tanto tempo 4匹の猫との暮らし

Date : 2011年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四十九日

昨日、例年より10日以上早く関東地方も梅雨入り・・・
今年は何につけ記録的な年ですね。

ギンガがいなくなって7週間。
今日で節目とされる四十九日を迎えました。
私はこれまで幸運なことに本当に大切な存在を失ったことがなく
ギンガが初めてだったので、今回のことは途方に暮れるばかりでしたが、
友人やこのブログを通じて知り合ったみなさんに支えて頂いたおかげで、
なんとか日常の生活を取り戻しつつあります。
本当にありがとうございました。

2011年5月28日
P5287451_convert_20110528114334.jpg

コメントの返信も出来ておらず申し訳ありませんが、
今日は久しぶりに病気になる前の元気だった頃の写真を集めてみましたので
可愛い元気な表情のギンちゃんを思い出してもらって
みなさまへのお礼に代えさせて頂きたいと思います。

2010年10月9日
PA096069_convert_20110526152256.jpg

とにかく男前な目力の強いハンサムなニャンコ。←親バカ(笑)
凛々しいギンちゃんの顔が大好きでした。

2010年9月25日
P9255583_convert_20110527115422.jpg

甘えっ子でしたが、意外とひとりもでいるのも好きだったギンちゃん。
クルリと丸くなるのにはちょうど良かったらしく、
この椅子もギンちゃんのお気に入りのスペースのひとつ。
ホームパーティーの時には、みんなと一緒にテーブルに加われるよう、
この椅子をリビングに移動すると、ギンちゃんもお行儀良く椅子に座っていました。
本当にお客さま大好きでみんなと一緒にいるのが嬉しそうでした。

2010年9月19日
P9195380_convert_20110526152202.jpg

優しくて面倒見のいいギンちゃんはみんなの人気者。
ひとりでいるなと思っても、しばらくするといつも誰かがそばにいました。
ギンちゃんがたった300gで我が家に来た時からず~っと一緒だったプーちゃんは
ギンちゃんの母であり、姉であり、最初の恋人でもあったかな?
ギンちゃんが優しいコに育ったのは
常にそばで面倒を見てくれたプーちゃんのおかげです。

2010年9月5日
P9054812_convert_20110527121559.jpg

もちろんペルちゃんとも大の仲良し。
初めて会った時から年の離れた遊び盛りのペルに
嫌な顔ひとつすることなく、とても可愛がってくれました。
ペルは何をやっても怒らない兄ちゃんのこと、大好きだったね。

2010年12月1日
PC010948_convert_20110527224328.jpg

とは言え、記憶に新しいのはこちらのカップル。
モナカはとにかく兄ちゃんが大好きでいつもベッタリの超ラブラブ♡
ギンちゃんも若い恋人に鼻の下をちょっと伸ばしていたみたい(笑)

2010年12月4日
PC041129_convert_20110526152402.jpg

ギンガとモナカのツーショットはどの写真も
思わず顔がほころんでしまう微笑ましいものばかり。
モナはつくづくギンガに会うために家に来たんだなぁと思います。
ギンちゃん、モナを残してくれてありがとう。
モナはギンガの忘れ形見だったんだね。

2010年11月6日
PB068805_convert_20110527115444.jpg

キレイ好きで毛繕いに余念がなかったギンちゃん。
自分はもちろん、他の3ニャンにもせっせとサービスしてました。
この優しいサービス精神もギンガがモテモテだった秘訣かも。

2010年11月25日
PB250557_convert_20110527155211.jpg

みんなへのサービス同様、私へのサービス?も忘れなかったギンちゃんは
一日一回は膝の上胸の上に乗って
グルグルグルと大音量で癒しの歌を聴かせてくれました。
おしゃべりなギンガの静かな時は、
このご機嫌のグルグルグル・・・いつも賑やかなニャンコでした。

2010年11月27日
PB270759_convert_20110527161903.jpg

こちらはクローゼットのドアを開けろと催促しているところ。
器用なギンちゃんは昔からトイレのドアや
クローゼットのドアを自分で開けたりしていました。
でも鳴いて開けてもらった方が早いもんね(笑)

2010年12月5日
PC051200_convert_20110526152426.jpg

寝顔も嬉しそうな、ご機嫌なギンちゃん♪
ご飯の夢でも見ていたのかな。

この頃にはもしかしたら、病気にかかっていたのかも知れないね。
気付いてあげられなくてごめんね。
最後の冬休みになるって知っていたらどこにも出かけなかったのに。
もっともっと、ギンちゃんと一緒にいたかったよ。

一度も病気にかかったことがなく、
去年診てもらった健康診断でもどこも悪いところはなかったし、
食欲も旺盛でよく動き、よく眠るギンガは長生きすると信じていました。
それでもきっと、良い人生だったよね?
毎日楽しかったね。家のコになってくれてありがとう。
いつかまた、戻っておいでね。

スポンサーサイト

別れの日のこと

ギンガが亡くなって早くも6週間が経ちました。
当日のことは辛い記憶ですが、少し気持ちの整理もついて来たので
やはり忘れないうちに、ギンガのかかった血管肉腫と言う、
猫には珍しい病気の記録の為にも残しておこうと思います。
重たい話で長文なので苦手な方はパスしてくださいね。

2011年4月8日 23:51

P4086552_convert_20110520213720.jpg

4月9日。
この日は実はギンちゃんが病気になる前から、私が首を長くして待っていた日。
海外から友人のCさんがしばらく我が家に遊びに来るその到着の日でした。
初来日でしかもカタコトの日本語しか分からない
Cさんを迎えに成田まで行かなくてはならず、
いつも留守番をしてくれるEちゃんに留守番をお願いしていました。
ギンちゃんのことが心配でしたが、前日8日の夜には留守番をお願いするのも
気が引けるほどすっかり元気になっていました。

2011年4月9日 09:13
P4096554_convert_20110520213532.jpg

9日の朝は久しぶりにご飯の催促をし、私に早く早くと階段を駆け下りるほど。
身体が楽になったのが嬉しくてたまらないようで、元気に走り回っていました。
ご飯もしっかり食べて、ギンガは前々日のギンガとは別猫のように元気いっぱい。

2011年4月9日 10:43
P4096558_convert_20110520213554.jpg

ギンちゃん、Eちゃんに来てもらうのどうしよう?
ギンガがあまりに元気なので訊いてみたら、
来てもらわなくても大丈夫だから安心して。
ちゃんと待ってるから心配しないでお迎えに行って来てと、
返事の代わりに元気な姿で答えてくれたギンガ。
ギンガを信じてEちゃんにキャンセルの電話をかけました。

2011年4月9日 13:54
P4096569_convert_20110520213634.jpg

モナちゃんと気持ち良さそうに寝ているギンガを確認し、出かけましたが
夜7時過ぎ、家に着いて玄関の扉を開けるまでは心配でドキドキ。
でもドアを開けるといつものように元気に迎えに出てくれたギンガ・・・。

そしてこの夜は久しぶりに会ったCさんと再会の時を楽しんでいる間、
僕のことは気にしないでいいよと言わんばかりに、ギンガは穏やかで元気でした。
就寝時、見知らぬCさんに遠慮したのでしょう、
再退院以来ずっと私の隣りの枕で眠っていたのに、
この夜はリビングのカゴの中でモナと一緒に眠っていました。

翌10日の朝もギンガは元気でした。
8時頃ベッドの周りをうろうろして上りたいのに、遠慮してためらっている様子。
私が抱き上げて、大丈夫だよといつものように胸の上に乗せると
嬉しそうにグルグルと喉を鳴らしていました。
Cさんにも撫でてもらいながら、あなたに会うのを楽しみに待ってたんだよと
ベッドの上でギンガを撫でながらギンガの病気の話をしました。
ギンガも満ち足りたのか自らベッドを下り、ベッドの下で寛ぎ静かで穏やかな時間。
幸せな朝の始まりだと思っていたのに・・・。

そのわずか10分程後、
ギンガのアオォ~~~~ンと言う、激しい痛みのための鳴き声が。
慌てて飛び起き、リビングに置いてあった酸素のチューブを持ってギンガの鼻先へ。
いくら酸素を吸わせてもギンガは苦しそうな呼吸をするばかりで
もう何の意味もないようでした。

狭いベッドルームで酸素を上手く吸わせ続けるのが困難になり
ギンガを抱いてリビングのソファーに移動。
何十分酸素を吸わせてもギンガは時々アオォ~~~~ン(痛い)と鳴くばかりで
一向に変化はなく、どうして良いか分からず救急病院へ電話を掛けました。
先生はたぶん最期の時間が迫っているだろうから、
救急車の手配をしましょうかと言って下さいましたが、それは安楽死を意味すること。
楽にしてあげたいと思いながらも、救急車に乗せ怖い思いさせると、
また腫瘍が破裂して更に痛い思いをさせるような気がして
どうしてもお願いしますと言えず、またかけますと電話を切りました。

その後のギンガは苦しみながらも、痛みとの最期の闘いに向け、
ガルルル・・・と今まで聞いたことのない怒ったような声を上げたり、
ヨロヨロと脚を縺れさせながら玄関まで這うように歩きました。
痛みのため意識が混乱しているらしく、その後トイレの中に入ってそのまま横に。
トイレの砂の中で逝かせたくなくて、抱き上げ玄関の床に下ろし
私はひたすら酸素をギンガの鼻先へ向けていました。
けれどその頃にはもう、ギンガは病気と闘う力は残っていませんでした。
もう本当に最期なんだな・・・そう覚悟した時、
ぐったりとしたギンガを玄関の冷たいタイルの上ではなく、
せめて私の胸の中でと抱き上げ、小さなイスに座りギンガの身体を支えました。
心細かったのでCさんにずっと手を繋いでもらい、
ギンガ、ギンガ、ギンガとギンガの名前を呼び続けました。
苦しそうだった呼吸の音が静かになって、ドキリとして耳を澄ます度に
引きつけを起こすように、ひって小さい呼吸が時々あり、
まだ生きてる、まだ生きてる・・・と念じるように撫で続けていたら
しばらくしてCさんがもう、死んでるって首を振りましたが
だって、まだ動いてるよって、
抱き直すと胸のあたりはまだ呼吸してるみたいに少し波打って見えました。
目を見て、死んでるってまた言われて、目を見たら確かにもうどろんと曇ってました。
完全に全ての機能が停止するまでに少し時差があるのでしょう、
その少し後でまるでドラマで見るみたいに、首から力が抜けてガクっと落ち
ギンガがもうこの世から旅立ったことを知りました。

ギンちゃん、長い時間苦しませてごめんね。
もしかしたら、また復活してくれるんじゃないかとも思ってしまったんだよ。
そして、最期の夜だったのに一緒に寝てあげられなくてごめんね。
寂しかったね。最期の最期まで気を遣わせちゃったね。

Cさんがいてくれたおかげで、私は一人ぼっちで泣かずに済みました。
本来なら一人で受け止めるはずの悲しみを支えてくれる人がそばにいました。
それはギンガが私が寂しくないように病気と闘って闘って
Cさんの到着を待ってくれたから。
ギンガの大きな愛を感じました。ありがとうね、ギンガ。
あなたはどこまでもスペシャルな猫でした。
この喪失感は癒えることはないけれど、
あなたと暮らした13年近い日々はかけがえのない私の宝物です。

永遠のヒーロー

2011年4月6日 12:34
P4066335_convert_20110508220110.jpg

この日ギンガはお昼を過ぎてもベッドから下りず、かなり体調が悪そうだったので
仕事を休ませてもらい、一日ギンガのそばにいました。
食べる気になったらいつでもご飯を食べられるように、ご飯を枕元に持って行ったのに
近くにいたモナにアッと言う間に食べられてしまいました。
モナちゃん、あれは君の大好きな兄ちゃんのためのスープたっぷりご飯だったんだよ。

2011年4月6日 14:03
P4066354_convert_20110508220220.jpg

調子の悪い時のギンガは目を開けるのも辛そうで、
起きていても閉じているか、ほんの少ししか開けない感じでした。

それにしてもモナはギンちゃんのそばで、嬉しそうだなぁ。

2011年4月7日 00:43
P4076400_convert_20110508220249.jpg

夕方くらいからやっとベッドを抜け出して、リビングに。
食欲はなく殆ど何も口にしませんでしたが、顔つきは少し楽になっているようでした。

もちろんモナはどこにでもくっつ付いて移動していました。
どんなに付きまとわれてもギンちゃんは嫌な顔ひとつしないで、
本当にやさしいお兄ちゃんでした。

2011年4月7日 18:22
P4076411_convert_20110508220310.jpg

翌7日のギンちゃんはさらに容態が悪くなり、
朝からハァハァハァと口を開いて苦しそうな呼吸になったので
慌てて酸素を吸わせましたが、一向に呼吸は安定しませんでした。
この時初めて吐き気も伴い、時々舌も仕舞えないまま苦しそうに動き回る
ギンガの後を酸素ボンベを持って追いかけることしか出来ませんでした。
あまりにも苦しそうで、やはり楽にしてあげた方が良いのかも知れない・・・と
何度も決心が揺れかけましたが、
気が付くといつの間にかギンガの呼吸は安定し静かな呼吸に。

とても苦しかったはずなのに、みんなのそばにいたかったのか、
ギンガはこの日ずっとリビングで過ごしていました。
ギンちゃんが病気になってすぐは何故か怖がってずっと近寄らなかったペルも、
後半は怖がるよりむしろ積極的に寄り添うように。

2011年4月7日 20:45
P4076412_convert_20110508220340.jpg

夜もまた呼吸困難。これは確か3度目の少し落ち着いた後の写真になります。
同じ日に何度も酸素が必要になったのは初めてのこと。
ギンガの命は本当に消えかかっている・・・。
もう、どう頑張っても復活するとは思えない憔悴ぶりでした。

2011年4月8日 00:09
P4086437_convert_20110508220408.jpg

すっかり体力を消耗して動けなかったのか
ギンちゃんはずっと夜中までソファーに座っていました。

隣りには張り付くように寄り添うモナちゃん。
もしかしたらギンガとの残された時間を知っていたのかも知れません。

2011年4月8日 4:09
P4086440_convert_20110508220436.jpg

就寝時、階段は上れそうもなかったので、ギンガを抱っこして定位置まで運び
いつものように一緒に眠りました。

明け方、みんなが集まってるのに気が付いて
この時撮った数枚の写真が、4ニャンが揃った最後の写真になりました。

2011年4月8日 8:44
P4086454_convert_20110508220456.jpg

もしかしたら・・・
私が寝ている間にこっそり逝ってしまうんじゃないかと思っていたけれど
翌朝ギンガはいつものように私の隣りの枕で静かに眠っていました。

2011年4月8日 9:08
P4086459_convert_20110508220514.jpg

そして目覚めた時の表情は、数分前の寝ていた時とは別猫のように、
目に力が戻り・・・、痛みは収まっているように見えました。

2011年4月8日 14:29
P4086469_convert_20110508220557.jpg

午後には部屋の中を歩いたり、爪研ぎをしたり、毛繕いをしたり・・・
食欲も少し出て来て、前日のギンガからは想像も出来なかったくらいの回復ぶり。
この時もとても大きな腫瘍の破裂があったはずなのに、傷口が塞がったのでしょう。
傷口さえ塞がれば出血が止まり、次第に貧血も収まるようで
身体も大きく基礎体力のあったギンガはいつも目に見えて元気になりました。
もしかしたら、まだもう少し一緒にいられるのかも知れない・・・
淡い期待が胸の中に広がりました。
私に心配をかけないように、君はいつも気遣ってくれたね。

ギンちゃんは最後の最後まであきらめず、男らしく闘ってくれました。
本当にカッコ良かったよ、ギンちゃん。
甘えん坊でも、超ビビリのチキンハートでも、
あなたは永遠に私のヒーローです。

みんな元気

ギンちゃんが旅立って4週間が経ちました。
つい昨日のことのような・・・遠い昔のことのような・・・
鮮明な記憶が少しずつ途切れ、曖昧な部分が増えるにつれ
悲しみは過去のこととして、受け止められるようになるのかも知れません。

ちょっと変わったことと言えば、3ニャンとも少し甘えん坊になっているようです。
きっとこれはこれまでギンガが受け止めていた部分なのでしょうね。

P5077174_convert_20110507205256.jpg

今朝はペルに背中をトントンと叩かれて目覚めました(嬉)
ギンちゃん以外にこうやって起こされるのは初めてのこと。
ギンちゃんのようにご飯の催促ではありませんでしたが、
布団の中に入れてとのことでした(笑)
この半月、久しぶりに私の指をチュチュチュチュと吸うのも復活しているし、
ベッドでも一番近いところで寝ています。

P5037044_convert_20110507205114.jpg

もしかしたら一番寂しがっているのはモナちゃんよりも
プーコにも甘えられず、モナとも遊ぶだけでなかなか仲良く出来ないペルなのかも。
穏やかで心の広いギンちゃんだけが繊細なペルの良き理解者でした。

P5037019_convert_20110507205053.jpg

そう言えば不思議なことに、ギンガが居なくなってから
ペルは妙にビニールに興味を示すように。
ビニールフェチだったギンガの嗜好を何故か引き継いでいます。
大好きな優しいギンちゃんを、そうやって思い出しているのかも知れません。

P4186721_convert_20110508101516.jpg

プーちゃんは相変わらずのくっ付きっぷり。
ギンガに膝を取られない分、思いっきり独り占めして寛いでいます。
しばらくギンガに遠慮してたからなのか、ギンガの分まで甘えてくれているのか、
以前よりも身体を私に預けてよりいっそうの密着スタイル♪

P5037067_convert_20110507205156.jpg

モナちゃんと言えばすっかりプーちゃんっコになって

P5016989_convert_20110507205029.jpg

ギンちゃんに甘えていた時のようにプーコに寄り添っています(笑)
プーコもしっかりギンちゃんの代役を果たしてくれて、すっかり仲良し。

P5037054_convert_20110507205134.jpg

私にも、時々ですがグルグルと大音量で自ら甘えて来るように♡
ギンちゃんパワーのおかげで、だいぶ仲良くなれました。

ご心配をおかけしましたが、みんなでギンちゃんの居ない寂しさを
少しずつ埋め合いながらいつもの生活を取り戻しつつあります。
返信も出来ていませんが、たくさんの励ましのコメント心より感謝しています。
本当に本当に有り難うございました。

仲良しご飯

2011年3月27日
P3275524_convert_20110503105249.jpg

3月25日の朝、病院から帰った時には正直ギンガの復活はあきらめていましたが
日に日に食欲を増し、目つきがしっかりするようになって、
27日の朝にはいつものようにモナと一緒に仲良くご飯。
久しぶりにギンガにご飯の催促で起こされるという、嬉しいサプライズ付き♡

P3275527_convert_20110503110221.jpg

ひと足先にご飯を終えたギンちゃんはごちそうさまの毛繕い♪

P3275531_convert_20110503110247.jpg

ギンちゃんはとってもキレイ好きで白い毛の部分はいつもピカピカ。
ビックリするくらい、まっ白に保っていました。

P3275532_convert_20110503110308.jpg

ちょっと遅れてご飯が終わったモナはやっぱりギンちゃんのそばに直行(笑)

P3275534_convert_20110503110327.jpg

君は本当に、ギンちゃんのことが大好きだったね。

P3275536_convert_20110503110344.jpg

そしていつも兄ちゃんにキレイに毛繕いをしてもらっていました。
見慣れた光景だったけど、素敵な嬉しいご飯タイムだったね。

二つの選択肢

2011年3月24日
P3245303_convert_20110501151019.jpg

発病してからのギンガはすっかり甘えん坊になって、
いつも私に抱っこをせがむようになっていたので、同じような写真がいっぱいです。
24日のこの日も出勤前のお昼まではいつものように元気に甘えていました。
まさかこの夜にまた病院に行くことになるとは・・・。
一体どのくらいの時間ギンちゃんは苦しい身体で私を待っていたのでしょう。

2011年3月25日 12:07
P3255323_convert_20110501151048.jpg

25日の朝病院に迎えに行った時、先生からショッキングな話がありました。
もし今回ギンちゃんの傷口が塞がり助かったとしても、
すでに肝臓に転移して出来ているたくさんの腫瘍は次々に破裂し、
いたずらにギンガを苦しめることになると。
ならば、出来るだけ苦しませない方法を考えてあげるのも選択のひとつであると。

頭の中にある言葉が浮かびましたが、それはあまりにも恐ろしい選択で
しばらく言葉にすることが出来ませんでした。
何度も何度も声に出そうとしながら、なかなか出て来ない言葉をやっと絞り出すまで
先生は忍耐強く待ってくださいました。
「それは、安楽死ということでしょうか?」私の切れ切れの質問に
先生はお辛い選択でしょうが、お勧めしますと。
そして、もちろん自宅で最期の時を待つと言うのも
選択のひとつであると付け加えました。

2011年3月25日 12:50
P3255336_convert_20110501151159.jpg

最期の時とは・・・?
もしもギンガが今回と同じように苦しんでいるのをそのままにしていれば
それは最期の時になるのでしょうか?
私の質問に先生はそうなると思いますと答えました。
何度輸血をしても、傷口が塞がらなければ輸血の意味はなく、
苦しみを長引かせるだけだと。
すぐには決断できないでしょうから、考えておいてくださいと。
安楽死か自然死か。
すでにこの時、ギンちゃんにはもう治療と言う選択肢はありませんでした。

2011年3月25日 13:51
P3255343_convert_20110501151228.jpg

どちらが良いのか答えはすぐに出せるはずもなく、
二つの言葉を繰り返しながらギンガを見ている内に
気持ちがある方向に向かって行きました。
私の意志でギンガの命を止めるなんて・・・やっぱり出来ない。
それは一生懸命病気と闘っているギンガに対する裏切り行為です。
私も一緒に闘おう。

2011年3月25日 15:078
P3255355_convert_20110501151249.jpg

病院から帰ってすぐには辛そうな表情をしていて心配していましたが、
午後くらいからは食欲も復活して、もしかしたら大丈夫なんじゃないかと
ギンガの生命力の強さを感じていました。

2011年3月25日 17:04
P3255384_convert_20110501151603.jpg

そして夜、友人を迎える頃にはショボショボだった目も
すっかり開いて元気一杯のこの表情。
この顔を見ている内にダメかも知れないと言う不安よりも、
もう大丈夫と言う安堵の方が勝っていました。

ギンガはとっても怖がりで、家を一歩出るのも鳴き叫んで異常に怖がる猫でした。
そのストレスはもしかしたら、とても脆いと言うこのガンの
新たな腫瘍の破裂に繋がるかも知れない・・・。
そう思うと、たとえ安楽死のためでも病院までの移動は彼を怖がらせ、
更なる痛みを与えた上ギンガを不安の中で死なせるような気がして、
痛みを伴ってもみんながいて安心出来る家で最期を迎えるのがいいように思えました。
そして何よりもギンガは私の猫である前に、自然の生き物。
自然の命に可哀想だからと勝手にピリオドを打つのは命に対する
冒涜のような思いもあり、ギンガの生命力にかけよう・・・そう思うことに。

その後ギンちゃんはもうダメかもと思うところを
何度も何度も復活してくれました。
くじけそうになる私に、
「ほら、また元気になったよ。だからあきらめないでね」と言わんばかりに。


どちらを選択するのも飼い主の方の止むに止まれぬ選択です。
自然死を選んだ私にもこれで良かったのかは分かりません。
でもこの選択はギンガの心の声だったような気がしています。

ニャンズ

P7093328_convert_20101106185233.jpg

Puko プーコ ♀
1996年9月10日生まれ(推定)
生後2ヶ月頃、傷だらけで知人宅の庭先に現れたため保護され、
その日のうちに何故か我が家に。
人見知りだったが、今では
抱っこ大好きの甘えん坊さん。


P8314735_convert_20101106185035.jpg

Ginga ギンガ ♂
1998年6月10日生まれ(推定)
2011年4月10日
(12歳10ヵ月)空に還る。
初めてミルクから育て
私の腕の中で旅立った
我が家の初代王子。


IMG_9603_convert_20101107003551.jpg

Perla ペルラ ♀
2008年7月16日生まれ(推定)
生後2週間程度で、
人も入れないビルの隙間で
鳴いている所を近所の方が発見。 たまたまそこに通りかかり、
一緒にレスキュー隊を呼んだ事が縁で我が家の一員に。
まだまだ遊び盛りの、
マイペースなお嬢猫。


PB109091_convert_20101113232634.jpg

Monaca モナカ ♀
2010年8月20日生まれ(推定)
生後2ヶ月くらいで
近所の駐車場にて発見し保護。
3ニャンと
仲良くなれそうなので、
そのまま我が家のコに。
野良ちゃんだったせいで、
未だに怖がりさん。
早く馴れてくれないかなぁ~。

Cumin クミン ♂
2013年3月26日生まれ
麻布十番の譲度会で出逢う。
埼玉のWell Cat Home
タンタンよりやって来た
ギンガ以来の我が家の王子。
ただいまスクスク成長中♪

プロフィール

cona

Author:cona
necomamma改めました。
よろしくおねがいします。

最新記事

Flashカレンダー

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。