tanto tempo 4匹の猫との暮らし

Date : 2010年06月

4年後への夢

ため息に終わった夜・・・。

P6303123_convert_20100630105705.jpg
PK前。組んだ円陣が印象的でした。うう・・・涙

もちろん、W杯の話です。
夜中の対パラグアイ戦は、長い長い、そして心に残る素晴らしい試合でしたね。
本当に、本当に残念な結果になってしまったけれど、
日本のサッカーは、世界に通じるところまで来ていると、
思わせてもらえた試合であり、チームでした。

P6303118_convert_20100630105619.jpg
今回もプーちゃんは最後まで一緒に観戦。

これまでずっと、厚い雲に覆われて見えなかった山の頂きが、
雲が切れ、チラリと見えた様な気がします。
4年後がとても楽しみになりました。

P6303120_convert_20100630105642.jpg
延長前。まだ、寝ない? と誘いに来たギンガ。

チームのみなさん、本当にお疲れさまでした。
たくさんのパワーを頂きました。ありがとう!!

P6303135_convert_20100630105726.jpg
待ちくたびれて、階段までお出迎え。先に寝ちゃうよ~~とペルちゃんも。

4年後も、みんなそろって、また一緒に見ようね!
スポンサーサイト

朝の風景 夏仕様

P6293081_convert_20100629112816.jpg
おはよう、プーちゃん♪ 

P6293098_convert_20100629112957.jpg
先日以来ずっと、夜は寝室にプーコが帰って来ています。
熱帯夜になったという昨日の朝も今朝も目覚めると、暑くて広げた私の腕の中。

P6293093_convert_20100629125434.jpg
暑いな~と思いながらも、幸せなひととき♡

P6293092_convert_20100629112932.jpg
おはよう、ギンちゃん♪ 

P6293090_convert_20100629112906.jpg
ギンちゃんは、作り付けの棚の上の狭いスペースがお気に入り。

P6293105_convert_20100629125347.jpg
首、痛くない~? 窮屈そうなこのポーズもいつものこと。

P6293088_convert_20100629112841.jpg
おはよう、ペルちゃん♪ ペルのお気に入りは、ベッドサイドの黄色い椅子

P6293102_convert_20100629113036.jpg
今日はちょっと大人の表情だね♪

P6293086_convert_20100629125411.jpg
でも昨日の朝は、私が寝ている間にこっそりジュジュジュジュと、
指を吸っていたの、知っているよ~~(笑)

耳掃除

P6283067_convert_20100628100652.jpg
この暑さで蒸れているのか、スポッと奥までよく見えるプーコの耳に少し汚れが

P6283073_convert_20100628100739.jpg
綿棒で、そうっと拭いてキレイにしようね。

P6273031_convert_20100628100621.jpg
ついでにギンちゃんも・・・

P6283069_convert_20100628100716.jpg
耳毛がワサワサで、中が見えずに大変でした(笑)

P6082364_convert_20100628101352.jpg
ペルはとってもキレイだったので、今回はパス。まだ若いからかな♪

P6152588_convert_20100628101422.jpg
何もしないから、ゆっくりおやすみ♡

癒しの名前

98年7月17日 全体に毛がフワフワと長めで可愛かったなぁ♡
G980717_convert_20100627123340.jpg

プーコの名前もハチの名前も、会社に連れて行っているという遠慮からか、
前の社長サンに決められたままにしてしまったので、
早い時期に一緒に暮らす事に決めたギンちゃんの名前だけは自分で付けたくて、
私が考えた名前。第一印象でグレーの毛の色が美しかったので、
銀の一文字はすぐに決めたのですが、銀次、銀蔵、銀、銀・・・と考えている内に、
好きな漢字の一つである雅(みやび)を付けて、銀雅としました。

98年9月13日 名前って不思議ですね。
呼んでいる内にもう他の名前には
変えられなくなって来ます。
g980913_convert_20100620174843.jpg

けれど、実は「が」と言う発音がキーポイントだったのかも。
と言うのも田舎の方言の語尾には、何かとこの「が」と言う音が入るんです。
東京に来て方言を使うことは無くなり、今は不便も感じていませんが、
この語尾につく「が」の発音は私にとって、
とても耳にやさしい懐かしい音♪ と、今更気づいたんです(笑)

13回目の6月26日

今日はギンちゃんに出会った記念日
色々な事があったはずなのに、なんだか、あっと言う間の12年でした。

98年6月27日 ウチに来た翌日
IMG_7619_convert_20100621003439.jpg
あまりの小ささにドキドキしながら育児スタート。
ミルクを上手に飲ませてあげられなくて、顔の回りはこぼれたミルクでグッショリ。
飲み終わると風邪を引かせないように顔の回りを拭くのが日課に。

98年6月28日 
g980828_convert_20100620122731.jpg
折れそうなほど細く、頼りなげだった手脚。
でも、ご飯の催促の鳴き声は一人前だったような・・・。ギンガ時計の始まり(笑)

98年7月2日 
IMG_7621_convert_20100620173115.jpg
夜中にトイレに起きた私の後にくっ付いて来たギンガを、
気づかないまま閉じ込めた事数回。
朝起きてギンガの姿がないので探し回ると、トイレでスヤスヤ眠っていました。
お風呂に入っている時は風呂ブタの上、キッチンにいる時は冷蔵庫の上など、
どこに行くにも、ず~~~~っと、くっ付いて歩いていた愛すべきマザコン王子。

98年7月11日 
IMG_7626_convert_20100620174720.jpg
大きなプーちゃんに対しても、初めから怖がりませんでした。
友人はもちろん、宅配便のお兄さんまで、誰が来ても必ず玄関までお出迎えします。
玄関のチャイムが鳴ると、走る二匹。プーコは隠れるため、ギンガはお出迎え。
タンゴや、ペルに初めて会った時も同様。誰にでもフレンドリー♡

98年8月23日 2ヶ月遊び盛りの頃
g980823_convert_20100610024026.jpg
この頃のギンガのお気に入りの遊びは、オモチャのネズミ。
投げるとくわえて持って来て、どれだけ繰り返しても飽きる事無く、続けていました。
私が届かないよ~と言ってネズミを投げないと、私が動かなくても届く位置まで、
チョイチョイと手で押して、近づけてくれたお利口さん。 

pg001_convert_20100621005721.jpg
日付を入れてなかったので、いつの写真かは不明ですが、多分10年くらい前。
気が付いた時には、いつのまにかプーコの大きさを越え、
みんな大きいね~と驚かれる巨大?猫に。

あの日ギンガにめぐり会えた、奇跡のような偶然と、
今日まで元気で一緒に過ごせた幸運に、感謝を!

日本の底力

P6252828_convert_20100625105502.jpg
今日は久しぶりに朝焼けを見ました。もちろん、日本×デンマーク戦を観ていたから。
素晴らしい試合に元気をもらったので、本日2本目の記事をup。
ハーフタイムで窓の外をみると、知らぬ間に外が明るくなってキレイなバラ色♪
ギンガとペルの姿が無いので2階に上がると、2匹ともベッドルームで待機してました。

P6252836_convert_20100625114403.jpg
ギンガは、まだ寝ないの?と言わんばかりのこの表情。
ごめんね、まだ眠るわけにはいかないんだよ。

P6252837_convert_20100625105550.jpg
ペルはすっかり寛いでいつもの穏やかな表情。良かった~~。
怖かった事は、早く忘れるに限るね。

P6252847_convert_20100625105648.jpg
キャ~~~~~~!!! 歓喜の瞬間!!!
先日のオランダ戦を観戦以来、行けるかなとは思っていましたが、
やってくれましたね! 本当に素晴らしい試合でした。
本田選手と遠藤選手のゴールは鳥肌モノ。眠気が吹っ飛びました。
4年に一度のにわかサッカーファンなので、ルールもイマイチ良く分からないのですが、
今年のチームは気迫が違う気がします。何より試合が面白い。
個人的には、安心感のあるトゥーリオの守りに胸キュン♡
もちろん、本田選手のシュートも、大久保選手や松井選手の動きにも心踊り、
どの選手もよく動くし、目に力が漲ってる・・・カッコイイ!!
期待が持てますね♪ どこまで行けるかな・・・楽しみだなぁ! 

もう一チーム応援していた前回の王者イタリアは・・・
残念な攻撃、残念な守り、残念な試合。
最後10分の動きが最初から出来ていれば・・・あ~あ。
フランスも負けちゃったし、何が起こるか分かりませんね。
頑張れ~~~~~日本!!

P6252843_convert_20100625105611.jpg
プーちゃんは朝までずっ~と、観戦のお供。
つき合ってくれたおかげで、不意に襲って来る眠気と戦えました。
プーコ、いつもありがとうね~~♡

首輪やめました

P6242809_convert_20100625105416.jpgP6222787_convert_20100625010734.jpg
まさか、これだけジャストサイズの首輪が・・・

昨日の夜中、ワールドカップのイタリア×スロバキア戦のちょうどハーフタイムに、
2階で寝ていたはずの、ペルの唸る様な声が聞こえました。
何だろう?と、2階に上がるとよく見えないながらも、ペルの様子が明らかに違います。
逃げようとしているペルを素早く抱き上げると、
首輪がずれて、まるで猿ぐつわのようにガッチリ口に挟まっていました。
切るしかない。
今回は原因も症状も見たままだったので、思ったより慌てずに済みました。

パニックになって暴れているペルは低い声で唸り、もの凄い力で爪を立て、
めちゃくちゃ痛かったけれど、ここで離してしまったら、首輪を食い込ませたまま
逃げ回り更にペルに痛い思いをさせてしまうと、夢中で押さえつけていました。
抱きかかえ一階に行き、チェストに仕舞ってあるハサミで断ち切り、無事解決。

P6252826_convert_20100625105439.jpg
ペルはしばらくは興奮して、毛を逆立て怒っていましたが、
その後落ち着いたところを抱き上げると、怪我はしなかったみたい。

ともかく、ペルが無事で本当に良かった。(涙)
実はずっと使っていた首輪が壊れて危なかったので、しばらく外していました。
やっと修理したので、3日ほど前に付けたばかりだったのですが、
久しぶりだったのに嫌がりもしなかったので、大丈夫だと思っていたのに、
きっと、毛繕いでもしている時に気になって大きく口を開け、
取ろうとしたのでしょう。
指一本入るくらいの、ちょうどいいサイズに付けていたんですが。

P6252854_convert_20100625105713.jpg
5年くらい前から付けていたギンガ達のネームタグは、裏に電話番号が入り
迷子札になってます(ま、途中で番号変えたから意味ないんですけど)が、
ギンガは2年くらい前に嫌がるようになったので、
外して今では私の携帯ストラップに。
プーコのも追加しようかな。

切れているのが、ペルが付けていた首輪。
本当はバングルなんだけど、知り合いのスタイリストさんから、ペルちゃんにと頂き、
ずっとにしていたエルマンノ シェルヴィーノ(
ERMANNO SCERVINO)のもの。
ステキで気に入ってたんだけどな。ごめんなさい。こんな事に。


あまりにも怖かったので、プーコもギンガも首輪を外す事にしました。
2匹はもう十年以上付けているので、大丈夫だとは思いますが、
今回みたいな事が、もし留守中にあったら・・・と思うと恐ろしすぎる。
リスクを冒す理由はありませんものね。
しかし、重なる時って重なるんだなぁ・・・今月はトラブル続き。
しかも、全て私の不注意から。あ~あ、油断大敵とはこのこと。
ペルに引っ掻かれた傷は、残るだろうなぁ。
でもこれは、忘れないためにペルがくれたメッセージだと思って、
大事にしようと思います。大切な、大切な命を預かっているんですから。

しかし・・・プーコとギンガは首輪を外した首元が慣れないな。なんか野良っぽい。
何かあるとすぐ外れるタイプなら、してもいいのかなぁ(笑)

変わらない、という幸せ

2009年6月20日
IMG_5914_convert_20100624085531.jpg
去年のほぼ同じ時期・・・プーコも

2009年6月21日
IMG_5916_convert_20100624085556.jpg
ギンガも

2009年6月24日
IMG_5920_convert_20100624085614.jpg
ペルラも、みんなまるで今日撮った写真のよう。

来年も、再来年も10年後も・・・同じ写真が撮れますように♡

今も大好きな、ナナ

私が子供の頃から実家にはいつも犬がいました。
ミクが来る前には、13歳まで生きた雑種のメスのナナちゃんが。
ナナの前にいた四国犬のリュウが交通事故で亡くなった後、
GWの頃に高知市で行われた里親会に家族が参加、母が気に入り頂いて来たとの事。
プーコと同じ1996年の3月18日生まれでした。

2005年12月2日 9歳
nana_3069_convert_20100623012637.jpg

実家には年に1、2回しか帰らないので、
初めて会った時にはもうすっかり大きくなっていて、既に20キロ超え。
そこまで大きな犬と触れ合うのは初めてだったので、
本当はちょっと怖かったけれど、ナナちゃん、と声をかけて手を差し出すと、
いきなり手首をガブリ。思わず引っ込めたくなった手を、グッと我慢。
ナナを信じてそのままにしておくと、
まるで握手のようにそっと挟み込んだだけで、離してくれました。

2007年9月15日 11歳 
散歩に行く前は、この笑顔♪
IMG_2040_convert_20100623012722.jpg

以来私が帰ると、シッポどころかおしりを大きく降って熱烈歓迎♡
いつもとびっきりの笑顔で迎えてくれました。
眠れない夜は、ナナとガールズトーク。色んな話しをしたね。

年に数回しか会わなかったのに、家族は同じような匂いがするのでしょうか、
父曰く、人が来るといつも必ず吠えるのに、私と兄にだけは吠えなかったそう。

2007年9月15日 11歳 
ナナに導かれるまま裏山へ登ったと思ったら、疲れたらしく15分で終了。
まるで違う犬のような変わりっぷり。
元気に見えても、もう、
おばあちゃんだったんだね。
IMG_2043_convert_20100623012751.jpg

ナナの食欲が落ちて弱って来ていると聞いたのは去年のGWの後。
その時はまさか、すぐに命にかかわる程だとは思っていませんでした。
ちょうど7月の頭に帰るようにしていたので、ナナの最期に間に合うと思っていたのに。
去年の6月12日、金曜日の夜7時過ぎ、家族に見守られながら旅立ったそうです。
かなりの高齢だったので、大がかりな検査が出来る程の体力が残っておらず、
ハッキリした原因は、分からなかったそうですが、
老衰とも言える程の長生きだったよう・・・よく頑張ったね、ナナちゃん。
そして、弱ったナナを励ましながらずっと看病してくれた、
お姉ちゃん、お父さん、お母さん、本当にありがとうございました。

2008年7月6日 12歳 最後に会ったとき。裏山に一緒にお散歩に行きました。
IMG_3209_convert_20100623012836.jpg

離れて暮らしているせいか、今もまだ実家に帰ると会える様な気がして、
ナナがこの世にいないことを、すぐ忘れてしまいます。
先日の一周忌も、気が付いたらすっかり過ぎていました。
あれからもう、一年経ったんだね。最期に間に合わなくてごめんね。
でも、最近になって思うのはナナが私を待っていてくれなかったのは、
痩せて衰えた姿を見せたくなかったんじゃないかと、そんな気がしています。
ナナの配慮のおかげで私の記憶にあるのはいつも笑っていた元気いっぱいのナナ。
ナナちゃん、ありがとう。
本当にいつも笑顔だったもんね。みんなに愛されてきっと幸せだったね。

いつか、またお空で会おうね。待っててね。
待ち切れなかったら、もう一度、生まれ変わって戻って来るんだよ。
本当に、本当に、大好きだったよ~~~。

ギンガの暑さ対策

P6152581_convert_20100622121909.jpg
毎日蒸し暑いですね 我が家ではまだ冷房を入れていないので、

P6222765_convert_20100622121546.jpg
一番モッフモフのギンちゃんは、ひと足お先に暑さ対策。

P6222769_convert_20100622121612.jpg
お昼寝は、床に決めたよう。

P6222795_convert_20100622121846.jpg
フローリングが冷んやりと気持ちいいんだね♪

うら若き頃の、ポートレート

1999年 プーコ2歳、ギンガ1歳?
PG02_convert_20100621122233.jpg
ハッキリした時期は分かりませんが、首輪から察するところ、11年前のよう。
ずっと首輪を付けていなかったギンちゃんに買った初めての首輪です。
視線の先は窓の外。何を見ていたんだろう。
並んで同じ所を見ている姿が美しくて、大好きな一枚♡
2ニャンの表情も、若々しい気がします。
立ち位置が少し前とは言え・・・ギンちゃんやっぱり大きいなぁ♪

ラッコ寝

P6192675_convert_20100620111441.jpg
一見気持ち良さそうに、久しぶりにヘソ天で寝ているプーちゃんですが、

P6192670_convert_20100620110355.jpg
昔のヘソ天に比べると、なんだか、リラックス度が足りない感じ。

P6192674_convert_20100620110418.jpg
まるで腹筋を鍛えているような、頭が上がったスタイル。

P6192672_convert_20100620110140.jpg
ラッコみたいだね~♪(笑)

久しぶりの犠牲者

昨日の朝のこと・・・

P6182654_convert_20100619101327.jpg
ペルが気持ち良さそうに寝ていたのでカメラを向けると

P6182656_convert_20100619101351.jpg
急に顔を隠されちゃいましたが、何か後ろ暗い事でも??
あっ、そう言えばちょっと前に、バスルームから派手な音がしてたよね

P6192661_convert_20100619101415.jpg
ガ~~~~ン! とうとう割っちゃいましたか、ペルちゃ~~ん!
数年前友達とバリ島に行った時に買って、石けん置として愛用していた石のお皿。
過去に何回か落とされ既にフチは欠けていたんですが、今回とうとうご臨終

P6152574_convert_20100619101245.jpg
来月で2歳。人間で言うと大学生くらいなんだけど、相変わらずのやんちゃぶりです。
ま、ペルに怪我は無かった様なので何よりとしますか。

猫と暮らすと言うのは、赤ちゃんと暮らすのと同じ様なもの。
割れ物を置いておいた方が悪いんだよね・・・。あぁ残念!

へそ天

P6172643_convert_20100618101312.jpg
梅雨に入ったと思ったのに、以外と雨が降りませんね。
毎日蒸し暑いので、ギンガも寝苦しいらしい・・・

P6172647_convert_20100618101234.jpg
あ、あづい・・・

P6172646_convert_20100618101202.jpg
珍しくヘソ天になってます。
キュッと縮んだ脚とは対照的に伸ばした前脚がポイント♡

98年7月19日 こちらはちびっコの時の、ヘソ天。
g98_convert_20100618101353.jpg
何故か満面の笑顔でのシェ~~~~~(笑)

ひまわり、ひまわり

今年もたくさんのひまわりが花屋に並ぶ季節になりましたね♪

P6172631_convert_20100617103511.jpg
ひまわりは大好きな花。
鮮やかな黄色と、太陽に向かってシャンと真っすぐに背筋を伸ばしている
立ち姿を見ていると、なんだか元気が湧いて来ます。

P6172632_convert_20100617103620.jpg
渋谷の青山フラワーマーケット
八重ひまわりなども含め、よりどり5本で892円でした。安っ 

P6172633_convert_20100617103537.jpg
と言うことで、今日の主役はひまわり~~~♪

IMG_6242_convert_20100617104130.jpg
こちらは去年の8月、姉と行った北海道旅行での一枚。
富良野を車で走っている時、山の斜面の一角が黄色く色付いているのを見つけて
近寄ってみると・・・一面のひまわり! キレイだったなぁ~♡ 

出張、角煮ランチ♪

先週の土曜日は安いお肉が手に入ったので、朝から角煮をコトコト煮ていました。

P6142563_convert_20100614103542.jpg

色々な作り方やレシピがありますが、
このレシピで作ったものを友人に褒められたので、以来ずっとこれ(笑)
脂身が苦手なので、自分でも食べられるように脂をかなり落として作っています。
冷凍も出来るのでたくさん作って、急なお客様の時に重宝しています♪

材料
豚バラかたまり肉 1キロ
醤油、酒(または泡盛) 各大さじ5
はちみつ(または砂糖) 大さじ4
しょうが 1カケ
白ネギの葉の部分 1本
昆布 1枚(15センチほど)

下ごしらえ
豚肉はあらかじめ冷蔵庫から出して室温にしておきます。
豚肉を5センチ角程度に切り醤油と酒を合わせたものに15分ほどつけ込みます。

焼き
IMG_9349_convert_20100614103645.jpg
下味を付けた豚肉を薄く油をひいた鉄のフライパンで、
六面とも(出て来た脂は捨てながら)こんがり焼いて旨味は中へ脂は外へ。

煮込み
IMG_9352_convert_20100614103712.jpg
焼き上がった豚肉と余ったつけ汁(醤油、酒)を鍋に入れ、
スライスしたショウガ、ネギ、昆布と、ついでに味がしみると美味しい
ゆで玉子も投入し、肉がかぶる程度まで水を加え、煮立てます。
沸騰したら灰汁と脂を取り、弱火にしてはちみつを加え、2時間程煮込みます。
火を止め、冷めるのを待って鍋ごと冷蔵庫で一晩寝かせ、
翌日、白く固まっている脂、昆布、ネギを取り除き、
再び火にかけ、中火で好みの味の濃さまで煮詰めたら出来上がり~♪

翌日曜日、スープが冷め切らない距離に引っ越して来たNobcorinaちゃんの新居に、
お宅訪問がてらランチをケータリングして来ました

Nobcorinaちゃんと出会ったのは8年前のボローニャ。
プーコとギンガを実家に預け、仕事を休み、
北イタリアを3ヶ月ほど放浪していた、我が人生最大のバカンスでのこと。
帰国間際に立ち寄ったボローニャの教会の売店でお土産を買っていたら
(客は2人だけだった)昼休みの時間だからと一緒に閉め出されたのが縁で→
二人でランチに行き、彼女に街を案内してもらい→数日後、ヴェネツィアで再会し・・・
気が付けばもうすぐ8年。長い付き合いになりました。

IMG_9550_convert_20100614103737.jpg
今回のメニューは
そうめん(角煮&煮玉子、炙った油揚げ、キュウリ)
 赤く丸いのは、今回初めてお会いした、Nobcorinaちゃんのご主人が
 あしらってくれた、プチトマト。梅干しじゃありませんよ~(笑)
アスパラとエビのガーリックソテー入りサラダ(フルーツトマト、ベビーリーフ)
おにぎり2種(ほぐし鮭とゴマの混ぜご飯、母の手作り梅干し+じゃこ)

乾杯用には、思い出の地イタリアの、ベッリーニ(bellini canella)を。
白桃をスプマンテ(イタリアの発砲ワイン)で割った
甘~くフルーティな、ヴェネツィアハリーズ・バー発祥のカクテル。
本家ハリーズ・バーで飲んだ時には、あまりに美味しくて舞い上がり、
おつりを忘れて置いて来てしまったけれど・・・canella社のボトルでも十分幸せの味♡

IMG_9567_convert_20100614103944.jpg
去年の2月、私がイタリア旅行に行っている間
(しかも、ボローニャのそばのパルマにいる頃)に産まれた、丸ちゃん!
なんだか、不思議な縁を感じるなぁ。
初めは恥ずかしがっていたけれど、帰る頃にはすっかり懐いて
一緒に遊んでくれました。可愛かったなぁ♡
鮭とゴマのおにぎりも、上手に持っていっぱい食べてくれました
みんなで食べるとご飯も美味しいし、楽しい日曜日になりました。
Nobcorinaちゃんありがとう! 丸ちゃん、また遊ぼうね~♪

遠き日のバトル

ワールドカップで昨日、日本は初勝利をおさめましたね。祝!日本
ということで、今日は我が家での記念すべきバトルの記録を。

98年7月4日
G980704_convert_20100601215651.jpg
初めてのプーコとのバトル。大きなプーコ相手に必死の姿が可愛かったなぁ♡

98年7月11日
PG98071102_convert_20100615112903.jpg
PG98071101_convert_20100615112843.jpg
PG98071104_convert_20100615112927.jpg
ギンガのどんな攻撃にも決して怒らず、抱え込み~で、やさしくリード。

98年7月17日
pg98071700_convert_20100615112016.jpg
pg980717_convert_20100615111953.jpg
pg98071702_convert_20100615112054.jpg
pg98071701_convert_20100615112034.jpg
毎日小さなギンちゃん相手に、手加減しつつも、
やさしく取っ組み合いのルールを教えてくれたプーちゃん。
ギンガが優しいコに育ってくれたのは、こうして毎日お母さんのように
面倒をみてくれたプーちゃんがいたからでしょう。
ありがとうね、プーちゃん♡ しかし、ギンちゃん本当に小さいなぁ(笑)

とうとう梅雨入り

P6092439_convert_20100614120826.jpg

雨ですね・・・
例年より6日遅れだそうですが、関東地方もとうとう梅雨入りしましたね。

P6102519_convert_20100614120848.jpg

これからひと月以上も雨の日が続くと思うと、ちょっぴり憂うつですが、

P6112534_convert_20100611110250.jpg

家の中はいつもと変わらず。3ニャンともゆったりと寛いでいます♪
外にはでないし、関係ないかなぁ(笑)
さ、ニャンズを見習って今日も元気に頑張ろ~っと。

犬と猫と庭先の花

先日の連休での高知に帰るお楽しみの一つは、
実家にいるニャンコとワンコ♡

P4300773_convert_20100527114050.jpg
元気いっぱいのミクちゃんは、名前を呼ぶと顔まで駆け上がってくるので、
お寝むになったところで、やっとシャッターが切れました。

P4300827_convert_20100527114117.jpg
ペルよりお姉ちゃんなのに、顔が丸いせいかまだ仔猫の様な愛らしいクゥちゃんは、
サイズも3キロ未満の小さなニャンコ。

P5010925_convert_20100527114247.jpg
ハチも元気で嬉しいな~

P5010929_convert_20100527114312.jpg
半年前に会った時とは別猫?の様に毛がスッキリ夏仕様に。
ウチの3ニャンはあまり変わらないから、その違いにちょっとビックリ。

P5010948_convert_20100527114418.jpg
今回は、兄一家も熊本より里帰り。去年の年末、姪っ子への誕生日プレゼントで、
家族の仲間入りしたと言う、アメリカンショートヘアのバニラ♂
初めての場所にテーブルの下などに隠れていましたが、
しばらくするとすっかり落ち着きを取り戻し、かわいい顔を見せてくれました

P5020958_convert_20100527114502.jpg
翌朝は、リードを付けて興味深そうに、時間をかけて庭をお散歩。

P5020953_convert_20100527114442.jpg
玄関先のバラも

P5020959_convert_20100527114528.jpg
オオデマリもキレイに咲いて、
田舎にいるときは当たり前だったけど、庭があるっていいなぁ~♡

捨てられないもの

我が家のベランダにはトロピカルなムード満点で
ベランダに木陰が出来たら素敵だなぁ♡と思って数年前に買った椰子の木、
フェニックス・ロベリニー
があります。

P6062286_convert_20100612130605.jpg
ペルはこの場所もお気に入り。しかし、すごい格好! バターになっちゃうよ(笑)

P6062292_convert_20100612130432.jpg
お日様の光をたっぷりあびて昼寝したり、爪を研いだり、登ったり・・・

P6062291_convert_20100612130346.jpg
実はとっくに枯らして葉もないんですけど、大きいし処分に困っていたら、
意外な利用法で大活躍。ますます捨てられなくなっています(笑)

両手に花

P5282019_convert_20100603090701.jpg
今朝、ギンガの鳴き声で目覚めると、
身体にピッタリとくっついているホッカホカの毛玉が二つ。


P5282026_convert_20100611111448.jpg
左側にはプーコ

P5131360_convert_20100611110353.jpg
右側には、ペルラが♡

P5221645_convert_20100611110445.jpg
抜歯騒ぎ以来久しぶりに、プーちゃんが一緒に寝てくれていました~~
さては、昨日の夜ギンガの誕生日祝いで食べさせた甘エビが効いたかなぁ(笑)

Happy Birthday Ginga♡

P6102459_convert_20100610105247.jpg
今日でギンガ、12歳になりました~~♪ おめでとう、ギンちゃん♡

1998年6月27日 ウチに来た当初は寝てばかり・・・本当に小さかったね。
IMG_7618_convert_20100610115135.jpg

元野良ちゃんなので、本当の誕生日はわかりませんが、
ウチに来た26日に300gしかなかったことや、ほとんど歩けなかったこと、
うつろな目でまだ目が開いたばかりらしかったこと、
ハチの写真(ハチは生まれた日からの成長記録の写真があったので)を参考にして、
生後2~3週間だろうという推測のもと、
憶えやすい6月10日(私の誕生日が1月6日なもので)を誕生日に決めました

P6102525_convert_20100610105659.jpg

先週ヒヤッとする出来事はあったけれど、
幸運にもこの12年間、一度も病気をすることなくいつも元気でそばにいてくれました。
手のひらサイズだったギンちゃんが、まさかここまで大きくなるとは。

1998年7月2日 離乳の頃。顔が急にしっかりして、日々の成長の早さにビックリ。

G980702_convert_20100601215509.jpg

まだ名前も決めてなかった時、あんまり小さいのでおチビさんと呼んでいました。
つい昨日のことのように憶えているのに、あれからずいぶん経っちゃったね。

ギンガの大きな身体の中身は、私が与えたもので出来ていると思うと、
産んでもいないのに、ギンガの命そのものを作り出したような・・・
不思議な錯覚をおぼえます。ずっしりした重みには全部、愛を詰めてあるんだよ♡

1998年9月5日 3ヶ月。あどけない表情がカワイイ
g980905_convert_20100610024047.jpg

親と言うものはきっと、現在の姿を透かして、何年もの月日を見られるのでしょう。
産まれた瞬間(いや、産まれる前)から、ミルクを与える赤ちゃんの時期、
やがて歩き出し、学校へ入り、大人になり、独り立ちをして・・・
それでもまだ子供扱いをするのは、まるで年輪のようにそれぞれの時期の姿を重ねて
一緒に見えるんだろうなぁ、と気づいたのは、ギンガを育ててから。
こんなに大きくなったのに、私の中にもいつも、
ミルクを上手に飲めなかった頃や、
遊びに夢中になっている頃のギンガの姿があります。

1999年9月13日 まだ1歳。スリムだったなぁ~。
g990913_convert_20100610024111.jpg

大事なことをいっぱい教えてもらいました。ありがとう、ギンちゃん。
これからも元気で、長生きしてね。ず~~~と、ず~~~~~~と、一緒だからね♡

2008年6月8日 
IMG_3078_convert_20100610024135.jpg
10歳の節目の2年前には、
ギンガを小さい時から知っている友人を招いてパーティーをしました。
もちろんこの時も特別席を用意して、ギンちゃんも参加。
楽しいひとときをありがとう。ギンガは今日も元気です。

今夜は家族水入らずでお祝いしようね。
ギンガの好きなものを買って来るから、夜までいいコで待っててね♪
愛してるよ~~~♡♡♡

ついに、一件落着!?

昨日の夜もウチに帰ると、相変わらずプーコのトイレはキレイなまま。
まさか、部屋のどこか別の所で? 
と、まるで犬のようにアチコチ匂いをかぎ回りましたが、
取り越し苦労だったよう。(たぶん)

今朝起きて確かめると、プーコのトイレにはたっぷりのオシ○コ!
ちょっと我慢はしてたみたいだけど、ちゃんとトイレでしてくれました。ホッ

そして先ほど・・・プーコが二階に上がって行くのを付いて行ってみると

P6092403_convert_20100609102947.jpg
やった~~~~~~!! 衝撃のキッチンでのウ○チ以来一日半ぶりに、
プーコがちゃんとトイレを使ってくれました
しかも、大量! これも我慢してたでしょ? ともかく、これでもう大丈夫かな。

P6092425_convert_20100609103010.jpg
おしりから脚の先まで丁寧に、いつもの通りのキレイ好きも健在。

P6092427_convert_20100609103032.jpg
あとは、一緒に寝てくれればいつも通りだね。 待ってるよ~♡

一方ギンちゃんは・・・
抜歯の化膿止め抗生物質を、一日半錠飲ませないといけないのですが、
初日、大好きなエビの中に入れて試したところ、気付かれ失敗。
いつも食べているレトルトの魚の身でおにぎりのように包んでみても、やはりダメ。
色々試しましたが、どうやっても食べてくれませんでした。
そこで仕方なく、実力行使。
口を開けさせ、喉の奥にクスリを投げ込み、飲み込むまで口を塞いでいました。
成功率は30パーセント程度。一度失敗すれば、嫌がり更に下がる成功率

P6092401_convert_20100609102921.jpg
一昨日、あんまり嫌がるのを何度も押さえつけるのも可哀想で、
ダメもとでカリカリの中に錠剤を入れ、好きな鰹節のふりかけをかけてみました。
え、食べた!? 食後お皿には錠剤はなく、ごはんと一緒に食べたらしい。
クスリの匂いで嫌がっていたんではなく、私の気配で食べなかったってこと?

P6072345_convert_20100609121546.jpg
鋭いんだか、鈍いんだか分かりませんが、一番簡単な方法でOKでした。
昨日の夜も同じ方法であっさりクリア。
なんだ、これで良かったんだ~~ やった~~~!
ペルとの距離もだいぶまた縮まったし、これにて一件落着!?
だといいなぁ♡

あと、もう少し?

P6082355_convert_20100608113202.jpg
今朝もひとり下で寝ていたプーちゃんですが、
私が起きて、ソファーに座ると隣に座ってくれました。

P6082357_convert_20100608113243.jpg
グルグルグル~~~。機嫌はだいぶ、いいみたい

P6082362_convert_20100608113814.jpg
ギンガ時計も約一週間ぶりに作動(笑)ギンガはもう大丈夫だね。

P6082367_convert_20100608113840.jpg
今朝もペルは相変わらず私のそばで寝ていましたが、指しゃぶりはなし。

P6082384_convert_20100608113306.jpg
3ニャンそれぞれのペースで、ゆっくり日常に戻っているよう。
あと、もう少しだね。

一難去ってまた一難

今度はプーコを連れて、今朝もまた動物病院へ行って来ました 

P6072318_convert_20100607114239.jpg
神経質な程キレイ好きで、誰かの使った後のトイレを使わないプーコはひとりで二つ、
オシ○コ、ウ○チは別の自分専用のトイレを使っています。


あれ?っと最初に思ったのは金曜日の夜、ギンちゃん達のトイレ掃除をしていた時。
プーコのトイレは二つともキレイなままでした。
ただ、ギンちゃん達のトイレがキレイな場合は
そちらを使うこともあるので、まだあまり気にはしてませんでした。
翌土曜日の朝も、夜もプーコのトイレはキレイなまま。おかしい!?
そういえば、いつも私と一緒に寝るのに、この2、3日は下でひとりで寝ているし。
ペルが私に甘えてくっ付いているから、たぶん嫌なのでしょう。
もしや、ストレス?

日曜日はギンガ達に悪いと思いながらも、本当にトイレを使ってないか確かめるため、
あえてギンちゃん達のトイレ掃除はしないでプーコの様子を見ていました。
夜、プーコのトイレは二つともやはりキレイなまま。
これで少なくても丸一日は、トイレを使っていないことが判明。はぁ

P6072330_convert_20100607114135.jpg
ウチに帰るとリラックスムードで、
ストレスを溜めてるようには見えないんだけど・・・


夜中2時過ぎ、プーコが2階に来てウ○チ用トイレに入り、少量ながらウ○チを。
良かった、ウ○チは出来るんだと思い、ウ○チを片付けると、
もう一度トイレに入って力むプーちゃん。そこに、ちょっかいを出すペル。
イヤになったプーコはあきらめたのか、トイレを出て一階に。
心配になって付いていくと、いつもご飯を置いてあるキッチンの隅で、
なんと力んでいるではありませんか! え~、まさかそこで! ガーン 
でもこれは、プーちゃんの意思表示なんでしょうね。
ウ○チを片付けて、プーちゃんを見ると知らん顔で、ソファーでふて寝。
オシ○コも出ないというより、気に入らなくて我慢しているんだとは思うけれど、
もし本当に病気でオシ○コが出ないんだったら大変なので、
朝までにしていないなら、即病院。と決めていました。

P6072339_convert_20100607114026.jpg
猫がこんなに感受性が強い生き物だったなんて・・・人間と同じなんだなぁ。


と言う訳でワゥォ~ン、ワゥォ~ンと鳴き叫ぶプーコをキャリーバッグに入れて病院に。
待合室でもず~~~と鳴きっぱなし。

しばらくして・・・
ん? この匂いは? と思ったら、なんとここに来て限界だったらしく、オシ○コ!
えっ、今?と思いながらも、オシッコが出来たことにひとまず安心。
受付のお姉さんに伝えると、キャリーを貸して下さることになり、
まだ診察の始まってない診察室をお借りして、プーちゃんを新しいキャリーに移動。

更に30分ほど待ってやっと診察室に。まず触診では問題なし。
念のため超音波でも診て下さったけれど、結石も溜まっておらずキレイとのこと。
最近急な変化がありましたか? 原因はストレスでしょう。との診断でした。
このまま我慢が続くと膀胱炎になる恐れがあるので、注意して下さいとも。

P6072332_convert_20100607114105.jpg
見慣れないキャリーに、何コレ? 興味津々。

思い当たるのはただ一つ。ギンちゃんの件。
ギンガの抜歯騒ぎでのみんなのイライラムード+
私の気持ちもギンガに向かっていたのでそれに対するジェラシー+
いつもより私に甘えているペルにも。
出来るだけ平等にと心がけているんですが、プーちゃん的には違ってたみたい。
ごめんね・・・。

少しでもプーちゃんのストレスを軽減したくて、
ペルを事務所に連れて行こうと、リードを付けましたが、
珍しく怒り、シャーの連発をされて、断念。
そうだね、ペルだってまだいつも通りではないんだもんね。トホホホ

夜9時、仕事から帰って恐る恐るトイレをみると、
ちゃんとトイレでオシ○コ出来てました。 良かった~~
このまま機嫌を直してくれるといいんだけど。
しばらくは要注意。出来るだけ3ニャンと一緒にいようと思います。

まだまだ子供

今朝のこと、胸の前でムリムリッと身体を押し付けてくる1ニャン。
誰かと思ったら・・・

P6062265_convert_20100606115827.jpg
やはり、未だ兄ちゃんに甘えられないでいるペルちゃんでした。
ギンガにシャーと空気砲を打つのは止めて、並んで歩くまでには復活しているけど、
まだ甘え辛いのかしら? ギンガは気にしてないと思うけどね。

ジュジュジュジュ、ジュジュジュジュ・・・
P6062272_convert_20100606120350.jpg
当然、指しゃぶりも甘えコースに入っています(笑)

P6062279_convert_20100606120210.jpg
今は・・・朝届いてベランダで解体中の段ボールにろう城。

P6062285_convert_20100606120231.jpg
楽しそうだね♪

P6062278_convert_20100606115911.jpg
段ボール、しばらくはこのままかな。

穏やかな夜

昨夜のこと、甘えたい気分なのに、兄ちゃんにはまだ甘えられない・・・
以外と、神経質(繊細?)なペル嬢。←ちょっと前まで怒ってた手前。
P6052150_convert_20100605105602.jpg
そんな時には、母ちゃん!ってことなのでしょうか。

P6052152_convert_20100605105627.jpg
珍しく、私の膝の裏で寛いでいます。やはり、私は兄ちゃんの代わりらしい

P6052187_convert_20100605105737.jpg
プーちゃんは、キッチンで給水タイム。

ピリピリした昨日までで空気とは打って変わって、
穏やかないつもの夜が戻って来ました。

P6052164_convert_20100605105654.jpg
そしてギンガは・・・

ワンワ~~~ン!
(お腹空いた~~~)
P6052177_convert_20100605105717.jpg
完全復活? 動物の生命力ってすごいなぁ! 

食べられなかった2日間の食事の分まで、取り戻す勢いで食べてます(笑)
すっかりいつものギンちゃん♡ 良かった~~~♪

ギンガの長い二日間 二日目

昨日は朝イチで、ギンガを連れて病院へ。
アクシデントのあった一昨日よりは落ち着いている分、家を出るのが嫌だったようで、
まるでこの世の終わりのようにワォーン、ワォーンと絶叫するギンガ。

P6042120_convert_20100604102325.jpg
今朝のギンちゃん。
ご飯の催促で私を起こすことはなかったけれど、十分復活しているよう。


少しでも早くと思って診察の始まる15分前には着いたのですが、さすが人気の病院。
すでに10組が並んでいました。
じりじりとした思いで待つこと約2時間、やっと先生の元へ。
事情を話し診て頂くと、やはり先日の健康診断での血液検査の結果が良かったから、
そのまま午後の診察時間の前に、抜歯して下さることに。

診察時、極度のストレスでイライラしていたのでしょう、
痛い口元を触られたギンちゃん、先生に向かってシャーと威嚇の空気砲。
ビックリです! この12年間、一度も、ペルやプーコに何度威嚇されても、
やり返したことなどなかったのに。初めて見たよ。
もしかしたら、出来ないんじゃない? と思っていたほどなのに。
唸ったことも、シャーしたこともなかったので、ちょっと・・・ショック。
先生は慣れていて歯が痛いのは一番イライラするものだから、
と笑っては下さいましたが。

P6042118_convert_20100604102256.jpg
ペルはギンちゃんが気になり、そばに行き匂いを嗅ぐんですが、何が違うのかなぁ?
相変わらず唸り、シャーと空気砲。せっかく仲直りしてラブラブが戻ってたのに


キャリーバッグごとギンガを病院に預け、代官山の職場に向かいました。
午後2時過ぎ、病院の先生から一本の電話が。
ギンガがひどく興奮し、怒っていて、麻酔はおろか、鎮静剤すら打てないから、
落ち着かせる為にもう一度病院に来て欲しいとのこと。

そう言えば・・・思い出せば同じことが前にも一度。
去勢の手術の為に病院に預けた時も、予定より早く迎えに来て欲しいとの電話でした。
麻酔から覚めたギンガが怒り、暴れ、ケージに敷いてあるペットシーツを引き裂き、
安心するようにと与えたオモチャも壊して、手がつけられず。
薬も飲ませられないし、カラーも付けられないから、困っていると。
慌てて病院に着くと、先生に直接奥のケージから自分で出して下さいと、
鍵だけ開けてくれました。
私が声をかけると、安心したのでしょう、よろよろと私の胸によって来ると、
グルグルグル・・・とまるで仔猫のようなギンガ。
先生方は、さすが飼い主さんは違うのね。とビックリ。
この時、私と離れたのは初めてだったので、よっぽど怖かったのでしょうね。

P5081230_convert_20100604004417.jpg
ほらね、エリザベスカラーもこの通り。
ちっとも嫌がったりしないんですけどね、私には(笑)


今回も多分同じだろうと思い、病院に行き、先生に何をすればいいですか?
と伺うと、自分が近づくと怒って背中を見せないので、
取りあえずケージから診察台まで連れて来て欲しいと言われました。
奥の部屋、たくさんのケージが並び他の動物もいる中にギンガのキャリーが。
どうやら触れないので、キャリーのままケージに入れられたみたい。
「ギンちゃ~ん、どうしたの? 怖くないよ~」
声をかけながら近づくとギンガは少し落ち着いた様子で、
嫌がりもせずあっさり私の胸の中に。
結局、抱っこしたままの状態で背中に鎮静剤を打つことに成功。
鎮静剤が効くまではケージにとおっしゃるので、またギンガをケージまで運び、
任務完了。はぁ・・・そんなにお母ちゃんっコって知らなかったよ。

仕事を早めに切り上げ、夜7時、
無事手術の終わったギンガを迎えに行き、やっと家に帰りました。
ペルとプーコには相変わらずシャー、シャーと空気砲を打たれましたが、
少し元気を取り戻したギンガは、のんびりと横になり気にもしていない様子でした。
お腹も空いてたんだよね、少しづつですが何回にも分けて食べ、食欲も復活(笑)

長かったギンガの試練の二日間が終わり、ほっとしています。

P6042122_convert_20100604102347.jpg
今朝のプーコは落ち着き、もう大丈夫みたいです。ホッ

たぶん、GWにギンガがイライラしていたと言うEちゃんの話は、
この奥歯の痛みが原因だったのでしょう。あの時に気づいていれば良かったのに。
もの言わぬ動物でも、何かの信号は出しているんですよね。
寂しいのだと誤解していました。しかし、私の前ではイライラも見せずいいコ過ぎる!

幸いなことに、悪くなっていたのは右上奥歯一本のみで、
ほかの歯はこの年齢とは思えないほど、キレイだそうです。
歯石も、歯肉炎も抜いた奥歯の回りだけで、深刻な状況ではありませんでした。
痛みのあった所を私が不注意に触ったばっかりに、パニックになり、
自分で歯を抜こうと、前足で触り、血だらけになったらしいです。
ギンちゃん、辛い思いをさせて本当にごめんね。
これからは、もっともっと気をつけるから、
ギンガも痛いって、辛いって、イライラしてるって、隠さずに教えてね。
私にシャーしてもいいんだよ。一日でも長く一緒にいたいんだから!

今になってすごい筋肉痛。
キャリーを含めると約9キロ。火事場の馬鹿力? 以外と持てるものです(笑)

ギンガの長い二日間 一日目

今日ギンちゃんは病院に行っていました。奥歯を抜いて、歯石の除去もしてスッキリ。
ちょっと疲れた顔だけど、元気になってくれて良かったぁ
P6032111_convert_20100603211724.jpg

実は昨日の昼間、甘えてきたギンガを抱っこし、口の中のチェックをしていた時、
ほんの少し触れただけの奥歯をとても嫌がって、逃げてしまいました。
その後も鳴き叫びながら部屋中を駆け回るギンガ。
そして通った後には血の跡が。慌てて抱き上げると前足も口のまわりも血だらけ。
とっさのことに訳がわからず、とにかく病院に行かなきゃと電話をかけましたが、
診察時間は過ぎているとのアナウンス。
時計を見ると12時15分前。え、12時までのはずなのに!
病院までは徒歩10分の距離。急げば間に合うかもしれないと、
キャリーにギンガを入れると、部屋着のままウチを飛び出していました。

タクシーに乗るつもりで遠回りして大通りを歩いたのに、
そんな時に限ってタクシーは来ず。仕方なくギンガを抱えたまま
ようやく病院に着いたと思ったら扉は閉まっていて、まさかの定休日
鳴き叫ぶギンガの声に不安は募るばかり。
もう少し先にも病院があったはず・・・と思い出して、次の病院に。
やっとたどり着いたそこも休み。落ち着いて、落ち着いて。
自分に言い聞かせながら、携帯のメモリーで世田谷に住んでいた頃に
かかっていた病院を探して電話しましたが繋がらず! またも休み?
震える指先で今度は杉並に住んでいた時に通っていた荻窪の病院に。

やっと繋がった電話は、時間外だけど受け入れて下さるとこと、
運良くやって来たタクシーに乗って荻窪の病院へ。
車に弱いギンガはタクシーの中、気分が悪そうでハアハアと荒い呼吸でした。
ごめんね、ごめんね。もっと早く病院に連れて行っていれば、
苦しい思いをさせなくて済んだのに。本当に大失敗です。
歯石があり、そろそろ歯石除去に行こうと思いながら、
ギンガがいつも元気なので、つい先送りしてしまいました。

ぐったりしたまま病院に着き、すぐに診察して頂くと、
やはり原因は奥歯。グラグラだから、すぐに抜いた方がいいけれど、
その為には全身麻酔が必要で、またその麻酔の為には血液検査が必要とのこと。
そして検査の結果が出るのに数日かかるため、
今日の段階ではこれ以上触らないようにカラーをつけるくらいしかないとのお話。
いつもの病院なら先日の健康診断の際、血液検査をしていると告げると、
それなら1日待って、いつもの病院で相談した方がいいでしょうとのことでした。
せっかくここまで来たのに1日待つしか手がないとは・・・。
でも、命に関わる病気じゃないので安心して下さいと言われ、
やっと落ち着きました。どうやら、かなりパニクっていたみたいです。

P6032113_convert_20100603211756.jpg
昨日は食事も出来なかったのに、今夜は食欲も復活しだいぶ落ち着いたよう。

仕方なく気休めのカラーだけ買って、ギンガが酔わないように帰りは電車で。
ワォーンとあんまり鳴くものだから猫がいることがバレバレで
電車の中、少しでも中の猫を見ようと腰をかがめる人が多くてビックリ。
猫好きの人って多いんですね。何人かは直接声をかけて下さり、
大丈夫、後10年は生きるわよ、と慰めて下さった方や、
ギンガを運ぶのを手伝いましょうと、声をかけてくれた方までいて、
やさしさが胸に沁みました。

家に着くとギンガの様子がいつもと違うせいか、逆毛を立てて唸り威嚇するペル。
ひどい。大好きな兄ちゃんが分からないの?
プーちゃんにとってもやはり何か違うらしく、ギンガがそばを通るとシャーと一発。
血の匂いがいけないのかと、血だらけの前足や口元を洗ってみたけれど、関係なし。
歯が痛くて口が閉じられなかったらしく、半開きの口元に舌を出し、
よだれを垂らし、眠ることも出来ず、
うつろな表情のギンガはペルにまで嫌がられ、しょんぼりとベッドにいました。
あんまり切なくて写真も撮れず。ギンガに添い寝して謝りながら慰めるだけで、
何もしてあげられず・・・恐ろしく長い夜でした(涙)

これまで一度も病気にかかったこともなく、元気いっぱいだったけれど、
もういい歳なんですよね。もっと私が気をつけてあげなければ。

でも、本当に今夜は昨日とは別人のように復活! 良かった~~!!
今日はゆっくり休もうね。おやすみ、ギンちゃん。

運命のネコ?

98年6月28日(ウチに来て3日目)
ほ乳瓶で上手くミルクが飲めず、いつも顔がビショビショ・・・。

G980628_convert_20100531221159.jpg
ギンちゃんもハル同様、すぐに健康診断に連れて行きましたが、
余りにも小さくて、1kgを過ぎないと血液が抜けず、検査が出来ないとのこと。
尿検査や触診では健康そうだけれど、血液検査の結果が出るまではプーちゃんとは
出来るだけ隔離するようにとのお話しでした。
隔離。出来るかなぁ・・・ウチは1Kしかないんだけど
ミルクを飲む以外はほぼ寝ていたので、夜は取りあえずキャリーに入れてキッチンに。

P98062701_convert_20100601223024.jpg
プーちゃんはハルの時とは違い、猫がいる気配には気が付いていましたが
何故か落ち着いていて、これなら同居出来るかも?の予感♪

日が経つにつれ、次第に起きている時間も長くなり外に出たがるギンちゃん。
体重は順調に増えるものの、1kgなんてまだまだ。一体いつ?
でも、健康診断も出来てない乳飲み子の里親を探す訳にもいかないし・・・う~ん。

G98070402_convert_20100601215539.jpg
ウチに来てほぼ一週間・・・大丈夫、ギンちゃんはこんなに元気だし、
プーちゃんもワクチンは打ってる。
と運を天に任せ、結局ギンちゃんの隔離を止めて解放することに。

初めまして~~♡ トラブルなしのスムーズな出会いでした。
PG980702_convert_20100601215434.jpg
仔猫を見て母性本能が目覚めたのか、プーちゃんは優しく面倒をみてくれました。
ハルがいなくなって寂しかったのもあると思いますが、あっという間に仲良しに

そうか、私はこのコを待っていたのか。
ハチやハルとの別れはギンガを迎えるためだったんだ。これは運命?と妙に納得。
今度こそ自分で育てよう、ず~~~~と一緒に暮らそうと決心。
ギンガの加わった新しい生活が始まりました。

ニャンズ

P7093328_convert_20101106185233.jpg

Puko プーコ ♀
1996年9月10日生まれ(推定)
生後2ヶ月頃、傷だらけで知人宅の庭先に現れたため保護され、
その日のうちに何故か我が家に。
人見知りだったが、今では
抱っこ大好きの甘えん坊さん。


P8314735_convert_20101106185035.jpg

Ginga ギンガ ♂
1998年6月10日生まれ(推定)
2011年4月10日
(12歳10ヵ月)空に還る。
初めてミルクから育て
私の腕の中で旅立った
我が家の初代王子。


IMG_9603_convert_20101107003551.jpg

Perla ペルラ ♀
2008年7月16日生まれ(推定)
生後2週間程度で、
人も入れないビルの隙間で
鳴いている所を近所の方が発見。 たまたまそこに通りかかり、
一緒にレスキュー隊を呼んだ事が縁で我が家の一員に。
まだまだ遊び盛りの、
マイペースなお嬢猫。


PB109091_convert_20101113232634.jpg

Monaca モナカ ♀
2010年8月20日生まれ(推定)
生後2ヶ月くらいで
近所の駐車場にて発見し保護。
3ニャンと
仲良くなれそうなので、
そのまま我が家のコに。
野良ちゃんだったせいで、
未だに怖がりさん。
早く馴れてくれないかなぁ~。

Cumin クミン ♂
2013年3月26日生まれ
麻布十番の譲度会で出逢う。
埼玉のWell Cat Home
タンタンよりやって来た
ギンガ以来の我が家の王子。
ただいまスクスク成長中♪

プロフィール

cona

Author:cona
necomamma改めました。
よろしくおねがいします。

最新記事

Flashカレンダー

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Top