休業って困りますよね。
先生にうかがったら、学会に出席していたとのこと。
3人も先生がいるんだから、どなたか残って診てくれたら良かったのに・・・。

緊急時には、最後にギンガがお世話になった病院に行こうと決めていますが、
こちらは高度医療センターのため、重篤な患者の最後の砦。
少し遠いのと、医療費も高く、気軽に行けるところではありません。

普段はやはり同じ先生に継続的に診て頂いた方が安心だし、
何しろ今のかかりつけ医は、引っ越して来た7年前より通っているのですが
この春規模拡張に伴い移転し、我が家から徒歩1分のところあるのです。
猫にとっては移動も大きなストレスなので、この近さはありがたいところ。
人気の病院なので、待ち時間が長いのがネックでしたが、
今は至近距離なので、先に番号札だけもらってニャンズは自宅待機。
ネットで自分の番号を確認した後、
連れて行けばいいのでずいぶん猫への負担が減りました。

ただ、緊急じゃない手術は今回のようにひと月待ちは当たり前。
モナの時は二ヵ月待ちだったから、まだ少しは良いけれど、
人気がありすぎるのもちょっと考えものですよね。
しかもこの人気は、先生がフェレットを診られるから。
遠方からわざわざ何匹ものフェレットを連れて来る方が多いんです。
猫が得意で流行っているなら、待つ甲斐もあるんだけれどなぁ・・・ちょっと残念。

でも、本当は何より大事なのは病気にさせないこと。
今回のことを教訓に、食事にはさらに気を付けたいと思います。
たくさん遊んで、病気に負けない体力も付けようね。
プーコのように、ペルにもモナにもクミンにも
長生きしてもらわないと困りますから。
みんなで一緒に頑張ろうね♪♪

ニャンズ

P7093328_convert_20101106185233.jpg

Puko プーコ ♀
1996年9月10日生まれ(推定)
生後2ヶ月頃、傷だらけで知人宅の庭先に現れたため保護され、
その日のうちに何故か我が家に。
人見知りだったが、今では
抱っこ大好きの甘えん坊さん。


P8314735_convert_20101106185035.jpg

Ginga ギンガ ♂
1998年6月10日生まれ(推定)
2011年4月10日
(12歳10ヵ月)空に還る。
初めてミルクから育て
私の腕の中で旅立った
我が家の初代王子。


IMG_9603_convert_20101107003551.jpg

Perla ペルラ ♀
2008年7月16日生まれ(推定)
生後2週間程度で、
人も入れないビルの隙間で
鳴いている所を近所の方が発見。 たまたまそこに通りかかり、
一緒にレスキュー隊を呼んだ事が縁で我が家の一員に。
まだまだ遊び盛りの、
マイペースなお嬢猫。


PB109091_convert_20101113232634.jpg

Monaca モナカ ♀
2010年8月20日生まれ(推定)
生後2ヶ月くらいで
近所の駐車場にて発見し保護。
3ニャンと
仲良くなれそうなので、
そのまま我が家のコに。
野良ちゃんだったせいで、
未だに怖がりさん。
早く馴れてくれないかなぁ~。

Cumin クミン ♂
2013年3月26日生まれ
麻布十番の譲度会で出逢う。
埼玉のWell Cat Home
タンタンよりやって来た
ギンガ以来の我が家の王子。
ただいまスクスク成長中♪

プロフィール

cona

Author:cona
necomamma改めました。
よろしくおねがいします。

最新記事

Flashカレンダー

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Top