tanto tempo 4匹の猫との暮らし

Category : プーコの腎不全

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最期の時

 

プーコが旅立って1ヵ月が経ちました。

ずいぶん昔のことのような、つい昨日のことのような・・・
どうやら私は過去の記憶をまとめて同じ引き出しにしまっているようで
記憶も感覚も分からなくなって来たので
重たい話で申し訳ありませんが、
忘れないうちにプーコの最期の時を記そうと思います。


2015年9月24日12:45
IMG_2452_convert_20151025185050.jpg


随分弱って来たので、9月のこの大型連休中に逝ってしまうんじゃないかと
ヒヤヒヤしていましたが、乗り切ってくれたので
連休明け24日の朝、残り少なくなった点滴パックを買いに動物病院へ。
ただこの日は点滴用の置針がまだ数日大丈夫とのことだったので
プーコを残して一人で行きました。

前日の23日の朝から急にプーコは食欲を失い
鯛を焼いても、大好きなマグロや甘エビのお刺身にも
堅く口を閉ざして、全く食べなくなっていました。

意識も朦朧としているようなので
先生に「もう連れて来ることは出来ないと思います」と
お世話になったお礼を告げ、涙をこらえて病院を後にしました。


9月24日16:38
IMG_2454_convert_20151025192234.jpg


この日、急ぎの仕事があったので出社したものの
プーコが気になったので、仕事の合間に帰って来ました。
私が居ない間にオシッコしても出来るだけ濡れないように
ベッドの縁を潰して、ベッドも広く改良。
帰った時にはまだしていなかったのに
しばらくしたらタイミングよくオシッコしてくれたので
シートを替え、お尻もキレイに拭いてまた仕事に戻りました。

不思議なことにギンガの時も今回のプーコも
いつも私の仕事のスケジュールを知っているようなタイミングだったので
この日も次のオシッコまでには帰って来られたんですよ。


9月24日22:34
IMG_2457_convert_20151025184517.jpg


何も食べないと体力がなくなるので
夜、シリンジに栄養価の高い流動食を入れて口元に持って行きましたが
プーコはすでに旅立ちの準備を始めていたのでしょうね。
もう好きなモノを十分食べて気が済んでいたのかな
食べないと決めていたらしく、一切口を開けようとはしませんでした。

強引にこじ開け、
ほんの少し流し込んだ液体さえむせるように苦しがったので諦めました。
その後呼吸が速くなったので、青ざめたけれど
しばらくして落ち着いてくれました。

抱っこ大好きなプーコは
抱っこするといつも私の顔を見上げてくれました。
この頃から徐々に苦しそうな深い呼吸をするようになって
見ているのは切なかったけれど、残された時間がもうないから
普段あまり撮ってなかったプーコの動画も残しました。


9月24日23:35
P9246429_convert_20151025184242.jpg


ソファーでは腕枕をしてあげられないし
狭いと点滴の管を挟んでしまいそうなので、この夜はリビングにお布団を敷くことに。
モナはもういなかったけれど
ペルとクミンもやって来たから、カメラを構えたら
写真立てのギンガも上手くフレームに収まって良い記念撮影が出来ました。


9月25日00:00
IMG_2466_convert_20151019103202.jpg



目覚めた時にはもう逝っているんじゃないかと思うと
眠ってしまうのが怖かったけれど
可愛いプーコを撫でながら眠り・・・
朝、私が目覚めた時にはプーコはすでに起きていたけれど
眠れなかったのか憔悴し切って、
呼吸はさらにゆっくりと深いものになり辛そうでした。

もう本当に別れの時が近づいている・・・
けれど、それが5分後なのか1時間後なのか、
それともこのまま半日生きてくれるのか・・・?

プーコをいつもの定位置のソファーに移動して
抱っこしたり、横になった方がラクかなと、下ろしてみたり・・・
仕事を休んで、目を離さないつもりでずっと側にいたのに
その時は、ほんの少しプーコから離れた隙にやって来ました。

11時過ぎに静かに寝ているプーコに「トイレに行って来るね」と席を立って
トイレに入った直後、ガサッとビニールのすれるような音。
慌てて引き返すと、痙攣を起こしたようでプーコの脚が震えていました。
急いで抱き上げギュッと抱きしめるとおさまったので
プーコを下ろして「すぐ戻ってくるね、ちょっと待ってて」とトイレに行き
戻って来るとプーコもシートにオシッコを。
キレイにしてあげようと抱き上げると今度は首がうなだれたまま。
「プーコ? 逝ったの? お前は逝ったのか?」
驚いてプーコの顔をあげると、その瞳はもう光を失っていました。


9月26日01:13
IMG_2493_convert_20151025184339.jpg


あんなに頑張っていたのに、あっさり逝ってしまったのは
本当に最後の最期まで力を使い尽くしたからなんでしょうね。
きっとプーコは私が目を離す時を待っていたんだと思います。
最初に抱き上げた時に痙攣のショックで本当はすでに逝っていたのか
それとも私がトイレに入っている間だったのか?
どのタイミングで逝ったのか分からなかったけれど
それだけ静かな旅立ちだから、大きな苦しみはなかったよね?

プーコの名前を呼んでひとしきり泣いた後
最後に好きだったブラッシングをしてあげようと抱き上げると
「フゥ〜」とため息のような声が聞こえました。
驚いてプーコを見ると、わずかに開いた口からもう一度「フゥ〜」と鳴き声が。
ただ身体に残っていた空気が吐き出されただけだと思いますが
まるでプーコがお別れに
「ありがとう」と言ってくれたような気がしてまた泣けました。

夕方社長のAさんが駆けつけてくれ、一緒に泣き
夜は可愛いプーコを抱きしめて一緒に眠りました。
冷たくなっていたけれど、硬直していた身体も再び柔らかさを取り戻し
お似合いの白いリボンを巻いた姿は安らかな表情で
まるで眠っているようでした。

プーちゃん、本当によく頑張ったね。
とってもえらかったよ。ありがとうね。
ゆっくり向こうで休んだら、また母ちゃんのところに戻って来てね。
ずっと、ずっと待ってるよ。




モナの件ではまた新たなご心配をおかけして申し訳ありません。
怖がりなモナのこと、きっと上手に隠れているんだと思いますので
諦めずに探したいと思っています。
温かい励ましのお言葉、本当に感謝しています。ありがとうございました。


スポンサーサイト

祈り

 
プーコへの励ましとお祝いのコメント
ありがとうございました。
コメントの返信が遅れて申し訳ありませんが、
取り込み中のため、もう少し待ってて下さいね。


9月14日
IMG_2286_convert_20150921212043.jpg


誕生日の翌日、
11日の金曜日に1週間ぶりの血液検査に行ったところ
3キロからまたもや体重が増えて、3.3キロ!
この体調で1週間に300gも増えるなんて、プーちゃん恐るべし。
お祝いに用意した甘エビや、カツオのタタキを
ウァンウァンとそれは美味しそうに、たくさん食べたものね。
おかげでBUNは200.4、クレアチニンは8.7と
驚くほど増えてしまいました。


9月16日
IMG_2300_convert_20150921210609.jpg


数値が下げ止まっていたので、
静脈点滴から皮下輸液に戻っていたけれど
これ以上の上昇を防ぐためには、やはり静脈点滴が必要とのことで
翌、12日の日曜日の朝から病院に預かってもらい、
夜に迎えに行く通院生活がまたスタート。

3日目の14日の血液検査ではBUNが175.9、クレアチニンが8.1と少し下がり
まだなんとか腎臓は機能しているとのこと。
16日まで通院したところで、17日の木曜日は病院がお休みだったので
久しぶりに自宅で皮下輸液を。
ところがここに来てプーコの身体に変化が・・・。
脚は腫れ、お腹も水分で膨らみパンパンに。


9月18日
IMG_2355_convert_20150921210642.jpg


翌日病院に行くと、
摂取した水分を身体がさばき切れなくなっているとのことで
身体が水分を吸収するまで、一旦静脈点滴は見送ることになりました。
2日後の20日、腫れは少し治まったものの血液検査の結果は予想を上回る数値。
BUNは271.1、クレアチニンは11.3まで上がっていました。


そして、先週くらいから数値だけでなく
目に見えるところでもプーコの身体に変化が。
急激に筋力がなくなって
歩こうとすると、まるで氷の上を歩くように脚が滑るように。
一枚目の14日に撮った立ち姿が
写真に残った最後の立ち姿になりそうです。


9月19日
P9196391_convert_20150921210313.jpg


残された時間がもうあまりなさそうなので
最近は出来るだけ仕事も早く切り上げさせてもらい、家にこもっています。
寝る時もソファで、久しぶりに腕枕をして頬を寄せて抱っこしたまま。
こうしていれば、もし寝ていても痙攣が起こったプーコを
すぐに抱きしめてあげられるから。

クミンも甘えたくて大好きなプーコにピッタリ♡
くっつくのは良いけど、プーコに乗らないでね、と
プーコの負担にならないように
クミンの身体の位置を調整したところで記念撮影をしてみました♪


9月20日
IMG_2399_convert_20150921210708.jpg


20日の通院時、検査結果が余りにも悪かったので
点滴のための入院を勧められましたが
限られた時間をプーコと過ごしたくて、
やはりこれまで通りの通院スタイルを選びましたが
翌21日は祝日でお休みとのこと。
そこで、点滴用の機材を貸してくださることになり、
20日の夜からは自宅での静脈点滴に切り替えました。

これまでなんとか自力で身体を起こし、
這うようにトイレを目指していたプーちゃん。
そんなプーコのために、私の目が届かない時には
縁の浅いトイレを置いたすぐ隣りにプーコを寝かせていましたが
ほんの3歩で届く距離に辿り着かず、
トイレの縁に前脚をかけたところで、
オシッコするようになったと思っていたら・・・
昨日の明け方、ついに起き上がれなかったらしく
気が付いた時にはオシッコの上でびしょ濡れにさせてしまってました。
ごめんね、プーちゃん。


9月21日
P9216408_convert_20150921210509.jpg


自宅点滴初日はクミンがチューブなどを噛んでしまうと危険なので
隔離していましたが、クミンも思ったほど興味を示さなかったから
2日目からは、目の届く間はプーコをリビングに連れて来ました。

オシッコしたい時は、立ち上がろうと脚が動くので
抱き上げてトイレに連れて行きます。
オシッコが済んだら、数時間は良いコで寝てくれるので
時間を見て身体の向きを変えたり、水を飲ませたり。


IMG_2400_convert_20150921210540.jpg


今や完全に寝たきりになってしまいましたが
不思議なことに食欲はほとんど衰えることなく、
抱っこして器を口元に持っていくと、勢いよく食べてくれます。

本当は療養食を食べさせるべきだけれど
美味しくないらしくちっとも食べてくれないので
たくさん食べられる、プーコの好きなモノをあげるようにしています。

美味しければ美味しいほど食べてくれるので
最近のプーコの食事はすっかり贅沢三昧。
昨夜はお鮨を買って来て、マグロやカニを一緒に楽しみました。
美味しかったよねぇ、プーちゃん。


9月22日
IMG_2426_convert_20150922165522.jpg


昨日の昼すぎには、オシッコの合図になっていた
脚を動かすと言う動作もとうとう出来なくなり
気が付かないうちにオシッコをするようになったので
Chaさんがたくさんのお花をもらって帰って来た時に使った
丈夫なビニール袋でベッドを作りました。

オムツも考えたけれどストレスになりそうなので
吸収力の高いペットシーツでクッションをくるんでみたら
シッポを少し濡らすくらいで上手にオシッコ出来ています。
掃除も簡単だし、ベッドごとソファに置けてとっても便利♪
おかげでいつも通りプーコと並んで座れています。


P9226418_convert_20150922165343.jpg 


自宅での静脈点滴はプーコへのストレスも少なく
セットした機材が一定量をコントロールしてくれるので
慣れてしまえばラクそうですが、
輸液の交換や、また身体が腫れないよう排泄を促すための
12時間ごとの利尿剤の投与など
素人にとっては手の震えるような作業もあってドキドキです。

昨夜も利尿剤の投与時にチューブに空気が入ってしまい
それを抜くためにチューブのジョイント部分を外したりと
もたもたしている間にエラーブザー!
点滅するランプでエラーは閉塞(血が凝固していること)は分かっているし
その場合の対処法の溶解剤もシリンジに入れてもらっていたので
投与したものの(力加減が出来ず、勢い余って倍量入れてしまった・・・)
エラーは改善せず、先生や看護師の友人に電話しながらトライしましたが
時間がかかり過ぎたようでエラーのまま。
結局怖くなって点滴を中断してしまいました。

朝一で診察を受けると、やはり血管の入り口で血が固まっていて
そこからはもう点滴が出来ないそうなので
反対の前脚の血管を確保することになりましたが
珍しくプーコが嫌がって、大きな声で鳴き激しく抵抗。
そんなプーコを見たことがなかったので、
もう治療は止めようかと思ったところ、診察台が見る見る濡れオシッコ!!
どうやらタイミングが悪かっただけのようで
オシッコの後はいつものようにとっても良いコだったので
治療を続けることにして帰って来ました。

その後、順調に点滴は出来ています。
でも、昨日の夜から3回続けて血尿が出ています。
顔つきはまだとてもしっかりしていて、
待合室でも19歳のおばあちゃんには見えないと褒めて頂いてますが
身体はもう限界に近づいているようです。

一日でも長く生きて欲しい。
いつまでも一緒にいたい。
抱っこして、たくさんたくさん撫でてあげたい。
でも、それよりも強く今願うのは
痛みなく、穏やかに逝かせてあげたい。

幸いにも先日の痙攣を最後に2週間以上痙攣は起こしていません。
身体が尿毒に慣れて来ているようです。
このまま最期の時まであまり苦しまず
静かに穏やかに過ごせますように。




ただいま♪

 
ご心配をおかけしているプーコですが
3泊の入院生活を終え、
今日の夕方、無事退院いたしました〜〜♪


IMG_2132_convert_20150829220740.jpg


本当はもう少し数値が下がってから、と言うお話でしたが
病院だと緊張してしまって、なかなか横にならないようなので
今朝病院に行った時に、通院に切り替えられないかと相談したところ
夕方の点滴後の数値を見て決めましょうと言われていました。


P8296353_convert_20150829211842.jpg


水曜日の朝の入院時、150を超えていたBUNが118.7。
出来れば100を切りたかったのだけれど
全く下がらない可能性もあったそうなので
少しずつでも下がっていると言うことは
まだ腎臓が機能していると言うこと。
その後痙攣も起こしていないそうなので、
今夜のうちに急変することはないだろうと、退院の許可が出ました♪

腕に巻かれているピンクのテープは明日からの点滴に備えて
静脈の針をキープしているらしい。


P8296354_convert_20150829211727.jpg


と言うことで明日からしばらくは
朝いちでプーコを預け、夕方迎えに行くことになりました。

病院での表情と比べると、やはりリラックスした柔らかい表情。
プーコが帰ってまずしたこと。
ご飯置き場にまっしぐら(笑)
療養食じゃなく、美味しいご飯が食べたかったんだよね。


P8296346_convert_20150829212112.jpg


その後、久しぶりの家の匂いを確かめるかのように
何度も何度もねり歩き、
足元がふらつき始めたので抱っこしてあげたら
やっと安心したようで落ち着きました。

時々、思い出したように「ウワァ〜〜ン!」と甲高い声で私を見て鳴くのが
先日の痙攣時に、何度も鳴いて痛みを訴えていたのと重なって
怖くなるけれど、水が欲しかったり抱っこして欲しかったりと、
注目して欲しいだけのようなのでホッとしています。

まだまだ安心は出来ませんが
プーコと一緒にいられる時間を大切に
これまで以上に、プーコの様子に気を配って頑張りたいと思います。




プーコの長い、長い夜

 
モナへのお祝いコメントありがとうございました。
みなさんへの返信がまだですが、プーコが入院し
ちょっと取り込んでしまったのでもう少しお待ち下さい。


昨日の夜のこと、9時過ぎに家に帰ると
いつもはカゴベッドで寝ているプーコが
お腹が空いていたのでしょう、
待ちくたびれてキッチンのご飯置き場の前で横になっていました。
好きなウェットフードをあげると、誰よりもたくさん食べ
今や日課となった輸液も協力的でとっても良いコ。
ご褒美のオヤツはいつもの半分しか食べられなかったけれど
満足したようで、ソファーに座ってTVを見る私の横で
スヤスヤと気持ち良さそうに眠っていました。


P8156301_convert_20150826172804.jpg


12時半を過ぎた頃、突然目の端にジタバタと動く姿が写ったので
ハッと向き直ると、どこにこんな力が残っていたのか
驚くほどの力強さで空を蹴り、シッポを膨らませ、唸り
何かに取り憑かれたかのような激しい痙攣が始まりました。

腎不全の末期は、腎臓で処理出来なかった毒が身体にまわり
尿毒症になり、痙攣も起こると聞いていたから
予期出来たことだったけれど
数値こそ悪いものの、プーコは食欲もあったので
まだ先のことだとばかり思っていました。


P8166308_convert_20150826172833.jpg


動かしていいものかも分からなかったので、
腎不全の猫を看取ったことのある姉や友人に話を聞いて
とりあえず朝まで見守ることに。
ただ事でない様子に、ペルもモナカもクミンも
心配そうに集まって覗いてました。

病院に行った時に治療の参考になるかも知れないので
痙攣中のビデオと、痙攣の起こった時間を記録すると
ほぼ40分おきに痙攣が起こっていました。
失禁に荒い呼吸。
正視できないほどの激しさだった痙攣もしだいにおさまり
祈るような気持ちで過ごした、長い夜が明け
8月と言うのが信じられないほどの冷たい雨が降る中、
朝いちで病院に連れて行きました。


本当は、昨日の夜中、もうダメかと。
プーコはこんなにも急に旅立ってしまうのかと
いっその事、ラクにしてあげたいとも思ったけれど・・・

プーコは一命をとりとめました。
まだ安心は出来ないけれど
お昼と夕方に面会に行くと、よろけて立てなかったプーコが
点滴の効果が出たようで、しっかりと立っていました。
家だとワガママになって全く食べなかった療養食も
お腹が空いていたらしく、お代わりまでしたらしい。
何が起こったか分からず、おびえたようだった瞳も輝きを増し
再び生きるエネルギーが湧いているようでした。

プーコはしばらく入院することになりましたが
毎日会いに行けるし、きっと落ち着いて帰って来ると思います。
そしたら、プーコの元気な姿をアップします。
元気なプーコの姿を見に来てやってくださいね。


一喜一憂



P8156303_convert_20150815153232.jpg


今日も先ほど、ウワーン、ウワーンと鳴くプーコを連れて
一ヶ月の定期検診に行って来ました。
たくさん鳴いて疲れちゃったかな、
帰ってからはずっと寝ています。


P8156305_convert_20150815152855.jpg


このひと月は、とにかくもう一度3キロを越えることを目標に
プーコが目を覚ましてさえいれば、
何度もご飯を口元までせっせと運んでいたから

先月より100g増え、3.04キロと3キロをまた上回りました〜♪


P8156294_convert_20150815153348.jpg


体重を量って、身体をチェックし採血したら
結果が出るまでの間、プーコを待たせるのはストレスになるので
いつも一足先に連れて帰ります。
その後もう一度病院に戻ると、モナに良く似た茶トラの猫を連れた女性が。
話しかけると、最初の飼い主の方がお亡くなりになって
里子に出されていたのを引き取ったのが1週間前とのこと。
5〜7歳くらいで、歯石が気になったので来院したら
プーコと同じく腎臓が弱っているとのことでした。
引き取ったばかりのコだったとしても、実家にも猫がいて
成猫を受け入れた彼女は、きっと最期まで責任を持ってくれるでしょう。
頑張ってね、茶トラちゃん。


P8156306_convert_20150815175714.jpg
2週間分の輸液セット。これだけの量がプーコの身体に吸収されます。


そしてプーコの検査結果・・・数値は全て悪化(涙)。
たくさん食べた分、腎臓に負担がかかったのでしょう。
またしても輸液の量が増えて、60ml×4/週5回に。
次回の検査は2週間後になりました。


IMG_2004_convert_20150815154202.jpg


残念な結果ではあるけれど、体重が増えたのは喜ぶべきこと。
先日も好きなウエットフードを出したとたん、
ペル以外の食いしん坊の3ニャンが集まって来ました。
食欲はまだみんなと同じくらいあるんですよ。

痩せると体力が落ちるので、食べない療養食よりも
たくさん食べられる好きなモノをあげて良いと言われたので
プーちゃん、これからも頑張って食べようね。



ニャンズ

P7093328_convert_20101106185233.jpg

Puko プーコ ♀
1996年9月10日生まれ(推定)
生後2ヶ月頃、傷だらけで知人宅の庭先に現れたため保護され、
その日のうちに何故か我が家に。
人見知りだったが、今では
抱っこ大好きの甘えん坊さん。


P8314735_convert_20101106185035.jpg

Ginga ギンガ ♂
1998年6月10日生まれ(推定)
2011年4月10日
(12歳10ヵ月)空に還る。
初めてミルクから育て
私の腕の中で旅立った
我が家の初代王子。


IMG_9603_convert_20101107003551.jpg

Perla ペルラ ♀
2008年7月16日生まれ(推定)
生後2週間程度で、
人も入れないビルの隙間で
鳴いている所を近所の方が発見。 たまたまそこに通りかかり、
一緒にレスキュー隊を呼んだ事が縁で我が家の一員に。
まだまだ遊び盛りの、
マイペースなお嬢猫。


PB109091_convert_20101113232634.jpg

Monaca モナカ ♀
2010年8月20日生まれ(推定)
生後2ヶ月くらいで
近所の駐車場にて発見し保護。
3ニャンと
仲良くなれそうなので、
そのまま我が家のコに。
野良ちゃんだったせいで、
未だに怖がりさん。
早く馴れてくれないかなぁ~。

Cumin クミン ♂
2013年3月26日生まれ
麻布十番の譲度会で出逢う。
埼玉のWell Cat Home
タンタンよりやって来た
ギンガ以来の我が家の王子。
ただいまスクスク成長中♪

プロフィール

cona

Author:cona
necomamma改めました。
よろしくおねがいします。

最新記事

Flashカレンダー

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。