tanto tempo 4匹の猫との暮らし

Date : 2011年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モロッコ旅行02 ため息のバヒア宮殿

2010年12月27日 2日目 (マラケシュ)

本当はカサブランカでは一泊せず、
モスクだけ見てマラケシュに入る予定だったのですが
ガイドを買って出てくれた友人曰く、マラケシュのホテルが取れなかったとのこと。
え~~~~、混む時期だからって早く予約しておいてねって
ずいぶん前からお願いしてたのに~~~。ガーン!
これだから、イタリア人は・・・はぁ。やっぱり自分で仕切るべきだった(; ̄ー ̄A
仕方ないので二日目朝早く起きてバスでマラケシュへ向かいました。

PC272197_convert_20111024214607.jpg

真冬であることを忘れそうになるくらい鮮やかな緑の景色が続いたかと思えば

PC272219_convert_20111024214710.jpg

まるで正反対のカラカラに乾いた大地を踏みしめて歩く羊の群れ・・・

PC272238_convert_20111016181921.jpg
PC272236_convert_20111024220209.jpg
マラケシュで最も美しいと言われるアグノウ門の前は
車も馬車も多く観光客も立ち寄る観光スポット。


変わる景色を楽しみながら4時間ほどで、お待ちかねのマラケシュに到着~♪

PC282341_convert_20111016184502.jpg
塀にかけられたカーペットも色鮮やかで美しく、
素敵なんだけど・・・これだけ大きいと持って帰れないなぁ。


マラケシュでイタリア人の友人と別れ
モロッコ人のご主人と旅行会社を経営している日本人のMちゃんに
行きたかったバヒア宮殿や、メディナの中を案内して頂きました~♪

Mちゃんは私が昔働いていたデザイン事務所の後輩にあたる女性なのですが
時期がずれていたので彼女に会ったのはこの日が初めて。
モロッコに嫁いだ噂は耳にしていましたが
まさかネットで検索し予約した砂漠のツアーが、偶然にも彼女の会社だったとは!
担当者の見覚えのある名前に聞いてみたところご本人。
そして今回、ラッキーなことに空いている時間に街を案内してくれました (〃∇〃)

バヒア宮殿
PC282284_convert_20111016182046.jpg
PC282279_convert_20111016182013.jpg
PC282290_convert_20111016182139.jpg
PC282305_convert_20111016182201.jpg

輝く宮殿と言う名にふさわしく、
豪華さと繊細さを併せ持つ彫刻や装飾にため息の連続♡♡
細かい細工に美しい配色、優美な曲線・・・
カサブランカのモスクといい、イスラムの世界の美意識の高さ、
完成度にしばし心を奪われてしまいました (〃∇〃)

ですがこの宮殿の主、4人の妻と24人のお妾さんを持っていたらしい。
繊細で美しい色使いは女性達のためのデザインだったからなんですね。
バヒアとは、一番気に入った妻の名前でもあったそう。
この美しさの裏側には数々の物語が隠されているんでしょうね・・・。

PC282301_convert_20111016184421.jpg
PC282329_convert_20111016182257.jpg
PC282314_convert_20111016182231.jpg
PC282332_convert_20111016182321.jpg

おまけに広い敷地内には中庭で昼寝するニャンコや、
木陰でゆったりと寛ぐたくさんのニャンコを発見。
スークの喧噪も捨て難いけど、心地よい空間にたくさんの猫なんて、
バヒア宮殿サイコ~~~ (≧ω≦)と
モロッコに来てもやっぱり一番のハッピーポイントは猫(笑)

PC282346_convert_20111016182349.jpg

そして、マラケシュは安くてかわいい雑貨の宝庫。
色鮮やかなタッセルや、シルバーアクセサリーに

PC282350_convert_20111024214738.jpg

ここ最近日本でも人気の、
履き心地の良い柔らかい皮のバブーシュは色もデザインも豊富。
同じアイテムは他の街にもあるけど、観光客の多いマラケシュが
一番おしゃれで、種類も多いのでショッピングするならぜひマラケシュで。
ただし、値段の交渉にグッタリしちゃいますけどね ( ̄ω ̄;)

PC282377_convert_20111024220242.jpg
PC282373_convert_20111016182415.jpg
たくさんの屋台と人でいつも賑やかなでジャマ・エル・フナ広場
昼間は前回の旅行で見ていたから、夜屋台でご飯を食べたかったんだけど
この日の内に砂漠の入り口のワルザザードまで移動しなくてはならず、断念しました。

Mちゃんありがとうね~。
一人ではちょっと心細かったので、とっても助かりました。
しかし、こんな異国で初対面とは言え、自分と繋がりのある人に会えるなんて。
日本にも世界中から色々な国の人がやって来ているし、
国際結婚も増えましたよね。世界は確実に狭くなっているんだなぁ。

スポンサーサイト

ちょうど1年

近所の駐車場の片隅で、小さな声を一生懸命張り上げて
鳴いていたモナに出会ったのは一年前の10月19日、
久しぶりにペルを事務所に連れて行った日の帰り道でした。

2010年10月21日
PA216775_convert_20111019204647.jpg

近寄ろうとすると隠れるくせに、立ち去ろうとするとニャ~ンと引き止める。
モナは独りぼっちの淋しさや、怖さや空腹と必死に闘っていたんだよね。

そんなモナが気になって、駐車場に通い保護できたのが一年前の今日

2010年10月23日
PA237009_convert_20111019204745.jpg

小さくて痩せっぽちで最初に捕まえた時、
思わず力が緩んだほど浮き出していたあばら。
まだ柔らかくていいはずの肉球も、カサカサで擦りむけ傷だらけ。
耳の中も真っ黒で、怯えた表情だったモナが少しずつ心を開いてくれ、
抱っこを許してくれる頃には愛おしさがこみ上げていました (〃∇〃)

2010年10月25日
PA257366_convert_20111019204838.jpg

初めは保護することだけしか考えていなかったので
家族になるとは思っていなかったけど・・・
日々表情も和らいで、仔猫らしいかわいい姿を見せてくれるように。

2010年10月29日
PA298175_convert_20111020225719.jpg

気が付けばあっという間に我が家に馴染んで、この寝相(笑)
ペルよりよっぽど寛いでる *^-^*
3ニャンとの距離も次第にいい感じになって、家族に迎える決心をしました。

2010年11月8日
PB088869_convert_20111019211549.jpg

中でも一番優しい兄ちゃんをママだと思っていたんでしょうね。
大好きなギンちゃんの後をいつも付いて歩いていたね。

2011年1月7日
P1073394_convert_20111019213722.jpg

発情が早く、クリスマスの頃から初鳴き開始  (>_<)
おませさんだと思ったけど身体が小さかっただけで、
本当はもう半年くらい経っていたのかもね。
オシ○コテロにはずいぶん泣かされたけど、それも今では懐かしい笑い話。
手術後はピタリと止まって、失敗なしのお利口さん。

2011年3月31日
P3316032_convert_20111019234633.jpg

ギンちゃんが病気になって、大きなカラーを付けて戻って来た時、
プーコもペルも怖がって近寄らなかったのに、
モナだけはギンガを待ちかねていたようにまっしぐら~♪

最期の2ヵ月は別れを惜しむように、ひたすら寄り添っていました。
ギンガの死後も死んだことが分からなかったのか、
しばらく遺体にすり寄って添い寝してくれたモナちゃん。
ギンちゃんの姿はないけれど、モナのこと毎日お空から見守っているからね。

2011年10月8日
PA080147_convert_20111021111637.jpg

そんなモナも今ではすっかりプーちゃんっコ♡
毎日仲良くくっ付いて気持ち良さそうな顔でお昼寝しています。

2011年10月16日
PA160199_convert_20111021111712.jpg

先ほど体重を計ったら、ジャスト4キロ。
保護した時は1キロに満たなかったけど、すっかり立派になったね。
最近は何か要求があると、私の目の前にやって来てジッと見つめ
声になるかならない程の・・・ため息のような小さな鳴き声でアピールします。

この一年、色々なことがあったけど、モナはまだ1歳になったばかり。
モナカに出会えて良かった。側にいてくれてありがとうね。
これからもっと楽しいこといっぱいいっぱい経験して
仲良く、元気でず~~~と一緒に暮らそうね。

モロッコ旅行01 カサブランカの巨大モスク

今年は本当に色々なことがあったので気が付けばモロッコ旅行から
もう10ヵ月以上も経ってしまいました・・・
かなり記憶が曖昧なので写真メインでお届けしますね。

2010年12月26日 初日(
成田空港~シャルルドゴール~カサブランカ)

PC262013_convert_20110906000106.jpg

この写真も実は先日の忘れていたSDカードから出て来たもの。
乗り換えのシャルルドゴールでモロッコへの乗り継ぎ便を待っていた時の写真。

PC262016_convert_20110906000137.jpg

朝一番くらいの早い便だったので
人も少なくほとんどのショップは閉まっている中

PC262020_convert_20110906000159.jpg

パン屋さんがおいしそうなパンをたくさん用意して開店♪

PC262023_convert_20110906000216.jpg

そして窓の外はまだ真っ暗・・・
実はちょうどこの2日前までヨーロッパは大寒波に襲われていて
飛行機は飛ばず、空港も閉鎖状態だったんですよね。
パリ行きの便に乗る時にも、行ってみないと分からないと言われ心細い旅立ちでしたが
パリに着いてみるときれいに除雪されていて混乱もなく大丈夫とのこと。
予定通り朝10時にはモロッコに到着~♪

2010年12月26日 モロッコ カサブランカ
PC262044_convert_20111016110508.jpg

モロッコはパリの寒さとは一転、日射しも強く気持ちのいいお天気でした *^-^*
着いた当日はホテルに荷物を降ろすと
街を少しブラブラして、ニャンコと遊んだりしているうちに
お目当てのモスクへ辿り着きました。

PC262072_convert_20110905234230.jpg

カサブランカで唯一楽しみにしていたのは1993年に完成し
モロッコで最大だというハッサン二世モスク

PC272092_convert_20110905234257.jpg
 
想像以上に大きくて、期待は高まったものの
イスラム教ではない私は中に入ることが出来ず、残念!

PC272096_convert_20110905234555.jpg

外側だけぐるりと見物させて頂きました。

PC272103_convert_20110905234322.jpg
PC272120_convert_20110906004111.jpg

それにしても広いし大きいし

PC272101_convert_20110905234905.jpg
PC272127_convert_20110906000242.jpg
 
タイルや壁面の細工が美しくて、ため息もの。はぁ。素敵♡♡♡

PC272141_convert_20111016110540.jpg  

海沿いに建つモスクの防波堤の周りは散歩コースなのか
たくさんの若者で賑わってました。
モロッコ旅行ではスルーされ勝ちなカサブランカですが
時間のある方は是非、この巨大モスクにも寄ってみて下さいね。
外側だけでも、迫力満点! 一見の価値ありですよ~~。

愛しき日々

今日でギンガが亡くなってちょうど半年。
もう半年も経ったのに、ギンガへの想いは募るばかり。
毎日ギンガの写真を見ては色々と話しかけています。
今日は久しぶりに元気だった一年前の10月のギンガを集めてみました。

10月1日
PA015859_convert_20111009211153.jpg

目が覚めるといつも視界には3匹のネコがいることがあたりまえだった一年前。
毎朝色々な方法で私を起こしてくれたギンちゃんのおかげで
今日はどうやって私を起こしてくれるんだろうと、
苦手だった朝も、いつもHAPPYな気持ちで目覚めていました。

実は今、携帯に残っていたギンガの鳴き声を目覚ましに利用している私 (〃∇〃)
ギンガの鳴き声に「は~い、ちょっと待ってね」と返事をしながら起きています。
いつまでも、世話のやける母ちゃんだね(笑)


10月8日
PA086013_convert_20111009203227.jpg

いつも風呂ブタの上でバスタイムにつき合ってくれたギンちゃん。
ギンちゃんのおかげで人気スポットだったバスルームも
今やプーコやペルが時々水を飲みに来るだけ。
一人のバスタイムはつまらなくて、長湯出来ず (>_<)
長い時間半身浴で大汗かけたのも、な~んだ、ギンガがいたからだったんだね。


10月9日
PA096068_convert_20111009203301.jpg

どこから見ても絵になるギンガ (〃∇〃)
とりわけ、そのキリリとした正面の顔ったら!
う~ん、いつ見てもかわいい♡♡♡ 


10月15日
PA156351_convert_20111009211228.jpg

抱っこが大好きだった甘えん坊のギンちゃん。
膝の上よりも、顔に近い胸の上がお気に入り~♪
重かったけど、下からネコを見る機会ってなかなか無いモノ。
見上げたギンガの顔をマッサージしながら
ず~~~と一緒にいようねって、言うのが毎日のお約束。
あれ? ギンガは私との約束、忘れちゃってた?


10月19日
PA196674_convert_20111009213730.jpg

いつも私の視界に入る位置にいたギンガ。
今でも側にいるような気がしてギンちゃんの姿を探してしまいます。
もうどこにもいないけど、どこを見てもギンガの姿は浮かんで来るよ。
記憶の中のギンガは元気いっぱいで、うるさいくらいおしゃべりさん。
毎日本当に楽しかったね。


10月23日
PA236955_convert_20111009211247.jpg

誰にでも優しかったギンガはペルの時もモナの時も、最初からウェルカム。
お客さんのことも大好きでいつもお出迎えするから犬みたいとよく言われていました。
私のお迎えも皆勤賞モノ。
亡くなる前の、病気で動けない日以外で
迎えに来てくれなかったのは、たったの一回きりでした。
どうしたんだろうとビックリして中に入ると、
トイレで頑張ってたらしきギンガが慌てて出て来るところに遭遇(笑)

忘れかけていた些細な出来事を繋ぎ合わせて
ギンガと過ごした日々を・・・今、うっとりと思い出しています。


秋花火

PA010119_convert_20111002183421.jpg

3月の地震で自粛モードだった今年の夏、
友人達といつも行っていた江戸川の花火大会は中止でしたが
昨日、我が家から見える花火は時期をずらして開催。
また今年も、友人と一緒に屋上から花火を楽しむことが出来ました。

PA010121_convert_20111002182243.jpg

とは言え、気のせいか例年より少~し大人しめな感じ。
昼間は暑かったものの、肌寒い秋風の吹く中で見る花火は
なんだかちょっと淋しくて、
やっぱり花火は夏に汗をかきながら見るのが一番ですね。

PA010131_convert_20111002182312.jpg

花火の後は、旅行以来マイブームのモロッコ料理でおもてなし。
牛テールと野菜のタジンに、エビ、イカ、白身魚のミックスフライ、
トマトとパプリカのサラダ。
現地で買ったスパイスのおかげで、かなり本場に近い味に出来ましたよ♪

PA020136_convert_20111002182336.jpg

昼間、今年も大きな音で開催を告げる音花火に、
ビックリしたモナちゃんは部屋の隅で固まっていたけれど、
夜は隠れずにご挨拶が出来ました (〃∇〃)
そろそろ、怖がりさん返上かしら。

PA020137_convert_20111002182440.jpg

プーちゃんは寝てばかりだったけどね。

PA020139_convert_20111002182901.jpg

ペルは、最初階段の上から友人を覗いたりしてたのに
その後出て来ないので2階に見に行ったら、どうしたんだろう?
いつの間にか右目が少し腫れて、ちょっと開き辛そうにしてました。

気になって今朝、久しぶりに病院へ行って来ました。
症状は以前のプーコとほぼ同じだったので、
やっぱり同じ目薬(ロメワンとティアローズ)。早く治るといいね。

たいしたことはないだろうと思いながらもペルを連れて行ったのは、
実は他にも病院にお願いしたいことがあったから。
ギンガが最期に使っていた酸素チューブや、
流動食用のシリンジなどは家庭ゴミでは出せないとのことだったので、
どうしていいか分からず、この半年ずっと手元にありました。
長い間お世話になり、他界する2週間前にも鼻の糸を切ってもらった先生に
ギンガのことを告げると久しぶりに人前で涙がこぼれたけれど、
適切に処分して頂けることになり、供養が出来たようで少しホッとしました。

2010年8月21日
P8214420_convert_20111002224728.jpg

もしかしたら今年の花火を淋しく感じたのは
花火の音を怖がっていたギンガを思い出しちゃったからかも。
秋花火は今年だけだといいな。

ニャンズ

P7093328_convert_20101106185233.jpg

Puko プーコ ♀
1996年9月10日生まれ(推定)
生後2ヶ月頃、傷だらけで知人宅の庭先に現れたため保護され、
その日のうちに何故か我が家に。
人見知りだったが、今では
抱っこ大好きの甘えん坊さん。


P8314735_convert_20101106185035.jpg

Ginga ギンガ ♂
1998年6月10日生まれ(推定)
2011年4月10日
(12歳10ヵ月)空に還る。
初めてミルクから育て
私の腕の中で旅立った
我が家の初代王子。


IMG_9603_convert_20101107003551.jpg

Perla ペルラ ♀
2008年7月16日生まれ(推定)
生後2週間程度で、
人も入れないビルの隙間で
鳴いている所を近所の方が発見。 たまたまそこに通りかかり、
一緒にレスキュー隊を呼んだ事が縁で我が家の一員に。
まだまだ遊び盛りの、
マイペースなお嬢猫。


PB109091_convert_20101113232634.jpg

Monaca モナカ ♀
2010年8月20日生まれ(推定)
生後2ヶ月くらいで
近所の駐車場にて発見し保護。
3ニャンと
仲良くなれそうなので、
そのまま我が家のコに。
野良ちゃんだったせいで、
未だに怖がりさん。
早く馴れてくれないかなぁ~。

Cumin クミン ♂
2013年3月26日生まれ
麻布十番の譲度会で出逢う。
埼玉のWell Cat Home
タンタンよりやって来た
ギンガ以来の我が家の王子。
ただいまスクスク成長中♪

プロフィール

cona

Author:cona
necomamma改めました。
よろしくおねがいします。

最新記事

Flashカレンダー

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。