tanto tempo 4匹の猫との暮らし

Category : ハチと仲間たち

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レクイエム

お久しぶりです。
このところ忙しくて、すっかり更新が滞ってしまいました。
久しぶりなので何か楽しい話題をと思っていたのですが・・・
ごめんなさい。
今日も残念ながらちょっとブルーな話題です。



1997年5月 東京世田谷 生後約1ヵ月
写真_convert_20130502021352


昨日の昼間、母から電話があり
姉が可愛がっていたハチが他界したとの知らせがありました。
ハチはもともと私がプーコの遊び相手にと
近所のペットショップの貼り紙を見てもらって来た猫。
訳あって手放してしまったけれど、
実家に帰るたびに会えるのをとても楽しみにしていたのに・・・。

上の写真はハチの生まれた佳乃子さんのお宅での家族写真。
一番後ろがハチのママ。真ん中のハチ割れがハッちゃん♪
初めて猫の出産に立ち会ったという彼女の家には
生後まもないハチファミリーの貴重な記録がたくさん残っていました。


1997年7?月 東京杉並 生後約3ヵ月
IMG_7967_convert_20130502015422.jpg


ハチの具合が悪いと姉から聞いたのは3月の末のこと。
急にご飯を食べなくなり、病院に連れて行くと腎不全になっていて、
すでに毎日のように点滴が必要な深刻な状況でした。

その翌月の4月3日はハチの16歳の誕生日。
去年逝った父の誕生日でもあったので電話すると
ハチは痩せて骨張った身体で頑張っていると
外出中だった姉に代わって母が教えてくれました。


1997年8月? 東京杉並 大好きな隠れ家の押し入れ天袋
写真01_convert_20130502021420


ハチの状態がいよいよ危ないと分かると
看病で忙しいのを邪魔するような気がしたのと
訃報を聞くのが怖くて家に電話がかけられませんでした。
知らなければずっとハチは生きているように思えたから。

けれど実際にはハチは4月14日の昼間
姉が大切な用事で母に託して家を空けたほんの2時間の間に
ずっとハチを気遣って傍にいた母がその場を離れたたった数分の間に
静かに静かに、ひっそりと旅立っていたそうです。


1998年? 高知 1歳くらい
IMG_7971_convert_20130502015503.jpg


もしかしたら、ハチは一人になる時を待っていたのでしょうか。
大好きな人と一緒にいると、別れが辛いことを知っていたから。
本当は死に目を見せないよう何処かに行ってしまいたかったのかも。
でも、この頃になるとハチはもう歩くことさえ出来なかったそうです。


2011年6月3日
P6037627_convert_20130502015539.jpg


でもハッちゃん、良い猫生だったよね?
お姉ちゃんのこと、だ〜〜〜〜〜い好きだったもんね。
いつもぴったり寄り添ってたものね。
家にいた時には抱っこもさせてくれなかったから
抱っこ嫌いなのかと思っていたのに、
実はプーコに遠慮してたのか、実家で一人っ子になってからは
ベタベタの甘えっ子で、夏でも顔をすり寄せて一緒に寝ていたんだよね(笑)


2012年9月28日
P9282231_convert_20130502015619.jpg 


ハチに最後に会ったのは、去年の11月、父の50日祭で高知に帰った時。
その時はあまり顔を見せてくれなかったので写真は撮れなかったのですが
同じく父の葬儀に帰った9月に撮った数枚の写真が残っていました。
足腰が少し弱っていたようでずいぶん歳を取ったなとは思ったけれど
持病もないと言っていたので、
もうちょっと長生きしてくれると思ってたんだけどね。
父が淋しかったのかな。
呼ばれちゃったのかな。

それにしても・・・
ハチの誕生日は父と同じ4月3日。
そして旅立った4月14日は兄の誕生日でした。
遠く離れたところで生まれていたのに、
我が家とは強い縁があったのでしょうね。
次に生まれ変わっても、
その強い絆を手繰って、もう一度戻って来るんだよ。

それまでは安らかに。
ハッちゃん、ゆっくりおやすみね。

スポンサーサイト

今も大好きな、ナナ

私が子供の頃から実家にはいつも犬がいました。
ミクが来る前には、13歳まで生きた雑種のメスのナナちゃんが。
ナナの前にいた四国犬のリュウが交通事故で亡くなった後、
GWの頃に高知市で行われた里親会に家族が参加、母が気に入り頂いて来たとの事。
プーコと同じ1996年の3月18日生まれでした。

2005年12月2日 9歳
nana_3069_convert_20100623012637.jpg

実家には年に1、2回しか帰らないので、
初めて会った時にはもうすっかり大きくなっていて、既に20キロ超え。
そこまで大きな犬と触れ合うのは初めてだったので、
本当はちょっと怖かったけれど、ナナちゃん、と声をかけて手を差し出すと、
いきなり手首をガブリ。思わず引っ込めたくなった手を、グッと我慢。
ナナを信じてそのままにしておくと、
まるで握手のようにそっと挟み込んだだけで、離してくれました。

2007年9月15日 11歳 
散歩に行く前は、この笑顔♪
IMG_2040_convert_20100623012722.jpg

以来私が帰ると、シッポどころかおしりを大きく降って熱烈歓迎♡
いつもとびっきりの笑顔で迎えてくれました。
眠れない夜は、ナナとガールズトーク。色んな話しをしたね。

年に数回しか会わなかったのに、家族は同じような匂いがするのでしょうか、
父曰く、人が来るといつも必ず吠えるのに、私と兄にだけは吠えなかったそう。

2007年9月15日 11歳 
ナナに導かれるまま裏山へ登ったと思ったら、疲れたらしく15分で終了。
まるで違う犬のような変わりっぷり。
元気に見えても、もう、
おばあちゃんだったんだね。
IMG_2043_convert_20100623012751.jpg

ナナの食欲が落ちて弱って来ていると聞いたのは去年のGWの後。
その時はまさか、すぐに命にかかわる程だとは思っていませんでした。
ちょうど7月の頭に帰るようにしていたので、ナナの最期に間に合うと思っていたのに。
去年の6月12日、金曜日の夜7時過ぎ、家族に見守られながら旅立ったそうです。
かなりの高齢だったので、大がかりな検査が出来る程の体力が残っておらず、
ハッキリした原因は、分からなかったそうですが、
老衰とも言える程の長生きだったよう・・・よく頑張ったね、ナナちゃん。
そして、弱ったナナを励ましながらずっと看病してくれた、
お姉ちゃん、お父さん、お母さん、本当にありがとうございました。

2008年7月6日 12歳 最後に会ったとき。裏山に一緒にお散歩に行きました。
IMG_3209_convert_20100623012836.jpg

離れて暮らしているせいか、今もまだ実家に帰ると会える様な気がして、
ナナがこの世にいないことを、すぐ忘れてしまいます。
先日の一周忌も、気が付いたらすっかり過ぎていました。
あれからもう、一年経ったんだね。最期に間に合わなくてごめんね。
でも、最近になって思うのはナナが私を待っていてくれなかったのは、
痩せて衰えた姿を見せたくなかったんじゃないかと、そんな気がしています。
ナナの配慮のおかげで私の記憶にあるのはいつも笑っていた元気いっぱいのナナ。
ナナちゃん、ありがとう。
本当にいつも笑顔だったもんね。みんなに愛されてきっと幸せだったね。

いつか、またお空で会おうね。待っててね。
待ち切れなかったら、もう一度、生まれ変わって戻って来るんだよ。
本当に、本当に、大好きだったよ~~~。

犬と猫と庭先の花

先日の連休での高知に帰るお楽しみの一つは、
実家にいるニャンコとワンコ♡

P4300773_convert_20100527114050.jpg
元気いっぱいのミクちゃんは、名前を呼ぶと顔まで駆け上がってくるので、
お寝むになったところで、やっとシャッターが切れました。

P4300827_convert_20100527114117.jpg
ペルよりお姉ちゃんなのに、顔が丸いせいかまだ仔猫の様な愛らしいクゥちゃんは、
サイズも3キロ未満の小さなニャンコ。

P5010925_convert_20100527114247.jpg
ハチも元気で嬉しいな~

P5010929_convert_20100527114312.jpg
半年前に会った時とは別猫?の様に毛がスッキリ夏仕様に。
ウチの3ニャンはあまり変わらないから、その違いにちょっとビックリ。

P5010948_convert_20100527114418.jpg
今回は、兄一家も熊本より里帰り。去年の年末、姪っ子への誕生日プレゼントで、
家族の仲間入りしたと言う、アメリカンショートヘアのバニラ♂
初めての場所にテーブルの下などに隠れていましたが、
しばらくするとすっかり落ち着きを取り戻し、かわいい顔を見せてくれました

P5020958_convert_20100527114502.jpg
翌朝は、リードを付けて興味深そうに、時間をかけて庭をお散歩。

P5020953_convert_20100527114442.jpg
玄関先のバラも

P5020959_convert_20100527114528.jpg
オオデマリもキレイに咲いて、
田舎にいるときは当たり前だったけど、庭があるっていいなぁ~♡

ハチの仲間たち

昨日、ハチを紹介したので今日は高知で
ハチと一緒に暮らしているハチの仲間を紹介します。

IMG_3178_convert_20100405100949.jpg

アメリカンショートヘアーのクゥちゃん♀。2008年の6月に家族になりました。

IMG_7090_convert_20100405101038.jpg

クゥちゃんはペルラより3ヵ月くらいおねーさんですが、
ペルより童顔でしかも小さいので、どうしても子猫に見えてしまいます。
遊び好きのアメショーらしく、元気いっぱい♡

IMG_7095_convert_20100405101118.jpg

去年の秋にやって来た、ヨークシャテリアのミクちゃん♀。

IMG_7083_convert_20100405101018.jpg

これは去年の冬に帰った時の写真なので、もうだいぶ大きくなったかな?
とっても小さくて、プルプル震えるように走り回っていました。
名前を呼ぶとうれしそうにちゃんと走って来るところが、
猫はしない事なので、新鮮で可愛かったなぁ~

ニャンズ

P7093328_convert_20101106185233.jpg

Puko プーコ ♀
1996年9月10日生まれ(推定)
生後2ヶ月頃、傷だらけで知人宅の庭先に現れたため保護され、
その日のうちに何故か我が家に。
人見知りだったが、今では
抱っこ大好きの甘えん坊さん。


P8314735_convert_20101106185035.jpg

Ginga ギンガ ♂
1998年6月10日生まれ(推定)
2011年4月10日
(12歳10ヵ月)空に還る。
初めてミルクから育て
私の腕の中で旅立った
我が家の初代王子。


IMG_9603_convert_20101107003551.jpg

Perla ペルラ ♀
2008年7月16日生まれ(推定)
生後2週間程度で、
人も入れないビルの隙間で
鳴いている所を近所の方が発見。 たまたまそこに通りかかり、
一緒にレスキュー隊を呼んだ事が縁で我が家の一員に。
まだまだ遊び盛りの、
マイペースなお嬢猫。


PB109091_convert_20101113232634.jpg

Monaca モナカ ♀
2010年8月20日生まれ(推定)
生後2ヶ月くらいで
近所の駐車場にて発見し保護。
3ニャンと
仲良くなれそうなので、
そのまま我が家のコに。
野良ちゃんだったせいで、
未だに怖がりさん。
早く馴れてくれないかなぁ~。

Cumin クミン ♂
2013年3月26日生まれ
麻布十番の譲度会で出逢う。
埼玉のWell Cat Home
タンタンよりやって来た
ギンガ以来の我が家の王子。
ただいまスクスク成長中♪

プロフィール

cona

Author:cona
necomamma改めました。
よろしくおねがいします。

最新記事

Flashカレンダー

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。